『ヒアロディープパッチ』は、刺すヒアルロン酸(*1)!と話題のマイクロニードルパッチ。世界一の売上実績(*2)を誇る大人気商品ですが、その人気のヒミツは何なのでしょうか?

貼って寝るだけで潤いを角質層に直接届ける『ヒアロディープパッチ』について、開発担当者の佐伯さんにインタビューさせていただきました!

開発への想いや使い方・愛されているヒミツについてもお聞きできたので、目元口元の年齢サインが気になってきた方は、ぜひチェックしてみてください。

(*1)保湿成分として

(*2) TFCO株式会社のグローバル調査。「美容用マイクロニードルスキンパッチにおける最大のブランド(ディープパッチシリーズ)」2020年3月~2021年2月の年間売上$43,127,256

▼フルインタビューはこちら

貼って寝るだけの『ヒアロディープパッチ』が大人気のヒミツとは?開発担当者にインタビューしました!

貼って寝るだけの『ヒアロディープパッチ』が大人気のヒミツとは?開発担当者にインタビューしました!

Q 成分に関しては何かこだわった点はありますか?

やはりヒアルロン酸(*1)メインで作られていますが、乾燥小じわ*に対して働かせるという点では、ヒアルロン酸(*1)だけではなく他に「EGF(*2)」や「FGF(*3)」など、他の美容成分も合わせて配合しています!

即座にヒアルロン酸(*1)が膨れ上がるという効果と合わせて継続的に使ってもらうことで、悩みにアプローチするような設計がされています。

(*1)保湿成分として

(*2)ヒト遺伝子組換オリゴペプチド-1(整肌成分として)

(*3)ヒト遺伝子組換ポリペプチド-11(整肌成分として)

*乾燥による小じわを目立たなくする。効能評価試験済み。

Q 『ヒアロディープパッチ』はどういう人におすすめでしょうか?

男女問わず、目元、口元の年齢サインに悩みを抱えている人に使っていただきたいです!

Q 使い方のポイントや、効果をあげるためのおすすめな使い方などはありますか?

水分をしっかりと入れる事がとても大事です…!

ヒアルロン酸(*)が角質層内部で溶けて効果を出すためには、まず溶けるための水分が必要ですので、水分を入れるという事が大事になってくるのです。

そのため、ヒアロディープパッチ』を貼る前のスキンケアを怠らないことが重要になります。

しっかり水分を入れ込んでもらうのは大事ですが『ヒアロディープパッチ』を貼る際には表面には水分が残っていない状態にしてから刺すことも大事です。

表面に水分が残った状態だと貼り付きが弱くなってしまって、剥がれやすくなってしまうので、肌にはしっかり水分を入れながら、表面の水分はよく馴染ませてから貼るのがコツですね。

(*)保湿成分として

Q エイジングに悩む人にメッセージをお願いします!

『ヒアロディープパッチ』は「貼るだけなのに満足できる」ということをお伝えしたいです!

年齢に応じたケアは手間やお金がかかると思いますが、『ヒアロディープパッチ』は貼って寝るだけなので、取り入れやすいかなと思います。

ケアというのは習慣化すれば手間だと感じなくなり、本当に続ければ続けるほど楽しくなると思うので、ぜひ試していただきたいです!

また、今は特に肌悩みがない人でも効果を感じると思います。自分でトラブルを全く自覚していなくても、使ってみたら感じることもあると思うので、悩みがない人にもぜひ使って欲しいです。

私は20代の頃に使い始めて感動したので、まだ使用したことのない方に、この感動を味わっていただきたいと思っています!

公式サイトで購入