洗顔料からニキビケアしたい。繰り返すニキビ、吹き出物に効果的なアイテムをご紹介

繰り返すニキビ、吹き出物に効果的なニキビ洗顔料
ニキビができている肌はデリケートです。そこに毎日、メイクをしたりスキンケアで手を加えることで実は治りにくくなっている可能性も。こちらでは、ニキビ肌に最適な洗顔料の選び方をご紹介しています。肌がベタつくから念入りに洗っています、という方、またはさっぱりタイプの洗顔料しか使わないという方は特に必見!

  • ニキビ、吹き出物の原因にアプローチする
  • 肌全体を修復させるよう、やさしく洗える

この2点は特にニキビ用洗顔料には大事なポイントです。見合ったものを選ぶコツを見ていきましょう。ただしそれぞれの肌タイプもあるので、より相性の良い品選びにはこだわっていきたいですよね!

肌タイプに合わせて洗顔料を選ぶ。皮脂、汚れを取ってさっぱり、ニキビを撃退!

肌タイプに合わせて洗顔料を選ぶ
洗顔料の種類は、石鹸やジェル、クレイ(泥)などたくさんの種類があります。しかし汚れを落とす力の差は、ほとんどありません。ニキビは基本的に毛穴に皮脂がつまって炎症を起こしている状態。その症状を抑える成分が入った物を選ぶのが基本です。しかしそれぞれの肌質によって、選ぶ種類のおすすめ度が変わってきます。

テカリ、ベタつきが気になる脂性肌は、入っている保湿剤に注目!洗いすぎは✖

脂性肌に合う洗顔料とは
脂性肌は、皮脂を取りすぎない洗顔がベスト。なぜなら肌は、天然の保護膜である皮脂が表面からなくなることで「もっと油分でコートしなくては!」とより皮脂を分泌させるためです。そんな肌にフィットするのは、

  • 程良く保湿成分が含まれている
  • ニキビを刺激せずに洗える

いわゆる「泡で洗う」タイプの洗顔料。
たとえばNonAなどは、泡立ちの良さでは定評がある石鹸です。使われているのはカイ含有石鹸素地で、通常の石鹸素地よりも約4倍もの弾力があるそう。肌の上に乗せて動かすことで、摩擦をふせいで効率良く、皮脂汚れを落としてくれます。またニキビで角質が薄くなっている肌が傷つかないよう、グリコール酸などのピーリング成分は一切入っていません。ヒアルロン酸、ローヤルゼリー、リピジュアといった濃密になりすぎない保湿成分が含まれていることがニキビ予防に大切です。

 

 
 
 
 
 
この投稿をInstagramで見る
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 

 

みやこLv.20🥁/コメント全部返すマンさん(@miya_aaaa529634)がシェアした投稿

フォロワー15.7千人というインスタグラマー、みやこさんもこのNonAの愛用者。キメのそろった美しい肌が印象的ですね。

3週間使った感想です。一番肝心のニキビについてですが、よくなっている気がします。劇的にニキビが減ったというわけではないですが、白ニキビなどのそこまで目立たないニキビはできなくなってきました。またニキビの治りも早くなったように思います。もちろんニキビが一つもないツルツル卵肌までは到底及ばず、常に数個のニキビはできてしまうのですが、それでもあまり長引かなくなりました。2、3日でほとんど治ります。
(@cosme/20代・女性)

色々な洗顔を試しましたがこれに勝るものはありません。ニキビが劇的に減ります。まるで魔法です。悩んでる方は是非手に取ってみてほしい1品です。ちなみに、私はオイリー肌ですが、とても効果があります。最高です。
(@cosme/20代・女性)

NonAはテレビでも紹介され、10代からも高評価を得ている商品。脂性肌はいわゆる思春期の頃に見られます。成長ホルモンの作用で額、鼻など皮脂分泌がさかんなところに白ニキビなどで現れやすいのが特徴的。過剰な皮脂と汚れで角質がふさがって、皮脂が中に詰まっている状態です。白ニキビをさらに悪化させないよう、余分な皮脂を取り除く&出させないといった意識が大切なんですね。

(参考商品:NonA・プライマリー/1個100ℊ/2,940円税込)

赤く、痛みがあるニキビはグリチルリチン酸入りの洗顔料をチェック

赤く、痛みがあるニキビはグリチルリチン酸入り洗顔料がおすすめ
白ニキビの原因となる皮脂や、アクネ菌などが毛穴にたまり続けると炎症が起こります。これがいわゆる赤ニキビ。さわると熱や痛みを感じることも多く、跡が残ってしまう場合もあります。この場合、炎症そのものを抑えるグリチルリチン酸入りの洗顔料を使ってみましょう。グリチルリチン酸とは、漢方でも利用される「甘草」という植物の根から抽出される成分です。ニキビの炎症を鎮める作用があり、厚生労働省からも認められているもの。多くのニキビ用洗顔料に含まれていますが、こちらのオルビス薬用クリアウォッシュは、グリチルリチン酸に加えて紫根エキス配合(シコニン)が加えられています。肌のバリア機能を整えてくれる成分なので、古い角質や皮脂、汚れを流してニキビのできにくい肌へ導いてくれます。

ORBIS商品の中でも一番好きなアイテムです。泡立ちもよく、洗い上がりもサッパリなのに、つっぱらない。生理周期の大人ニキビにいつも悩んでますが、このシリーズを使ってから、気になりません。普段は乾燥も気になる私には、とても効果ありです。amazon

オルビスに出会ってから洗顔時のピリピリ感がなくなりニキビが出来にくくなりました。泡立ちもよく肌に密着するように汚れが落ちている様に思えます。洗い流しも泡切れがよくとても楽です!lohaco

またこちらの薬用クリアウォッシュは、肌と同じアミノ酸系の成分でできているため低刺激で洗えます。また浸透型コラーゲンでしっかりと保湿しながら、オイルフリーで余分な油は残しません。かゆいところに手が届く、まさに万能型ニキビ洗顔料です。

(参考商品:オルビス薬用クリアウォッシュ/120g/1,404円(税込)

あごのラインなどにできやすい、大人ニキビにはクレイがおすすめ

大人ニキビにはクレイ洗顔料がおすすめ
乾燥肌や脂性肌など、肌質を問わずできる可能性がある、大人ニキビ。あごや口まわりなどに繰り返し起こりやすく、芯があって盛り上がるのが特徴です。この大人ニキビも、毛穴が詰まることによってできてしまうもの。普段洗いすぎている結果、肌が乾燥して角質が厚くなっているのが土台になっている場合があるそう。
そんな肌に刺激を与えず、うるおいを残して洗うにはクレイなどが主成分の洗顔料をおすすめします。クレイの独特の泥の成分が、肌に残る保湿成分は残し、余分な皮脂は取り去ってくれますよ。
なかでもおすすめなのが、ビーグレンクレイウォッシュ。アメリカの薬学博士が開発したニキビケア商品でもあります。「モンモリロナイト」という泥がマイナスイオンを起こし、毛穴の中の汚れを引きつけて落とします。他、グリチルリチン酸も含まれているので大人ニキビの炎症を静めながら、原因菌、汚れだけをやさしくオフすることができるんですね。

 

 
 
 
 
 
この投稿をInstagramで見る
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 

 

& ROSY(アンド ロージー)さん(@androsy_tkj)がシェアした投稿

25歳を過ぎたくらいから生理前に出来る、おでことあごのニキビに悩んでいました。ビーグレンを使い始めてから、ニキビを繰り返していた肌が落ち着いてきました。 しっかり肌が保湿されて肌のごわつきも解消。メイクが今までより薄づきになりました!
(公式サイト/20代・女性)

滅多に口コミしない私の、感動の一品!約1年間悩んでいたフェイスラインの大人ニキビと鼻の角栓、口周りのザラつきはこれだけで解消しました。(@cosme/30代・女性 )

でも、クレイってちゃんと毛穴の中に入るの?という疑問が起きませんか?大丈夫です!ビーグレンに含まれるモンモリロナイトのクレイはなんと毛穴の約2,000分の1の大きさしかありません。毛穴にするっと入り込み、汚れをくっつけてオフしてくれるので、気持ち良さ、スッキリ度は倍増です。ミス・ユニバース日本代表の森理世さんも愛用の商品でもあり、メディアにも多く登場しています。

(参考商品:ビーグレンクレイウォッシュ/150g/4,212円(税込))

ONE cosme編集部Voice
こうしてみるとニキビもさまざまな種類があり、洗顔料のタイプも工夫がこらされたものばかりです!そして気づいたことは、ニキビの原因は皮脂の分泌、ホルモンバランスが大きく関わっている点。月経前後のリズムの乱れの他、ストレスを引き金に起こる男性ホルモン分泌もニキビができやすくなる原因であることが分かっています。
ストレス解消に一番良いのは、自分の体をいたわるという意識。スマホをオフして睡眠を好きなだけ取る、温泉に行く、マッサージで癒されたりと自分の気持ちと体を癒す方向に向けると肌にも良い効能が起きてきますよ。暴飲暴食や高カロリーな食事を続けると、脂質の摂りすぎが再びニキビの元になってしまうため、注意が必要です!

価格や目的別で選ぶニキビ洗顔料。毎日使いに最適な商品はこちら!

プチプラ?泡ポンプタイプ?目的別洗顔料の種類
ニキビケアは肌ダメージの度合い、ターンオーバーの周期によって、差が出てきます。そして肌質もその人ごとに違うため、多くの人に指示されている洗顔料が自分に合うとは限りません。次は特に気になる肌の状態やコスパを重視した洗顔料選びに注目してみました。自分だけの「こだわり」の商品を探してみましょう!

しっかりメイクオフには、リキッドタイプが◎毛穴の詰まりをふせぐ

メイクオフには、リキッドタイプクレンジングをおすすめ
ニキビがあるけれど、毎日メイクをしないと……と悩む方には、リキッドタイプのクレンジング洗顔料をおすすめします。メイクに含まれる油分は、界面活性剤入りのクレンジング剤を使わないと落ちない!というのは周知の事実。しかしそれがオイルタイプだと少し使うのをためらうことはありませんか?オイルはニキビに悪そうだし、でもメイクが一番良く落ちるのはやはりオイルタイプ、というイメージがありますよね。

ここで救世主のようなアイテムとして、ACアクティブクレンジングリキッドをご紹介します。こちらの商品は、メイク汚れを落とすだけでなくニキビの原因となる毛穴詰まりまでも解消する、というダブルの効果が期待できます。

  • AHA(グリコール酸)がメイク残り、古い角質を除去
  • グリチルレチン酸ステアリルが炎症を抑えて、肌荒れを予防する

という2つの大きな成分が特徴的。さらにノンコメドジェニックなのでニキビができやすい成分が配合されていません。

ピーリング効果があるので、お肌がツルツルになります。少量でよくのびてなじみます。amazon

顎まわりの小さいニキビに悩んで皮膚科に行ったところ、オイルクレンジングはニキビを悪化させる。と、オイルなしのノブのクレンジングをオススメされて使用しました。3プッシュぐらい?少し多めにとって乾いた肌に時間をかけてくるくるして使っています。匂いはなく、さっぱりしていてクセのない液です。とにかく角栓がよく取れることがオススメです!鼻の黒ずみとザラザラが一回で無くなります(*´∀`)♪(@cosme/20代・女性)

皮膚科医にも推奨される、ACアクティブクレンジングリキッド。オイルタイプではないため、洗い流してもベタつきがなくすすぎもスムーズです。なお毛穴詰まりだけではなく、角栓まで取れる!と口コミする人もとても多いですよ。

(参考商品:NOV ACアクティブクレンジングリキッド/120ml/2,700円(税込))

敏感肌はニキビの素を作らせないせっけんが一番。シンプルケアで肌を守る

敏感肌はせっけんでシンプルニキビケア
ちょっとした刺激で肌が反応して赤くなる、痛くなるといった敏感肌。ニキビがある場合、まず率先して行うべきはバリア機能を整えることです。

編集部コメント
バリア機能とは肌の角質層のキメがそろっているうえで、外からの刺激をふせいだり異物が入ってこないようにキープするはたらきのこと。ところが乾燥や皮脂不足で、時に角質層がはがれてしまうことがあります。
するとそれをカバーしようと角質細胞の代謝が早まり、水分保持するのに未熟な細胞が出来上がってしまいます。最終的には毛穴に皮脂がたまりやすく、逆に角質が厚くなってくることも多々あり!結果、ニキビ発生という悪循環に陥ってしまうことも。

そんなデリケートな肌は、まずはETVOSのクリアソープバーのような石鹸を使ってやさしく洗顔してあげましょう。クリアソープバーは、敏感肌が流出しやすいセラミドが含まれています。しかもヒト型セラミド(セラミド2・3・6Ⅱ)配合なので肌にとてもなじみやすくできていますよ。他にも、ヒアルロン酸の2倍の水分保湿力を持つリピジュアという成分や、バリア機能を整えてくれるシロキクラゲ(多糖体)も入っているので、うるおいを補充してくれます。

 

 
 
 
 
 
この投稿をInstagramで見る
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 

 

hitomiさん(@yysshitomi)がシェアした投稿

しつこいニキビに悩まされていたのですがこの石鹸で洗顔し始めてから半減しました!帰宅後泡だててメイクもろとも落としています。今までは市販の牛乳石鹸を使っていまして、その洗浄力には劣るけれども、脂を持っていき過ぎない、かつさっぱりする感じが最高に丁度いい。
(公式サイト)

アトピー&敏感肌で、この夏に顔中に小さな白ニキビのようなものが大量発生し、原因がよく分からずに悩んでいました。無色透明で無香料の石鹸ですが、めちゃくちゃ泡立ちが良くて、泡切れ抜群!さっぱりとした使用感。洗い上がりに鏡を見ると毛穴がキュッと締まっています。いつのまにか謎のブツブツは消え、以前より肌のキメが整った感じがします。(楽天市場/30代・女性)

クリアソープバーは、石油系の界面活性剤やシリコン、色素、香料、防腐剤といった成分は配合されていません。驚くのは保湿成分を濃密に閉じ込めるため、通常の20~30倍という時間をかけてすべて製造工程が手作業で行われるということ。品質のこだわりと、とことん肌にやさしく作られているのが分かりますね。そして予洗いをすることで、ミネラルメイクも落とせてしまう強者アイテムでもあります。

(参考商品:クリアソープバー ETVOS/80g/2,160円(税込))

プチプラな洗顔料でニキビをなくす!おすすめなベストセラー商品はこちら

プチプラなニキビ洗顔料とは
長引くニキビ対策に使える洗顔料として、価格はお手軽で、ドラッグストアでもすぐ買えるものが理想!という方も多いはず。それでも安価な商品だと、あまり効果がないのでは?と首を傾げてしまいそうです。そこで長くロングセラーが続き、支持が多いプチプラな商品を探してみました。1位は「ロゼット洗顔パスタ」。
1本1,000円以内で購入できる洗顔料、としてSNSでも効果とともに口コミが続々挙げられています。中身は普通の洗顔料?と思いきや、クレイが主成分で、毛穴やハリ、くすみ、皮脂、ニキビと5パターンの肌悩み別でシリーズになっています。なかでもアクネクリア大人ニキビにも効く薬用タイプ。

  • 海泥……海底からくみ上げたクレイ。細かい粒子が毛穴に入りこんで汚れを吸着する
  • ガスール……湖の底にある泥。厚くなった角質を除去してくすみを取る

この2種類が主な主成分になっています。

 
 
 
 
 
この投稿をInstagramで見る
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 

美しい青さん(@b.b.cosme)がシェアした投稿

洗い上がりがサッパリするので、しっかり洗い上げた感覚が好きな人はオススメ。皮脂・毛穴づまりを落として炎症を抑えながらニキビを防いでくれるというかなりの優等生。香りもスッキリしてて好きです。そして本当に安い。マジで安い。迷ったら買おう。 twitter

にきびをよく作って毛穴つまりなども気になっていたので購入アクネクリアで洗うと、しっかりもこもこ泡で洗い上がりもつっぱらず、毛穴も引き締まった気がします。化粧水がぐんぐん肌に浸透するようで、透明感が出たと思います。amazon

ロゼットは老舗ブランドで、1929年にはクリーム状の洗顔料を日本で初めて誕生させました。今ではグリチルレチン酸ステアリルや和漢植物エキス、といった肌荒れ防止に特化した成分と、クレイパウダーを融合させたシリーズが有名になっています。洗った後肌がさっぱり&突っ張らない、お試しで使ったらハマったという声も多く、今すぐにでも買いに走ってしまいそうですね。

(参考商品:ロゼット洗顔パスタ・アクネクリア/120g/648円(税込))

編集部コメント
洗顔は完璧!なのにニキビがなくならない、という場合。洗顔料の量が少ない、またはゴシゴシこすっていることで肌がダメージを受けているかもしれません。
メイクはウォータープルーフタイプだと、クレンジング、洗顔の仕方にも寄りますが充分に落ちきれないという場合もあります。しかし洗顔料を顔に長時間置くのも肌の負担に。0.02mmほどの薄い角質層を守るためには、やはり刺激の少ない洗顔料をたっぷり使い、肌をこすらず洗う、しっかりすすぐ、という3工程が大事になってきます。

ニキビに悩まない肌になるための、洗顔料選びQ&A

ニキビに悩まない肌になるための、洗顔料選びQ&A
自分の肌質、よくできるニキビに合った洗顔料でピンときたものは見つかったでしょうか。その他でも、これは選んで良いのかな?と疑問に思う点は出てきます。最後にQ&Aで解消しましょう。

泡立てるのが苦手。それでも肌に優しく洗える洗顔料はある?

泡立てるのが苦手でも肌に優しく洗える洗顔料はある?
あります。例えば、こちらのメンソレータム アクネスは最初から泡で出てくるタイプで便利。しかもアクネ菌を除去するイソプロピルメチルフェノールや、抗炎症剤のグリチルリチン酸ジカリウムもしっかりと配合されています。泡が細かく、多いほど汚れをキャッチする面が大きくなるので、泡タイプの洗顔料もたっぷりと使うようにすると効果アップです。なおクレイが主成分の洗顔料は泡立てず、汚れを吸着するように使います。

(参考商品:【医薬部外品】メンソレータム アクネス ニキビ予防薬用ふわふわ泡洗顔 160mL アクネス(Acnes) 750円

余計にニキビができてしまう?洗顔料を選ぶ際に気をつけたい点は?

ニキビが悪化してしまう洗顔料の成分とは
ニキビを含む、肌全体に刺激になるような成分が含まれている場合があります。例えば、クレイの泥の粒子が取り切れず肌に残ってしまうといった場合。結果的に毛穴が詰まってニキビが悪化してしまいます。なおこれは、毛穴の汚れが落ちても奥にあるニキビが発生して一時的に悪化したように見えることもあるので、使用する際は肌をこすらず、よくすすぐことを心がけると良いそう。

また毛穴の汚れや角質を除去するスクラブ洗顔などは、角質層を傷つけることがあるのでニキビがある時は控えたほうが良いです。他、香料、鉱物油といった成分が肌に合わない場合も。テスターがある場合はまずそれを使用してみることをおすすめします。

ニキビ用の洗顔料と、別のメーカーのスキンケア用品の組み合わせはOK?

ニキビ用の洗顔料と別のメーカーのスキンケア用品の組み合わせ
OKですが、ライン使いをおすすめします。洗顔は毛穴に入り込んだ汚れ、余分な皮脂を流す工程です。その後時間をおかずに保湿すれば、基本的にはどのスキンケア用品を使っても大丈夫です。しかし、たとえばビーグレンであればQuSome(キューソーム)という独自の浸透技術が洗顔料のみならず、化粧水、美容液、クリームにも生かされています。皮脂量を調整してメラニンを流すビタミンCや水分を毛穴の奥深くまで届けることができるので、まさにニキビ肌にぴったり。

同じようにオルビス薬用クリアシリーズも、紫根エキスをはじめとした和漢の成分が化粧水~クリームまでに配合されています。化粧水ではディープデリバリー処方といって毛穴内の皮脂に有効成分がなじみ、よく浸透するように工夫されているそう。美容液(保湿液)においても、つけて8時間後に肌に残る水分残存率が97.0%と驚異的な数字を出しています。

(参考商品:ビーグレンクレイウォッシュ/150g/4,212円(税込))

(参考商品:オルビス薬用クリアウォッシュ/120g/1,404円(税込)

肌に合った洗顔料でニキビの芽を摘む!毛穴も締まってキメ細かい肌へ

肌に合った洗顔料を使いニキビ予防へ
ニキビができている肌は、さわると悪化しそうだし、そのままでも皮脂が出て増える一方!と頭を悩ませる問題ですよね。しかし自分の肌やニキビタイプに合った洗顔料を使うことで、少しずつ治すことは可能だということが分かりました。あくまでもニキビだけを治すのではなく、肌全体を整えることになるので、くすみやシミといった症状も一緒に薄くなる効果が期待できます。相性の良い洗顔料を見つけるのが第一。次に、ターンオーバーのリズムを正常にするよう優しくお肌を洗う!こすらない!という意識でスキンケアしていきましょう。ニキビのできにくい肌に生まれ変わっていくのを実感できるはずです。