オールインワンのスキンケアってどうなのかな?と思っていませんか?「本当にひとつで大丈夫?」「保湿できないんじゃないの?」と心配する声もあるようですが、オールインワンにはオールインワンならではのメリットもあります。今回はオールインワンでスキンケアをするにあたって、特徴やメリット・デメリット、そして選び方について解説していきます。

オールインワンのスキンケアって実際どう?化粧水や美容液・乳液のライン使いとの違いを徹底解説

フェイシャルスキンケア

ひとつのアイテムだけでスキンケアをすませられるオールインワンですが、化粧水や乳液を使うスキンケアとどのような違いがあるのでしょうか?気になる保湿力やオールインワンの魅力について徹底解説します。

化粧水や美容液・乳液などを使う場合との保湿力の違い

スキンケアの基本となるのは保湿です。乾燥は肌荒れをまねきやすいばかりでなく、シミやシワの原因にもなってしまうので、どのような肌タイプの人でも、スキンケアは保湿力を重視したいところです。

一般的なスキンケアでは、化粧水で肌にうるおいを与えたあとに、水分の蒸発を防ぐために乳液やクリームを使います。また、さらなる保湿力が欲しいときは、保湿美容液をプラスすることで保湿力を高められます。

ところがオールインワンは、ほとんどが水分でできているため、油分で水分の蒸発を防ぐことは期待しにくいです。保湿機能においては、やや低めの傾向があるようです。乾燥が気になる人は、保湿に力を入れたオールインワンを選ぶか、保湿美容液をプラスするといいでしょう。

オールイワンひとつでも高保湿がかなう

オールインワンは、化粧水や乳液を使ったスキンケアと比べると、やや保湿力が低めのものが一般的です。

しかしすべてのオーウルインワンが保湿力が低い、というわけではありません。保湿成分を高配合し、複数の保湿成分を配合することで多角的な保湿ケアが可能になっているオールインワンもあります

 

乾燥やニキビ、乾燥小じわなどが気になる人は、保湿成分をチェックしてみましょう。代表的な保湿成分には次のようなものがあります。

  • セラミド
  • ヒアルロン酸
  • コラーゲン
  • エラスチン
  • グリセリン
  • スクワラン
  • アミノ酸

ひとくちに保湿成分といっても、水分を与えるもの水分が逃げないようにするもの水分を蓄えるものなどがあります。複数の保湿成分が配合されていれば、そのぶん多角的な保湿力が期待できることになります。

保湿+美白や保湿+シワ改善などのわがままスキンケアも可能

「オールインワンジェルは保湿機能しかない」と思っていませんか?

たしかに高い保湿力をアピールしたオールインワンもありますが、実は、厚生労働省に認められた美白有効成分やシワ改善成分が配合されたオールインワンもあることをご存じでしょうか?

シミが気になる人やニキビ跡の赤みを防ぎたい人は、美白有効成分が配合されている医薬部外品のオールインワンがおすすめ。手軽にさっと塗るだけなのに、シミを防いでくれて、さらに保湿効果も期待できます。スキンケアに妥協したくない人でも、これなら使ってみたくなりませんか?

また、乾燥小じわも女性にとっては気になるところですよね。シワ改善効果が認められた成分はいくつかありますが、オールインワンにも有効成分が配合されているものがあります。リンクルクリームをわざわざ塗らなくても、いちどにシワ改善ケアと保湿ケアがすませられるのは、オールインワンならではの魅力です。

【オールインワンのメリット】オールインワンを使うべき人はどんな人?お守りとして1つあると安心

オールインワンは使いかたしだいでさまざまなメリットが得られます。この魅力を知ると、使ってみたくなりますよ!

ゆっくりスキンケアをする時間がない人

オールインワンは、たったひとつで化粧水や乳液・クリームの役割をしてくれるアイテムです。化粧水を付けたらなじむまで待って、それから乳液を付けて、さらにクリームも……となると、けっこう時間がかかりませんか?

オールインワンなら、忙しい朝も、疲れている夜も、洗顔後やお風呂上りにつけたらスキンケアは完了。これなら仕事や家事・育児に忙しい人にも使いやすいですよね!

肌に摩擦刺激を与えたくない人

肌荒れしやすい人や、ニキビができやすい人は、もしかしたら摩擦が肌にダメージを与えているのかもしれません。

普段あまり意識していないかもしれませんが、洗顔をするときも、化粧水をつけるときも、乳液をつけるときも、何度も手のひらで肌に触れますよね。さらに日焼け止めに下地にファンデーションに……肌は思っている以上に重労働をしています。

スキンケアやベースメイクでコットンやスポンジを使っている人は、さらに摩擦刺激が多くなってしまうんですよ。

肌への摩擦刺激を抑えるには、スキンケアの工程を少なくするのが効果的。オールインワンを使うことは肌への思いやりにつながります。

スキンケアをしたらすぐにメイクをしたい人

朝は毎日忙しいですよね。洗顔して朝食を食べて出かける支度をして……。女性はこの合間にスキンケアとメイクがあるので、毎日が時間との戦い、という人も多いのではないでしょうか。

でも、スキンケア直後の濡れた肌に下地やファンデーションは禁物ヨレたりダマになったりして、仕上がりが美しくありません。

オールインワンジェルは油分が少ないものが多く、そのぶん角質層に浸透しやすくなっています朝のメイク前でもベタつきにくいので、メイクが手早くできます。

うっかりスキンケア化粧品を切らしてしまったことがある人

うっかり化粧水や乳液を切らしてしまったことはありませんか?「もうすぐなくなりそう」とわかっていても、ついお店に行きそびれたり、買うのを忘れたりして、空の容器を前に立ち尽くしてしまったこことがある人は、きっとあなただけではありません。

そんなとき、オールインワンがあれば、化粧水の代わりにも乳液の代わりにもなりますよ!もちろん、オールインワンだけでスキンケアを終わらせてもOK。

オールインワンはひとつ持っているだけでさまざまな場面で活躍してくれるアイテムなのです。

お小遣いがピンチでもスキンケアをちゃんとしたい人

化粧品代ってけっこうかさみませんか?化粧水や乳液・クリーム・美容液などをひとつひとつ買うとなると、プチプラでそろえても総額ではそれなりに大きくなります

オールインワンならひとつ買うだけで必要な化粧品がそろえられるので、スキンケアのコストを抑えられます。浮いたお小遣いを好きなことに使えますよ!

【オールインワンのデメリット】オールインワンは使わない方がいいと言われる理由を解説

保湿ケアする女性

オールインワンには多くのメリットがあります。しかしネットなどでは「使わない方がいい」といった否定的な意見を目にすることがあります。なぜ、オールインワンは「使わない方がいい」と言われてしまうのでしょうか?デメリットを探ってみました。

季節や肌の調子に応じた調整がしにくい

ひとつだけでスキンケアを完了させられるのはオールインワンの長所です。しかし、逆に考えると、応用しにくい、ということにもなります。

たとえば乾燥が気になる場合、「今日は化粧水をたっぷりつけて水分を補充しよう」ということはできても、オールインワンの場合、水分だけを増やすことはできないのです。

また、夏に皮脂によるテカリが気になる場合でも、「今日は乳液を少なめにしよう」ということはできますが、オールインワンは油分のみを減らすことはできません

オールインワンは水分や油分をバランスよく配合されていますが、個々の状況に応じた調整は苦手です。

ただし、オールインワンを使う前にプレ化粧水を使えば、うるおいを補給したり、オールインワンジェルを少なめに使ってテカリを防ぐことは可能です。普段はオールインワンだけでスキンケアをし、肌の調子によって化粧水や美容液をプラスする、という使い方もアリです。

角質層に浸透しにくいことがある

洗顔後最初に使う化粧水は、ほとんどが水でできているため、角質層に浸透しやすいという特長があります。乾燥した肌にたっぷりの化粧水をつけると、しっとりとして心地よさを感じている人も多いでしょう。

一方でオールインワンは、水溶性の成分が多いものの、粘度があるジェル状のものが多いです。水分と油分が混ざっているため、化粧水と比べると浸透するのが遅いと感じる人もいるようです。

 

このデメリットを解決するには、オールインワンの前にプレ化粧水を使うのがおすすめです。うるおいのある肌は乾燥した肌より水分を受け入れやすいので、化粧水であらかじめうるおいを与えておくことで、オールインワンの浸透を助けることができますよ。

なお、プレ化粧水には、特別な化粧水を用意する必要はありません。肌に合うものなら、プチプラでも大丈夫。今までオールインワンの浸透が遅いと感じていた人は、ぜひ化粧水を先に使ってみてくださいね。

保湿力が長続きしにくい

オールインワンを使った直後はしっとりとした保湿力を感じられても、時間とともに乾燥を感じてしまう、という声を聞くことがあります。

この原因として考えられるのは、オールインワンならではの油分の少なさ。油分には肌の水分の蒸発を防ぐ効果がある反面、水分の浸透を妨げてしまう働きがあります。そのため、オールインワンに配合される油分は、やや少なめのものが多いのです。

なかには高保湿タイプのオールインワンもありますが、もし使っているオールインワンの保湿力に物足りなさを感じたら、スキンケアの終わりに保湿クリームをプラスしてみましょう。保湿クリームはうるおいをしっかりと閉じ込めてくれるので、保湿効果が長く続きますよ。

オールインワンの選び方のポイントは?

オールインワンゲルにはたくさんの種類があるので、「どれを選んだらいいのかわからない」という人も多いのではないでしょうか?

選ぶときに基準にしたいのは、「テクスチャー」「機能性」「肌タイプ」の3つです。この3つのポイントを理解しておくと、自分に合ったオールインワンの選び方がわかってきますよ!

ジェル?クリーム?ローション?テクスチャーで選ぶ

テクスチャーは好みや使用感で選びます

オールインワンはジェルタイプのものが多いのですが、このほかにもローションタイプのものやクリームタイプのものもあります。

ローションタイプは化粧水のようにサッパリと使えるタイプです。ベタつきにくいので、皮脂で肌がベタつきやすい人や汗をかきやすい夏でも、心地よく使えます。

クリームタイプはこってりとしたテクスチャーが特徴。油分が多く含まれているので、肌の水分が蒸発しないようにうるおいの膜を作って乾燥を防いでくれます

ジェルタイプはローションタイプとクリームタイプの中間で、両者のいいとこどりといってもいいでしょう。適度に保湿力がありつつ、ベタつきにくいので、どんな人にも使いやすいタイプです。

冬はしっかり保湿してくれるクリームタイプ、夏はサッパリとしたローションタイプ、という使い分けをしてもいいですね。

美白、シワ改善、エイジングケア……どんなスキンケアをしたいかで選ぶ

肌の状態や肌悩みは人それぞれ違います。

  • シミを作りたくない
  • 目元の乾燥小じわが気になる
  • 最近、肌にハリがなくなってきた

このようなお悩みはとても多いものですが、オールインワンではそれぞれの肌悩みに向けたスキンケアができるものがたくさんあります。ポイントは有効成分が配合された医薬部外品を選ぶこと。

 

薬用美白有効成分には、次のようなものがあります。

  • メラニンの生成を抑える……アルブチン、プラセンタ、コウジ酸など
  • シミを薄くする……ビタミンC誘導体、ハイドロキノンなど
  • メラニンの排出を促す……4MSK、エナジーシグナルAMPなど

 

ハリ不足や乾燥小じわ対策ができる成分には、次のようなものがあります。

  • 肌にうるおいを与える……ヒアルロン酸、コラーゲン、プロテオグリカン、セラミドなど
  • シワを改善する……レチノール、ナイアシンアミド、ニールワンなど

 

今の肌の状態と向き合って、どんなスキンケアをしたいのかを考えると、自分の肌悩みに合うもの・合わないものが見えてきますよ。

乾燥肌?脂性肌?肌タイプにあわせて選ぶ

肌タイプは人によって大きく違います。「きれいにメイクしてもすぐに皮脂でテカってしまう」という人もいれば、「乾燥しやすくて粉を吹くのがはずかしい」という人もいます。前者は脂性肌、後者は乾燥肌の特徴ですが、必要なスキンケアはそれぞれに異なります

 

乾燥肌の人は、水分も皮脂も少ない状態です。乾燥しやすく、肌荒れしやすい傾向があるので、ヒアルロン酸、コラーゲン、スクワラン、セラミドなどの保湿成分でしっかり保湿しましょう。

 

混合肌の人は、顔の部分によってテカリやすいところとカサつくところがあります。乾燥する部分と皮脂が多い部分とで、高保湿タイプの化粧品とサッパリタイプの化粧品を使い分けるのがいいでしょう。

 

脂性肌の人は、水分も皮脂も多い状態です。乾燥はしにくいのですが、皮脂でベタつきやすく、ニキビができやすい人も多いです。皮脂分泌抑制効果があるライスパワーNo.6エキスなどで皮脂バランスを整えると、すこやかな肌をキープしやすくなります。

 

敏感肌の人は、刺激を敏感に感じやすく、化粧品によっては肌荒れをしてしまうこともあります。合わない成分は人によって違うので、初めての化粧品を使うときは、パッチテストで試してから使うのがおすすめです。

おすすめオールインワン化粧品3選

ニキビ跡を予防するためにやるべきこと

1位の「パーフェクトワン」は、保湿も美白も妥協したくない人におすすめの贅沢なオールインワンです。アルブチンとビタミンC誘導体のふたつの美白有効成分が配合されています。

2位の「カナデルプレミアムホワイト」はあのクレンジングバームDUOの姉妹ブランド。美白有効成分「ビタミンCエチル」でシミのもととなるメラニンの生成を抑えます

3位の「ビトアス」はまるで化粧水のようなサッパリと使えるリキッドタイプのオールインワンです。サントリーがエイジングケアのために開発した商品で、もっちりとしたハリ肌に導きます

  • カナデル プレミアホワイト

    根深いシミの根源にアプローチ

    シミ・そばかすを予防しながらしっかり保湿!

    アンチエイジング株式会社
    カナデル プレミアホワイト

    4,180円(税込)/58g(約1ヶ月分)
    →定期初回限定1,980円(税込/送料無料)

    商品について詳しくはこちら
  • ビトアス

    肌のハリを重視するならこれ

    【使用感満足度96%】独自技術で美容成分が3段階も浸透!ライン使いのようなハリを実感

    ビトアス(サントリーウエルネス)
    ビトアス

    9,350円(税込)/120ml(約60日分)
    →10日分トライアルセット1,320円(税込/送料無料)

    商品について詳しくはこちら

まとめ

オールインワンのメリット・デメリットはお分かりいただけましたか?

時短したい方や、コスパ重視の方は、自分の肌タイプに応じて、ぜひ一度オールインワンを使ってみてはいかがでしょうか?

お気に入りのオールワンを見つけて楽してキレイなスキンケアを始めましょう!