「毎日しっかり髪を洗っているのにフケが出る」
「なんだかいつも頭がかゆい」
そんな悩みを抱えていませんか?実はそんな頭皮の悩みには、化粧水を使った「頭皮の保湿ケア」が効果的なんです。頭皮を健やかに保つと髪も美しく育まれるから、ヘアパーツモデルの鈴木真奈さんも化粧水でスカルプケアを行っているそう。

でも、スキンケアに使っている化粧水を頭皮に使っていいのでしょうか?それに、頭皮に化粧水を塗るタイミングや使い方なども気になりますよね。

そこで今回は、そんな「化粧水を使った頭皮ケア」について、化粧水の付け方から頭皮ケアにおすすめの化粧水まで詳しく解説していきたいと思います。

頭皮に化粧水を使った方がいい人ってどんな人?頭皮も化粧水で保湿した方がいい理由を解説

頭皮に化粧水を使った方がいいのは、毎日髪を洗っているのに「フケやかゆみが気になる人」です。

顔の延長上にある頭皮は「肌の一部」なので、以下のような刺激で乾燥することがあります。

  • エアコンに当たりっぱなし
  • 紫外線に長時間さらされていた
  • ブリーチをした
  • ストレスが続いている

頭皮が乾燥すると、ターンオーバーが乱れて未熟な角質細胞まで剥がれ落ち、フケの原因に。また、乾燥が進むとかゆみも出てきます。化粧水は、そんな乾燥した頭皮にうるおいを与えることができるので、乾燥によるフケやかゆみをケアすることができるんです。

また、「頭のにおいが気になる人」にも頭皮の保湿ケアはおすすめです。

頭皮はもともと皮脂量が多く、Tゾーンの2倍の皮脂が分泌されていると言われています。しかし、頭皮が乾燥するとうるおいをキープしようとさらに皮脂が過剰に分泌され、毛穴に溜まります。すると、皮脂を餌として雑菌が繁殖してにおいを放ってしまうことに。

そんな頭皮を化粧水で保湿すると、乾燥が抑えられ皮脂量が減少します。においの元となる雑菌は皮脂が少なくなると餌が足りなくなるので、においも自然に減っていきます。

ONEcosme編集部員ONEcosme編集部員

化粧水は、様々な頭皮トラブルの原因になる「頭皮の乾燥」をケアできるアイテムなので、毎日しっかり髪を洗っているのに「フケ・かゆみ・におい」などが気になっている方は「化粧水を使った頭皮ケア」を取り入れてみるのがおすすめです。

ただし、頭皮トラブルには乾燥のほかにも様々な原因があるので、化粧水を使ったケアで治らない場合は皮膚科に相談するようにしてくださいね。

頭皮専用の化粧水ってあるの?顔用の化粧水を頭皮に使っても大丈夫?

これから「化粧水で頭皮の保湿ケアを始めてみたい」というときは、一体どんな化粧水を使えばいいのでしょうか?

化粧水には「頭皮用化粧水」という種類があります。頭皮用の化粧水は、育毛成分や炎症・雑菌を抑える成分が入っているものが多く、頭皮トラブルにアプローチしやすくなっています。

また、さっぱりした使用感で髪がベタつきにくいものも多く、使いやすいのが特徴です。部分的な頭皮トラブルに対応できるよう、ボトルが直接塗りやすい形だったりスプレータイプになっているものもあります。

「いきなり頭皮用の化粧水を購入するのはちょっと…」という方は、普段スキンケアに使っている顔用のものから始めてみてもOKです。頭皮は塗る範囲が広く顔用の高価な化粧水を使うのがもったいない場合は、ハトムギ化粧水や無印などのプチプラ化粧水から始めてみましょう。

ONEcosme編集部員ONEcosme編集部員
初めての頭皮ケアなら、プチプラや手持ちの化粧水で始めてみるのもおすすめです!ただ、とろみのある化粧水は髪がベタつく可能性があるので、さっぱりしたタイプの化粧水を選ぶようにしましょう。

頭皮の保湿ケアのタイミングはいつ?化粧水をつける正しいタイミングを解説!

化粧水を使った頭皮の保湿ケアは、頭皮が乾燥しやすい「お風呂上がり」がおすすめです。シャンプーで皮脂を取り去った頭皮は乾燥しやすい状態ですが、化粧水が馴染みやすい状態でもあります。そのため、お風呂から上がったら、タオルドライしてすぐに化粧水をつけましょう。

お風呂の後のスキンケアと一緒に頭皮の保湿ケアをすれば、毎日忘れずに続けやすくなります。

ONEcosme編集部員ONEcosme編集部員
頭皮の保湿ケアは毎日続けることで効果を実感しやすくなるので、1つの習慣として続けていきましょう。

【頭皮にどうやって塗るの?】頭皮保湿のための化粧水の使い方を解説!

頭皮は顔と違って髪が生えているので、どうやって化粧水を塗ればいいのか悩みますよね。そこで、次は頭皮ケアでの基本的な化粧水の使い方をご紹介します。

①タオルドライである程度水分を拭き取る

②化粧水を分け目の部分につけてなじませる

③髪で隠れている部分に化粧水をなじませる

④指の腹を使ってマッサージするようになじませる

⑤頭頂部までしっかり揉み込んだら、ドライヤーで乾かす

直接付けるタイプは、乾燥が気になる部分を中心に数カ所頭皮につけていきましょう。直接付けるタイプやスプレータイプも、頭皮につけた後マッサージしてもみ込むことで頭皮にしっかりと化粧水を馴染ませることができます。

頭皮におすすめの専用化粧水3選

頭皮用化粧水を選ぶポイントは、保湿成分です。どんな保湿成分が入っているのか、しっかりチェックして選びましょう。かゆみがあるときは炎症を抑える成分、においが気になる場合は雑菌を抑える成分が入っているものを選ぶのもおすすめです。

とはいえ、頭皮専用化粧水もさまざまな種類があるので、どれを選べばいいのか迷ってしまいますよね。そこで、編集部が数ある中からおすすめの頭皮専用化粧水を3つ厳選しました!専用化粧水でしっかり頭皮の保湿ケアをしたい方は、ぜひチェックしてみてくださいね。

キュレル頭皮保湿ローション

フケやかゆみ、カサつきを抑えて健やかな頭皮に導いてくれる頭皮用の保湿化粧水です。保湿成分「セラミド機能成分✳︎」と「ユーカリエキス」が、カサつきがちな頭皮に潤いを与えてくれます。

ダイレクトタッチノズルで気になるところに直接塗れるのも嬉しいポイント。ノンオイリー処方でベタつかず、さらっとした化粧水が優しく頭皮になじみます。

肌への優しさも追求し、弱酸性・無香料・無着色でアルコールフリー(エチルアルコール無添加)・メントール無配合。アレルギーテスト済み✳︎で、乾燥性敏感肌の方の協力によりパッチテスト✳︎で刺激性を確認しているため、敏感肌の方にもおすすめです。

✳セチルPGヒドロキシエチルパルミタミド
✳︎すべての方にアレルギーや皮膚刺激が起こらないというわけではありません。

リジュン

 

人気ヘアサロンのヘアスタイリストが監修した、頭皮と毛髪を健やかに保つミスト化粧水です。次世代のヘアケア成分として世界的に注目を集めている「リデンシル」と、ナノ化した72種類ものヘアケア成分が、頭皮環境を整えて健やかで美しい髪を育む環境づくりをしてくれます。

さらに、リジュンには栄養を運んで浸透させる力が強い「フルボ酸」を配合。頭皮のすみずみ✳︎まで豊富なヘアケア成分をしっかり届けてくれるから、年齢を重ね頭皮に栄養が届きにくくなった30代以上の方に特におすすめです。

✳︎角質層まで

セラミド化粧水 うるおい地肌

頭皮だけでなく、顔や耳の後ろなど乾燥が気になるところ全てに使えるオールマイティなミスト化粧水です。

5種類のヒト型セラミドが頭皮のバリア機能をサポートハリ・弾力をキープするのに欠かせないプロテオグリカン9種類のボタニカルエキスで頭皮に潤いを与え、乾燥によるフケ・痒みをケアしてくれます。

また、天然のオリゴ糖で頭皮の常在菌バランスをサポートしてくれるので、揺らぎにくい健やかな頭皮を目指すことができるのも注目したいポイント乾燥肌だけでなく敏感肌や脂漏性の方にもおすすめの化粧水です。

まとめ

フケ・かゆみ・においなどの頭皮トラブルは、乾燥が原因かもしれません。乾燥による頭皮トラブルは、化粧水での保湿ケアがおすすめです。

化粧水は普段使っている顔用のものでもOKですが、頭皮用の化粧水を使うのも良いでしょう。頭皮用の化粧水の中には、乾燥が気になる部分に直接塗れるボトルだったり、炎症や雑菌の繁殖を抑える効果があるものも。

あなたの頭皮トラブルにあった化粧水で、気になる頭皮の悩みをケアしましょう!