「しっかりスキンケアしているはずなのに、うるおいが足りない」
「毎日しっかり保湿したいけど、シートマスクを毎日使うのはもったいない…」
そんな悩みを抱えている方におすすめなのが、化粧水パックです。

化粧水パックはコスパ◎なのに、肌にうるおいをしっかり閉じ込めてくれる、スキンケアの心強い味方なんです。今回は、そんな化粧水パックのおすすめポイント効果的なやり方についてご紹介します!

【化粧水パックとは】どんな効果があるの?シートマスクとどっちがいいの?

化粧水パックとは、コットンに化粧水を染み込ませてパックとして使うスキンケア方法 です。

「顔に貼ってパックとして使う」という部分ではシートマスクと同じなので、「化粧水パックとシートマスク、どっちを使えばいいの?」と悩んでしまいますよね。

化粧水パックとシートマスクの違いは、どんな成分が多く含まれているかということです。

  多く含まれている成分 効果
シートマスク 美容成分 美白・エイジングケアなどにアプローチ
化粧水 保湿成分 乾燥・乾燥によるくすみや大人ニキビなどにアプローチ

シートマスクはたっぷりの美容成分を使って作られているので、美白やエイジングケアなどの肌悩みにアプローチすることができます。

これに対し、化粧水パックは保湿成分が中心となった化粧水を使っているので、肌の乾燥や乾燥によるくすみ・大人ニキビなどにアプローチすることができます。

そのため、美白やエイジングサインなどの肌悩みをケアしたいときは「シートマスク」乾燥が気になるときや保湿ケアを強化したいときは「化粧水パック」というように、そのときのお肌の状態に合わせて使い分けていきましょう。

コットンパックの効果

化粧水パックの1つとして、コットンに染み込ませてパックとして使う「コットンパック」があります。では、コットンパックにはどんな効果があるのでしょうか。

コットンパックをすると、コットンが化粧水を肌に閉じ込めてくれるので、角質層のすみずみまでじっくりと浸透させることができます。そのため、手でつけるよりも化粧水が肌に浸透しやすくなるんです。

コットンパックでしっかり保湿すると肌が柔らかくなり、次に使うスキンケア化粧品が肌に浸透しやすくなります。また、たっぷりの水分で角質細胞がふっくらするので、キメが整い透明感が生まれます。

さらに、肌にしっかりと水分が行き届くと過剰な皮脂分泌が抑えられるため、メイク崩れやテカリ、ニキビなどの予防にもつながります。

化粧水パックはどんな人におすすめ?敏感肌こそ使った方がいい理由

お肌にたっぷりのうるおいを与えてくれる化粧水パックは、乾燥が気になる人や乾燥によるくすみ・ニキビなどが気になる人におすすめです。

では、敏感肌の人は使っても大丈夫なのでしょうか?実は、化粧水パックは敏感肌の人にこそおすすめのスキンケア方法なんです。

新しく美容成分たっぷりのシートマスクを取り入れると、敏感肌さんは成分が合わなくて肌荒れを起こしてしまう可能性があります。しかし、化粧水パックはいつも使っている化粧水を使って保湿ケアできるから、新しくシートマスクを取り入れるよりも肌トラブルを起こしにくいんです。

ONEcosme編集部員ONEcosme編集部員
化粧水パックは、肌にうるおいを与えてバリア機能をサポートしてくれるので、バリア機能が乱れがちな乾燥肌さんや敏感肌さんにぴったり♪いつもの化粧水で、ぜひ化粧水パックにチャレンジしてみてくださいね。

【化粧水パックのやり方】コットンパックで簡単+α保湿する方法

コットンパックは、「コットンに化粧水を染み込ませパックするだけ」というとても簡単な手順で+α保湿ができるスキンケア方法です。

コットンパックをするときに用意するのは、「手持ちの化粧水」と「コットン」です。コットンは、厚みがあると化粧水を端まで浸透させにくいため、何枚かに裂くことができるタイプのものを使いましょう。

【コットンパックのやり方】

①化粧水を手でマッサージするように塗り、角質層を柔らかくほぐす

②コットンに化粧水を端までひたひたになるまで染み込ませる

③1枚のコットンを4枚にさく

④裂いたコットンのうち3枚を、両頬とおでこに貼る

⑤1枚をさらに2枚に裂き、鼻と顎に貼る

⑥乾いてきた部分に化粧水を足しながら、5分ほどおく

⑦余った化粧水は首やデコルテまで伸ばす

夜は、2枚のコットンを8枚に裂いて隙間が空いているところに貼り、細かいところまでしっかりパックするのがおすすめです。朝よりも長めに10分パックして、角質層をうるおいで満たしてあげましょう。

化粧水パックは、毎日のスキンケアに取り入れても大丈夫 。今回は顔全体に貼るやり方をご紹介しましたが、乾燥が気になる部分にだけ貼ってもOKなので、お肌の状態に合わせて調整してみてくださいね。

【NG】化粧水でコットンパックをする時にやってはいけない3つの注意点を解説

化粧水でコットンパックをするとき、やり方を間違えると効果が半減したり逆効果になってしまうことも。ときどき「化粧水パックは意味ない」と言われるのは、こういったことが原因かもしれません。

そこで、次はコットンパックをするときにやってはいけない3つのポイントをご紹介します。3つのNGポイントをしっかりチェックして、正しいやり方でコットンパックを取り入れてみてくださいね。

コットンパックは長時間は避ける

「乾燥が特に気になるから、今日はいつもよりしっかり保湿したい」
そんなときは、ついつい長時間コットンパックをしてしまいがちですよね。でも、長時間コットンパックを貼り続けるのはNGなんです。

コットンパックを長時間続けていると、コットンの化粧水が蒸発します。すると、水分は乾いた方に移動するため、肌の水分がコットンの方に移って乾燥してしまうんです。

コットンパックを貼るのは5分程度がおすすめです。パックしている間にコットンが乾いてきたら、その部分に化粧水を追加することでうるおいを補ってあげましょう。

化粧水をケチる

コットンパックをするときは、コットンの裏側がひたひたになるくらいまで化粧水を染み込ませることが大切です。コットンが乾いていると、肌の水分がコットンに移って肌が乾燥してしまいます。

そのため、高価な化粧水を使っていてもったいないと感じても、化粧水の使用量をケチるのはNG。コットンパック用にプチプラ化粧水を用意してもOKなので、必ずコットンの四隅までしっかり化粧水を染み込ませましょう。

化粧水パックで終わらせる

市販のものでニキビ痕を消したいなら薬用のビタミンC誘導体配合美容液がおすすめ

コットンパックでしっかり保湿したからと、それでスキンケアを終わらせるのはNGです。スキンケアの最後に油分で蓋をしないと、せっかく補給した水分が蒸発して逃げて行ってしまいます。

化粧水パックの役割はお肌に水分を補給すること。油分を補うことはできないので、化粧水パックした後は必ず乳液やクリームでしっかり蓋をしてあげましょう。

【20代~50代まで】年代別おすすめ化粧水3選

肌のうるおいとバリア機能の要となる保湿成分・セラミドは、年齢を重ねるごとに減少していきます。そのため、化粧水も年齢に合わせてアップデートしていく必要があるんです。

そこで、ここからは現在販売されているたくさんの化粧水の中から、編集部が年代別に厳選した化粧水ランキングBEST3をご紹介します!さらりとしたテクスチャーの化粧水は化粧水パックにも使いやすいので、ぜひ参考にしてみてくださいね。

【20代におすすめ】保湿力バッチリ!保湿力バッチリ!ニキビや毛穴悩みも解決してくれる人気化粧水BEST3

  • アクネVCローションⅠ

    美白効果も期待できる化粧水

    ニキビ・くすみ・毛穴をトータルケアできる化粧水

    ETVOS
    アクネVCローションⅠ

    4,180円(税込)/ 150mL(約60日分)
    →14日分トライアルセット1,900円(税抜/送料無料)

    商品について詳しくはこちら
  • 米肌 肌潤化粧水

    毛穴目立ちが気になるならこれ!

    ライスパワーで肌のうるおい力を高めてくれるKOSEの保湿化粧水

    KOSE
    米肌 肌潤化粧水

    5,500円(税込)/120ml(約60日分)
    →WEB限定14日分トライアルセット 1,527円(税込/送料無料)

    商品について詳しくはこちら
  • dプログラム モイストケア ローション

    時々敏感なゆらぎ肌人気No.1

    低刺激なのにしっとり!敏感肌でも大満足の潤い

    資生堂
    dプログラム モイストケア ローション

    3,740円(税込)/125ml(約60日分)
    7日分トライアルセット1,100円(税込/送料無料)

    商品について詳しくはこちら

【30代におすすめ】30代から始める早めのエイジングケアまでできる化粧水BEST3を発表

  • オルビスユー ローション

    販売個数869万個で話題沸騰

    30代から始める早めのエイジングケアもできる保湿化粧水

    オルビス
    オルビスユーローション

    2,970円(税込)/180ml(約90日分)
    →WEB限定7日分トライアル980円(税込/送料無料)

    商品について詳しくはこちら
  • エンリッチプラス 化粧液 II しっとり

    弾力のある肌に導く化粧水

    2つのコラーゲンケアでうるおい溢れるハリ肌へ

    FANCL
    エンリッチプラス 化粧液 II しっとり

    1,870円(税込)/30ml(約30日分)
    →1ヵ月集中セット 【美容液・酵素洗顔付き】初回限定価格1,800円(税込)

    商品について詳しくはこちら
  • アルティモイストローション

    敏感肌を見つめて生まれた化粧水

    たっぷりのうるおいを抱え込んで、キメ細かくうるおいに満ちた肌へ

    ETVOS
    アルティモイストローション

    4,180円(税込)/120ml(約30日分)
    アルティモイストラインの化粧水・美容液に、人気のクリーム、洗顔セットがついて初回限定お試し価格2,420円(税込)

    商品について詳しくはこちら

【40代におすすめ】保湿はもちろん小ジワや口元のシワケアまでできる化粧水BEST3を発表

  • アヤナス ローション コンセントレート

    歳を重ねるのが楽しくなる♪

    高保湿と安全性の実現は敏感肌専門ブランドの努力の結晶

    ディセンシア
    アヤナス ローション コンセントレート

    5,500円(税込)/125ml(約45日分)
    →WEB限定10日分トライアルセット980円(税込/送料無料)

    商品について詳しくはこちら
  • 米肌 肌潤美白化粧水

    シミや乾燥によるくすみにはこれ

    美白×保湿でWのケアができる医薬部外品の人気化粧水

    KOSE
    米肌 肌潤美白化粧水

    6,050円(税込)/120mL(約45日分)
    WEB限定14日間トライアルセット1,630円(税込/送料無料)

    商品について詳しくはこちら
  • リフトモイスト ローション T (医薬部外品)

    コスパよく輝く「つや玉」ケア

    資生堂のコラーゲンサイエンスに支えられた人気化粧水

    エリクシール シュペリエル(資生堂)
    リフトモイスト ローションT

    3,300円(税込)/170mL(約60日分)
    WEB限定7日間トライアルセット980円(税込/送料無料)

    商品について詳しくはこちら

【50代におすすめ】シミ・しわ・たるみケア!年齢肌対策できる高保湿化粧水BEST3を発表

  • ドレスリフトローション

    コスパよくハリアップするなら!

    価格も効果も納得!弾力のある肌に導く

    アテニア
    ドレスリフトローション

    3,625円(税込)/150ml(約90日分)
    →14日分トライアルセット1,527円(税込/送料無料)

    商品について詳しくはこちら
  • オルビス ユードット

    年齢肌と美白を同時にケア

    オルビス最高峰ラインが美白とエイジングケアを同時に叶える

    ORBIS
    オルビスユードット ローション

    3,630円(税込)/180ml(約90日分)
    WEB限定7日分トライアル1,200円(税込/送料無料)

    商品について詳しくはこちら
  • ドモホルンリンクル 保湿液

    年齢肌へ多角的にアプローチ

    保湿力に優れたコラーゲンとヒアルロン酸が深いうるおいを届ける

    ドモホルンリンクル
    保湿液

    5,500円(税込)/120ml(約60日分)
    →無料お試しセット3日分

    商品について詳しくはこちら

まとめ

化粧水パックは、お肌の乾燥が気になる方や敏感肌の方におすすめのスキンケア方法です。

いつも使っている化粧水を使ってパックすることができるから肌トラブルも起きにくくシートマスクよりも費用を抑えられるので、+αの保湿として毎日のスキンケアに取り入れるのにぴったり。

使い方を間違えると効果が半減することもあるので、今回の記事を参考に正しいやり方で化粧水パックにチャレンジしてみてくださいね。