オールインワンの選び方には、ぜひ知ってほしい4つのポイントがあります。あなたはいつもどんな基準でオールインワンを選んでいますか?また、オールインワンを使うとどのようなメリットがあるのでしょうか?「なんとなく」使っている人も多いオールインワンですが、正しい選び方がわかると、スキンケアがより楽しくなりますよ!いまさら聞けないオールインワンの基本をわかりやすく解説していきます。

自分にあったオールインワンを見つける方法は?選び方のポイントを徹底解説

オールインワンは通販やドラッグストアでたくさん見かけますよね。20代の人から大人の女性まで年齢を問わず、そしてメンズ向けや敏感肌向けのオールインワンジェルもあります。たくさんありすぎて、選び方がわからない、というお声をよく聞きます。

  • キャンペーンでお得だったから
  • 広告に好感が持てたから
  • お店で安かったから

このような理由で選んでいませんか?でも……それではお肌は満足していないかもしれません。オールインワンの選び方は次の4つのポイントが大事です。

これを基準に選ぶと、あなたの肌にあったオールインワンが見えてきますよ。

どんなスキンケアをしたいのか

肌の状態や肌悩みは人それぞれ違います。オールインワンにはさまざまな肌悩みに向けた商品があるので、ひとりひとりのお悩みにあったスキンケアができるオールインワンを選びましょう。

たとえばシミ・そばかすが気になる人には、薬用美白有効成分が配合されたものがおすすめ。シミのもとであるメラニン色素が生成されるのを防いだり、シミを薄くしたり、ターンオーバーを整えてメラニンの排出を促す成分が配合されているものがいいでしょう。

加齢によるハリ不足や乾燥小じわが気になる人には、保湿力を重視したものがおすすめです。年齢とともに肌のうるおいが失われやすくなってくるので、念入りな保湿ケアをしましょう。また、最近ではシワを改善できる成分も開発されているので、シワ改善成分が配合されたものもいいですよ。

編集部コメント
薬用美白有効成分には、次のようなものがあります。
◆メラニンの生成を抑える……アルブチン、プラセンタ、コウジ酸など
◆シミを薄くする……ビタミンC誘導体、ハイドロキノンなど
◆メラニンの排出を促す……4MSK、エナジーシグナルAMPなど

ハリ不足や乾燥小じわ対策ができる成分には、次のようなものがあります。
◆肌にうるおいを与える……ヒアルロン酸、コラーゲン、プロテオグリカン、セラミドなど
◆シワを改善する……レチノール、ナイアシンアミド、ニールワンなど

いずれもお肌の状態にあわせて選びましょう!

肌タイプにあわせて選ぶ

わたしたちの肌はひとりひとり性質が違います。「皮脂でテカりやすい」「クリームを塗っても乾燥しやすい」など、肌タイプは人それぞれですよね。オールインワンを選ぶときも、この肌タイプにあった選び方をしましょう。

乾燥肌の人は、水分も皮脂も少ない状態です。乾燥しやすく、肌荒れしやすい傾向があります。混合肌の人は、水分が少なく、皮脂が多い状態です。顔の部分によってテカリやすいところとカサつくところがあります。脂性肌の人は、水分も皮脂も多い状態です。乾燥はしにくいのですが、皮脂でベタつきやすく、ニキビができやすい人も多いです。敏感肌の人は、刺激を敏感に感じやすく、化粧品によっては肌荒れをしてしまうこともあります。あわない成分を避けた化粧品選びがおすすめです。

編集部コメント
肌質によって適したスキンケアも違います。自分の肌にはどのような成分が効果的なのかもチェックしてくださいね。

乾燥肌……ヒアルロン酸、コラーゲン、スクワラン、セラミドなどの保湿成分でしっかり保湿
混合肌……乾燥する部分と皮脂が多い部分とで、乾燥肌用の化粧品と脂性肌用の化粧品を使い分ける
脂性肌……皮脂分泌抑制効果があるライスパワーNo.6エキスなどで皮脂バランスを整える
敏感肌……人によってあわない成分は異なるため、肌荒れを起こしたことがある成分を調べ、その成分が入っていないものを選ぶ

好みのテクスチャーで選ぶ

オールインワンはジェルタイプが多いのですが、このほかにもローションタイプやクリームタイプもあります。

ローションタイプはサッパリとした使い心地が特徴です。皮脂でベタつきやすい人や夏のスキンケアに心地よく使えます。

クリームタイプは油分が多いので、うるおいが逃げにくいのが特徴です。乾燥肌の人や保湿をしっかりしたい人によさそうです。

ジェルタイプはローションタイプとクリームタイプの中間です。適度に保湿力がありつつ、ベタつきにくいのが特徴。ローションとクリームのいいとこどりともいえます。

好みの使用感で選びましょう。季節ごとに使い分けてもいいですね。

医薬部外品かどうかもチェック!

同じオールインワンに配合されている成分でも、配合量が少なければ効果は期待しにくくなり、配合量が一定量以上であれば効果を期待しやすくなります。

化粧品には「一般化粧品」と「医薬部外品」がありますが、医薬部外品の化粧品(薬用化粧品)とは、厚生労働省に効能・効果があると認められた有効成分が、一定量以上配合されているもののことです。

かならずしも一般化粧品の方が効果が少ないとはいいきれませんが、ある程度の効果を期待したいなら、医薬部外品のオールインワンを選ぶのもひとつの手です。

オールインワンって保湿効果どのくらいあるの?化粧水や美容液のライン使いとの違いも徹底解説

フェイシャルスキンケア

たまに「オールインワンは効果がない」という意見を目にすることはありませんか?

オールインワンで本当に保湿効果はあるの?と思っている人もいるかもしれませんね。オールインワンを使う場合と化粧水や乳液などの複数のアイテムを使う場合とどのような違いがあるのかも含めて、両者の違いを解説していきます。

オールインワンは保湿効果は長続きしにくい

オールインワンはサッパリとしたジェルタイプのものが多く、ベタつきにくいのが特徴です。みずみずしいジェルなので化粧水を使わなくても肌にのばしやすく、使いやすいと感じるかもしれません。

ただ、成分はほとんどが水溶性のため、肌の水分が蒸発しないように油膜を作ることは難しいです。そのため、つけた直後はうるおいを感じられても、時間とともに乾燥を感じてしまうこともあるようです。

しかしオールインワンジェルのすべてが保湿力が低いわけではありません。保湿力に力を入れたオールインワンもあるので、次のような保湿成分が成分表示の前半に書いてあれば、ある程度の保湿力は期待しやすくなります

  • セラミド
  • ヒアルロン酸
  • コラーゲン
  • エラスチン

オールインワンと化粧水や美容液の違い

ひとつですませられるオールインワンか、ひとつひとつスキンケアアイテムを丁寧に使うか、迷っている人も多いかもしれません。

この違いは、主に油分の配合量にあります。化粧水はほとんどが水でできていますが、次に使う乳液には油分が20~30%程度配合されているのが一般的です。油分は肌の水分を守るために必要な成分なので、化粧水と比較すると、オールインワンのほうが保湿力が高いといえます。

しかし乳液と比較すると、オールインワンに含まれている油分はやや少なめの傾向があります。また、美容液は「保湿」「美白」「シワ改善」など、肌悩みにより集中したスキンケアができるアイテムです。いつものスキンケアにプラスして使えるので、化粧水やオールインワンと組み合わせて使うことも可能です。

オールインワンはこんな人におすすめ!オールインワンを使うタイミングはどんな時?

オールインワンは次のような人におすすめです。

  • 忙しくてスキンケアをする時間がない
  • 肌荒れしやすい
  • なるべくスキンケアのコストを抑えたい
  • うっかり化粧品を切らしてしまうことがある

いつものスキンケアに満足できていない人は、オールインワンを試してみませんか?

とにかく時間がない!時短したい人

オールインワンは、ひとつで化粧水や乳液・クリームの役割をしてくれるアイテムです。

化粧水や乳液をひとつひとつ使って丁寧にスキンケアをすると、時間がかかりますよね。オールインワンはひとつでスキンケアを完了できるので、洗顔後やお風呂上りにさっとひと塗りするだけ。仕事や家事・育児に忙しい人からも時短ができると人気です。

肌に刺激を与えたくない!肌荒れしやすい人

肌荒れを起こしてしまう原因のひとつに「摩擦」があります。普段あまり意識していないかもしれませんが、洗顔に始まってクリームをつけ終わるまで、何度も手のひらで肌に触れますよね。コットンを使っている人は、さらに摩擦刺激が多くなります

オールインワンをなじませるだけでスキンケアを完了できれば、そのぶん摩擦刺激を抑えることができ、角質層を傷つける可能性も少なくなります

スキンケア後はすぐにメイクしたい!ベタつきが苦手な人

朝のスキンケアが終わって、さあメイク!というときに、下地やファンデがヨレたりダマになったりしたことはありませんか?油分が多いスキンケアアイテムでたっぷりと保湿をするのは肌にとってもうれしいことですが、なじむまで時間がかかってしまいますよね。

オールインワンなら、油分が少ないので肌になじみやすく、朝のメイク前でもベタつきが気になりにくいです。毎朝苦労している人は、オールインワンを使うことを視野に入れてみてもいいでしょう。

なるべくコストを抑えたい!コスパ重視の人

近頃ではさまざまなプチプラ化粧品もありますが、それでも化粧水や乳液・クリーム・美容液などをひとつひとつ揃えるとなると、費用もそれなりにかかります

ところがオールインワンはひとつ買うだけですむので、コストを抑えやすくなります。お小遣いがピンチのときでも購入しやすいですね!

スキンケアラインをつい切らしちゃう!うっかりさん

化粧水を使いきっていたのに、新しいのを買うのも忘れちゃった」という経験はありませんか?そんなとき、オールインワンがあれば、代用として使うこともできますよ!

化粧水がないときはオールインワンだけでスキンケアをすませたり、乳液がないときは化粧水の次にオールインワンを使ったり、さまざまな場面で活躍してくれます。

おすすめオールインワン化粧品3選

スキンケア・若い女性

それでは、おすすめのオールインワンをランキング形式で紹介していきます。

1位の「パーフェクトワン」は、保湿も美白もできる贅沢なオールインワンです。化粧水・乳液・クリーム・パック・美容液・化粧下地の6役をこなせるので、こちらを使った後はすぐにファンデーションを使えます!

2位の「カナデルプレミアムホワイト」は美白ケアをしたい人のためのオールインワンです。美白有効成分「ビタミンCエチル」がグングン浸透して、シミのもととなるメラニンの生成を抑えます

3位の「ビトアス」サラリと使えるリキッドタイプのオールインワンです。化粧水成分・美容液成分・乳液・クリーム成分を独自の技術で安定化しており、もっちりとしたハリ肌に導いてくれます。

  • カナデル プレミアホワイト

    根深いシミの根源にアプローチ

    シミ・そばかすを予防しながらしっかり保湿!

    アンチエイジング株式会社
    カナデル プレミアホワイト

    4,180円(税込)/58g(約1ヶ月分)
    →定期初回限定1,980円(税込/送料無料)

    商品について詳しくはこちら
  • ビトアス

    肌のハリを重視するならこれ

    【使用感満足度96%】独自技術で美容成分が3段階も浸透!ライン使いのようなハリを実感

    ビトアス(サントリーウエルネス)
    ビトアス

    9,350円(税込)/120ml(約60日分)
    →10日分トライアルセット1,320円(税込/送料無料)

    商品について詳しくはこちら

まとめ

オールインワンの選び方はお分かりいただけましたか?

自分の肌タイプや、スキンケアの目的、テクスチャーから、あなたにぴったりのオールインワンを見つけて、時短スキンケアを始めましょう!

いつものスキンケアに満足できていない人は、オールインワンを試してみませんか?