お肌の老化が気になった今こそ始め時!エイジング化粧品の選び方はこれで決まり!

エイジングケア化粧品シワ

「今まで使っていた化粧品では物足りなくなった」「加齢と共に新しい肌トラブルが起き始めた」なんて悩んでいませんか?実はその悩みが生じたら、まさにお肌がエイジングケア化粧品を欲しているサインなんです!

しかし、いざ購入しようと店頭に足を運んでも様々な化粧品が軒を連ねているため、商品選びは一苦労。そこで今回はそんなあなたの負担を少しでも軽減するために、以下の4つのプロセスからエイジングケア化粧品の選び方を徹底解明していきます。

悩み別におすすめの成分を解説
自分の悩みに特化した成分を選んで、肌トラブルを改善へと導く
商品毎に選び方のコツを伝授
クレンジングからクリームまで、基礎化粧品の選び方を完全レクチャー
商品を選ぶ際に生じるよくある悩みを解決
Q&A方式で商品選びに関する悩みを撃破
高みを目指す上でおすすめな3つのアイテム
基礎化粧品にプラスαしたい人必見
ONE cosme編集部Voice
一般的にはお肌の曲がり角である25歳を過ぎたあたりから、エイジングケアを始めた方が良いといわれています。しかし、肌が老化していくスピードは人それぞれ。若い頃からお肌を酷使してきた人は、その分肌が老化するスピードも早いです。そのため、肌の老化が気になり出した今こそ、まさにエイジングケアの始め時だといえるでしょう。

お肌の老化を予防するためにも、この記事でエイジングケア化粧品の選び方をしっかりとマスターして、若々しい素肌を実現させてみませんか?

エイジングケア化粧品を選ぶ上での必須項目!おすすめの成分を悩み別に大公開

エイジング化粧品成分

エイジングケアを行うためには、どのような成分が配合された化粧品を選べば良いのでしょうか。ここでは、肌の悩み別におすすめの成分を解説していきます。

悩み1:透明感のある素肌の天敵!シミ・そばかす

美白成分は大きく分けると、以下の3種類に分類できます。

  1. 予防に特化!メラニンの生成を抑制
  2. 予防+改善のW効果!肌のターンオーバーを促してメラニンを排泄
  3. 改善に特化!メラニンを還元

自分の求める効果によって必要な成分が変わってくるので、左記の点をしっかりと意識しながら有効な成分を確認していきましょう。

メラニンの生成を抑制する成分

シミやそばかすを予防したい人におすすめなのは、以下の3つの成分です。

トラネキサム酸 情報伝達物質の働きを阻害して、シミやそばかすの原因となるメラニンの生成を抑制してくれます。抗炎症作用もあるので、ニキビや吹き出物などの肌荒れにお悩みの人にもおすすめです。
アルブチン 低刺激で多くの化粧品に用いられる成分です。メラニンの生成に必要不可欠な酵素(チロシナーゼ)の働きを阻害してくれます。
コウジ酸 醤油や味噌などの発酵過程で生み出される成分です。チロシナーゼの働きを阻害してくれます。

これらの成分は、外出する機会が多い人にとって特におすすめとなっています。シミやそばかすの原因をしっかりとブロックして、透明感のある素肌を目指しましょう。

肌のターンオーバーを促してメラニンを排泄する成分

シミやそばかすの予防及び改善を行いたい人におすすめなのは、以下の2つの成分です。

プラセンタエキス チロシナーゼの働きを阻害する効果と、肌のターンオーバーを促進する効果が期待できます。
AMP 肌の代謝を高め、ターンオーバーを促進してくれます。

ターンオーバーが整うと、様々な肌トラブルを回避するきっかけに繋がります。そのため、シミやそばかすへの対策だけではなく美肌効果も意識したい人にうってつけですよ。

メラニンを還元する成分

できてしまったシミやそばかすを薄くしたい人におすすめなのが、以下の2つの成分です。

ビタミンC誘導体 メラニンの生成と排泄の両方を担い、ターンオーバーを促進する効果も期待できる万能な成分です。
ハイドロキノン誘導体 肌の代謝を高め、ターンオーバーを促進してくれます。

特にビタミンC誘導体は様々な美肌効果が期待できるので、アンチエイジングにおいて非常に優秀な成分です。ただし、乾燥を招きやすいというデメリットもあるため、保湿は念入りに行いましょう。

悩み2:老けて見える原因第1位!シワやほうれい線

シワ・ほうれい線の予防または改善に優れているおすすめの成分は、以下の2つです。

ニールワン 真皮に達してしまった深いシワを改善できる成分として、非常に注目を集めています。
レチノール ヒアルロン酸や水分量を増やし、シワを改善・予防してくれます。

乾燥による小じわには肌に潤いを与えることが必要不可欠となるため、上記の成分だけではなく下記で紹介する保湿成分にも目を向けておきましょう。

悩み3:年齢肌を呼び込む大きな原因!肌の潤い不足が招く乾燥

乾燥が気になる人におすすめの保湿成分は、以下の通りです。

ヒアルロン酸 保水力が非常に優れている、代表的な保湿成分です。
セラミド 保湿性に優れている成分です。人間の肌にもともと存在していますが、加齢と共に減少してしまいます。
グリセリン 保湿性に優れた成分として、非常に多くの化粧品に配合されています。
グルタミン酸 肌が持つ保水機能を高める効果があります。
スクワラン 保湿性のある成分です。肌を柔らかくする効果もあるため、触り心地の良いお肌を目指している人におすすめです。

肌の保湿力・保水力を高めることで、肌のバリア機能を向上させることができます。様々な肌トラブルの予防に繋がるので、エイジングサインにお悩みの人は必ず保湿成分をチェックしておきましょう。

悩み4:不健康そうに見えてしまう原因!くすみ・くま

くすみ・くまが気になる人におすすめなのは、以下の2つの成分です。

ヘスペリジン 血行を促進及びコラーゲンの働きをサポートする効果があります。
ビタミンE誘導体 血行を促進し、肌の代謝を整える効果があります。強い抗酸化作用を持つため、肌荒れ防止にもうってつけです。

くすみやくまの原因として主に挙げられているのが、血行不良です。血行不良によるくすみやくまは、スキンケアだけではなく十分な睡眠やバランスの良い食生活を心がけることが大切。また、お風呂上がりにマッサージを行い、血液の循環をサポートしてあげると良いでしょう。

悩み5:肌がたるむ原因に!ハリや弾力不足

ハリや弾力不足にお悩みの人は、以下の3つの成分がおすすめです。

コラーゲン ハリや弾力と密接な関わりのある成分です。加齢と共に減少してしまうので、補ってあげることが大切。
卵殻膜エキス コラーゲンとヒアルロン酸、18種類のアミノ酸を含んでいます。
プロテオグリカン ヒアルロン酸やコラーゲンの生成を促してくれる成分です。

特に卵殻膜エキスは豊富な美容成分を含んでおり、ハリや弾力と密接な関わりのあるⅢ型コラーゲンをサポートする効果があります。Ⅲ型コラーゲンは赤ちゃんの肌に多く含まれる成分なので、張りのある素肌を目指したい人は必見ですよ。

悩み6:意外と目に付く!毛穴の開きや黒ずみ

毛穴の開きや黒ずみにお悩みの人は、以下の成分がおすすめです。

ノイバラ果実エキス 毛穴を引き締める効果や、肌の保水力を高める効果があります。
アクアインプール 毛穴の開きを抑制する効果があります。保湿性にも優れているので、乾燥が気になる人にもおすすめです。
アーチチョーク葉エキス 毛穴開きの改善&毛穴の黒ずみを目立たなくする効果が期待できます。
ハマメリス葉エキス 毛穴を引き締める効果があります。抗炎症作用もあるので、肌トラブルの予防にも期待大!

毛穴が涙型に伸びるたるみ毛穴の場合、肌のハリや弾力に効果的な成分も必要となってきます。また、毛穴のトラブルは化粧残りで悪化する恐れがあるので、クレンジングはしっかりと行っていきましょう。

編集部コメント
エイジングサインは表情筋の衰えにも関係しているため、表情筋を鍛えるエクササイズも取り入れると効果的ですよ。表情筋トレーニングは、思いっきり口を開けて「あ行」をゆっくりと発音していく方法が簡単でおすすめです!

商品ごとに選び方のコツを1から伝授!年齢肌に沿った化粧品の見極め方とは

エイジングケア化粧品選び

自分に必要な成分が把握できたら、次は商品別に選び方のコツについて1から解説していきます。エイジングケアに特化した商品を、さっそく一緒に確認してきましょう。

クレンジング料は低刺激なものを!ただし化粧残りには注意

クレンジング料は、大きく分けると拭き取りタイプ洗い流すタイプの2種類があります。拭き取りタイプは摩擦による肌へのダメージが懸念されるため、比較的刺激が少なく済む洗い流すタイプを推奨します。

洗い流すタイプと一口に言っても様々な種類がありますが、特におすすめなのは肌に優しいクリームタイプミルクタイプの2つ。ただし、クリームタイプとミルクタイプは肌に優しい分洗浄力もマイルドなので、バッチリメイクの人ウォータープルーフを愛用している人には不向きです。

化粧残りは肌トラブルを引き起こす原因となってしまうため、その場合は洗浄力の強いオイルタイプリキッドタイプを選択するか、ポイントメイクリムーバーを活用すると良いでしょう。

頑固な毛穴の黒ずみにはホットクレンジング!

毛穴の黒ずみに悩んでいる人は温感作用によって毛穴の汚れがオフしやすくなる、ホットクレンジングジェルホットクレンジングゲルもおすすめです。肌を温めることによって血行促進にも繋がるため、顔のむくみや肌のくすみが気になる人も検討してみると良いかもしれませんね。

クレンジング料はテクスチャーにも注意!

クレンジングに時間をかけてしまうとその間に肌の水分や油分がどんどん失われていき、乾燥を招いてしまいます。そのため、クレンジング料は洗いにくい硬めのテクスチャーよりも、伸びの良い軽めのテクスチャーの方がおすすめです。

肌や水に馴染みやすいクレンジング料だと自然とクレンジングにかける時間が短くなるので、左記の点も意識しておくと吉!クレンジングを行う際は人差し指・中指・薬指の腹を使って、肌を持ち上げたり動かしたりせずになるべく優しく洗い上げましょう。

洗顔料は5つの種類に分けられる!最適なものをチョイスしよう

洗顔料は大きく分けると、以下の5種類に分類されます。

  1. 固形石鹸
  2. 洗顔フォーム
  3. 洗顔ジェル
  4. 泡洗顔料
  5. 洗顔パウダー

上記のなかでも特に一押しなのは、原料がシンプルで添加物の心配が少ない固形石鹸洗顔パウダーです。ただし、双方とも「泡立てにくい」という口コミが目立っており、慣れるまでは濃密な泡作りに苦戦を強いられてしまう恐れも…。

また、固形石鹸に至っては濡れた状態だと雑菌を引き寄せてしまうことから、使い終わった後は水気をしっかりと拭き取らなければなりません。これらの問題点が気になる人は以下のポイントを参考に、その他の洗顔料を検討してみましょう。

ポイント1:マイルドな洗浄成分を選ぶ!

エイジングサインが気になる人は、肌に負担をかけない優しい洗顔料を選びましょう。刺激が少なくマイルドな洗い上がりでお馴染みなのが、アミノ酸系洗顔料です。以下で紹介する成分はアミノ酸洗浄剤の代表例なので、洗顔料の成分表は必ず確認しましょう。

  • ココイルグルタミン酸Na
  • ココイルグリシンK
  • ラウロイルグルタミン酸Na
  • ラウロイルメチルアラニンNa<

ポイント2:保湿成分は欠かせない!

時間をかけると乾燥を招くのは、洗顔も同じです。洗顔による乾燥を最小限に留めるためにも、保湿成分が配合されているか確認することも大切ですよ。

テクスチャーで選ぶのは厳禁!効果や成分に着目したい化粧水

化粧水の場合、必ずしも「とろみのあるテクスチャー=保湿効果がある」とは限りません。そのため、テクスチャーで判断するのではなく自分に必要な効果や成分に着目して、商品を選ぶことが大切です。

エイジングサインが気になる人や肌の老化を食い止めたい人が総じて必要なのは保湿効果なので、保湿成分は特に重要視しましょう。

エイジングケアを始めたいなら美容液から!有効成分が高濃度に配合

美容液は有効成分が高濃度に配合されているため、年齢肌が気になる人はまず美容液選びからスタートさせると良いでしょう。成分表の順番は配合量の多い順に記載されていることから、重視したいと考えている成分が何番目に記載されているか注目しておくとGood。ただし、配合量が1%未満の成分は、順序に関するルールづけがないので注意が必要です。

乳液の油分で肌の水分量を保持!肌質に合ったタイプを選択しよう

乳液に含まれる油分には、水分量を保持する力があります。そのため、エイジングケアには油分の少ないサッパリとした乳液よりも、油分の多いこっくりとした乳液がおすすめです。

ただし、油分が多すぎても毛穴づまりやニキビ・吹き出物を引き起こす原因になるため、オイリー肌の人やベタつきやすい夏はサッパリタイプの乳液を選ぶと良いかもしれませんね。

油分たっぷりのクリーム!テクスチャーは必ずこだわろう

クリームは、商品によってテクスチャーに大きな違いがあります。その種類は比較的軽めなものから濃厚で重いものまで、実に様々。テクスチャーの不快感からついクリームを蔑ろにしてしまう人が多いため、購入前に必ず手の甲で試しておくことが大切!

自分に必要な成分を重視するのはもちろんですが、上記の理由からクリームはテクスチャーにも気を配りましょう。

エイジングケア化粧品に関するQ&A!気になる疑問を一気に解決

エイジングケア化粧品疑問

ここでは、エイジングケア化粧品に関するよくある質問についてお答えしていきます。しっかりと疑問点を解決して、エイジングケア化粧品選びに弾みをつけましょう。

Q.デパコスとプチプラはどちらの方がおすすめ?

A.エイジングケア化粧品は、1,000円未満のプチプラ商品から5,000円以上する高級デパコスまで、幅広く展開されています。一見「価格が高い=質が良い」と結びつけてしまいがちですが、必ずしもそうとは限りません。

広告費を抑えて成分や低価格にこだわっている商品は、多数存在します。そのため、価格に囚われるのではなく、しっかりと成分や効果を調べてから商品の購入を検討するようにしましょう。

また、無理をしても継続するのは難しいので、自分のお財布と相談しながら化粧品選びを行うことも大切ですよ。

Q.W洗顔って必要なの?

A.乾燥肌もしくは敏感肌で且つナチュラルメイクの人は、W洗顔が不要となるケースが多いです。お肌の洗いすぎは乾燥を招くため、W洗顔不要のクレンジングを活用するのはとても良い選択だといえるでしょう。

ただし、バッチリメイクorオイリー肌のいずれかに当てはまる場合は、しっかりとW洗顔を心がけることが大切ですよ。

Q.エイジングケアにオールインワン化粧品は使ってもいいの?

A.以前は「物足りない」「乾燥する」という口コミが多かったオールインワン化粧品ですが、現在では保湿効果や美容成分に特化した商品が多数展開されています。そのため、以下の点に1つでも魅力を感じる人は、オールインワン化粧品の使用を検討してみても良いでしょう。

  • スキンケアにかける時間や手間を大幅に軽減できる
  • フルセット使いよりも断然コスパが良い
  • 肌に触る回数が少ないから負担をかけないト

ただし、それぞれの基礎化粧品が持つ効果と比べてしまうとどうしても劣ってしまうので、徹底的にケアを行いたい人にとっては少々不向きかもしれません。

Q.定期購入できる通販サイトの化粧品で注意すべきポイントは?

A.定期購入をする場合、解約条件をしっかりと確認しておくことが大切です。なかには定期購入の条件として数ヶ月継続する必要がある商品もあるので、安易な契約はNG。万が一の際に備えて、返金保証についても注視しておくと良いでしょう。

Q.エイジングケア化粧品に副作用はあるの?

A.化粧品は医薬品ではないので、副作用はありません。しかし、成分が合わないと肌トラブルを起こす可能性は十分考えられます。万が一肌トラブルに見舞われた際は直ちに商品の使用を中止して、クリニックに足を運びましょう。

Q.保湿ジェルと保湿クリームで迷ってる…どっちがおすすめ?

A.ジェルタイプの化粧品は、水分量が多く肌の馴染みが良いです。一方クリームタイプは、油分が多く肌のバリア機能を保持してくれるという特徴があります。どちらもメリットがあるので、迷う場合は季節や肌の状態によって使い分けることをおすすめします。

+αするならどんな商品がおすすめ?エイジングケアを更に充実させるための3アイテム

エイジングケア化粧品プラスα

ここでは、エイジングケアをさらに充実させてくれるおすすめのアイテムを3つ紹介していきます。頑固なエイジングサインにお悩みの人は、さっそく詳細を確認していきましょう。

ブースター化粧品は肌質別に選ぶ!自分に最適なのはどのタイプ?

乾燥で硬化してしまった肌や年齢肌が気になる人の強い味方になってくれるのが、ブースター化粧品です。洗顔後の肌に使用することで、化粧水以降の浸透力を高めてくれます。

気になるブースター化粧品の種類は主に以下の3つとなっているので、ワンランク上のケアを行いたい人はしっかりと詳細をおさえておきましょう。

美容液タイプ(導入美容液) 保湿に特化したオイルタイプと浸透力に特化したジェルタイプがあります。保湿成分にこだわりを見せている商品が多いので、乾燥肌の人におすすめです。
ミルクタイプ 油分と水分のバランスが良く、肌に馴染みやすいのが特徴です。優しい仕上がりな商品が多いことから、敏感肌の人におすすめとなっています。
拭き取りタイプ(拭き取り化粧水) 洗顔では落としきれなかった余分な皮脂や古い角質に効果を発揮してくれます。さっぱりとした使い心地の商品が多く、オイリー肌の人におすすめです。

スペシャルケアの第一候補!シートタイプのフェイスパック

「肌の調子が悪い…」「明日は特別な日だからメイクのノリを良くしたい」なんてときに大活躍を見せてくれるのが、シートタイプのフェイスパックです。美容液がたっぷり含まれているので、スペシャルケアに最適!

シートタイプのフェイスパックは包装の種類やシートの厚さが商品によって異なるので、以下のQ&Aを参考にして自分にピッタリな商品を選びましょう。

  • 個包装タイプと大容量タイプはどっちがおすすめ?

    個包装タイプは、価格が高めに設定されているのが最大の難点です。しかし、個包装により毎回新品の状態が維持されているので、衛生面が優れているのは大きな魅力。また、美容液がヒタヒタになるほど含まれている商品が多いので、美容成分を堪能したい人におすすめとなっています。

    一方大容量タイプは、しっかりと保管をしないとシートがすぐに乾燥してしまうのが難点です。ただし、コスパが非常に良いので価格重視な人にはもってこいの商品だといえます。これらのことから、衛生面やシートの乾燥が気になる人は個包装タイプを、コスパの良い商品を探している人は大容量タイプを選ぶと良いかもしれませんね。

  • シートの厚さにおすすめはある?

    シートは厚みがあると、その分美容液がたっぷりと吸収されます。そのため、基本的には厚めのシートがおすすめです。ただし、厚めのシートは「密着しにくい」「重い」という意見もあるので、左記の点が気になるようであれば薄めのシートを選ぶと良いでしょう。

    薄めのシートは破れやすいというデメリットがあるものの、肌への吸い付きが良いので目元や小鼻にもシートが密着してくれるのは嬉しいメリットですよ。

体の内側から優しくケア!手軽で嬉しいサプリメント


しっかりとエイジングケアを施しても肌トラブルが改善しない場合は、体の内側からケアをしてあげるのも1つの方法です。とは言っても、毎日栄養バランスに優れた食事を取るのは難しいので、サプリメントの服用がおすすめ!

以下の表を参考にエイジングケアにおいて特に必要な栄養素を把握し、自分にピッタリなサプリメントを見つけましょう。

プラセンタ 肌のターンオーバーを整える力があります。抗酸化作用に優れており、肌の免疫力を高める効果もあるので肌荒れ防止にもうってつけです。
コラーゲン 肌の潤いを保持する力があります。若々しい肌を保ちたい人におすすめな栄養素です。
ビタミンC コラーゲンの合成に欠かせない栄養素です。抗酸化作用にも優れているため、肌の老化防止にも役立ちます。
アミノ酸 コラーゲンの生成を促す栄養素です。抗酸化作用もあります。
エラスチン 肌の弾力をアップしてくれるため、シワやたるみ予防に効果が期待できるでしょう。コラーゲンの働きをサポートする力もあります。
編集部コメント
サプリメントのように、体の内側からお肌をケアしていくことは非常に大切です。体の栄養だけではなく十分な睡眠時間適度な運動を生活に取り入れることも、エイジングケアには欠かせませんよ。

エイジングケア化粧品選びのコツを掴んで本当に必要なケアを!

エイジングケア美容液

エイジングケア化粧品を選ぶためには、商品毎にポイントをおさえておく必要があります。また、自分に必要な成分を把握してから商品を選ぶことも大切です。パッケージや値段、広告といった表面的な部分に惹かれてしまう気持ちも分かりますが、しっかりとエイジングケアを行っていきたいならこれらの点を疎かにしてはいけません。今回紹介した内容を念頭に置いて、自分の肌質や悩みに合ったエイジングケアを施していきましょう。