『ファンデーションってなんで塗るの?』

『下地との違いが分からない…』

メイク初心者が初めてぶち当たる壁が、ファンデーション。ファンデーションとは何?どんな種類があって、どう選べばいいの?と悩んでしまいますよね。

ここでは、ファンデーションの役割や種類、選び方のポイントを分かりやすく解説!あなたにぴったりのファンデーションが見つかります。ベースメイクで肌をキレイに見せたい人は、ぜひ参考にしてみてくださいね!

【ファンデーションとは】下地やパウダーとの違いは何?ベースメイクにおけるファンデーションの役割を解説

「マスク映えするメイクがしたい!」という時には、ファンデーションの出番です。まずは、ファンデーションの役割や使う手順など、ベースメイクの基本を押さえておきましょう。

ファンデーションの役割(下地などとの違い)

ベースメイクには、「ファンデーション」の他に「下地」や「パウダー」、「コンシーラー」などがあり、それぞれ違う役割を持っています。

ファンデーションの役割

肌に近い色で顔全体を覆うことで、肌の色ムラを均一にして美しく見せる化粧品です。シミやそばかすなどの気になる肌トラブルをメイクアップ効果でカバーすることができます。

ツヤや透明感をプラスすることも可能!

下地の役割

肌に色を付けるものではなく、肌の凸凹を平らに整えて毛穴を目立たなくする役割があります。使うとファンデーションが密着しやすくなり、ベースメイクの仕上がりが良くなるだけでなく化粧崩れを抑えることもできます。

ひと手間で垢抜け顔に近づけるアイテム!

パウダーの役割

フェイスパウダー」や「フィニッシングパウダー」と呼ばれるメイクアイテムです。さらさらとしたパウダーを顔全体にはたくことで、ファンデーションの密着性を高めます

マスク生活での化粧崩れ防止にバズり中!

コンシーラーの役割

シミやクマなど、顔の気になる部分を隠すために使うアイテムです。カバー力が高いので、ポイント使いすることで顔のコンプレックスを一瞬で消すことができます。

ファンデーションでカバーしきれない肌悩みの、お助けコスメです!

ベースメイクの手順

ブラシ

なりたい肌を叶られるベースメイクですが、使う順番を間違えると美肌から遠ざかってしまいます。正しく使うために、基本のステップを押さえておきましょう!

ベースメイクの使う順番は、ファンデーションの種類によって違います。

【リキッド/クッション/クリームファンデーションの場合】

  1. 化粧下地
  2. ファンデーション
  3. コンシーラー
  4. パウダー

【パウダーファンデーションの場合】

  1. 化粧下地
  2. コンシーラー
  3. ファンデーション

コンシーラーを後に塗ってしまうと粉状のファンデーションはヨレてしまうので、パウダーファンデーションの場合のみファンデーションの前にコンシーラーを塗ります。

ただ、下地⇒ファンデーション⇒パウダーの基本の順番は変わらないので、覚えておきましょう!

ONE cosme編集部Voice
基本的にはファンデーションの後にコンシーラーを塗るのが正解。
液状⇒粉状の順番で塗ることで、浮くことなくベースメイクを仕上げることができますよ♪

ファンデーションって何種類あるの?それぞれの特徴やメリットデメリットを解説

ファンデ―ションといっても、種類はたくさん。ここからは、4つのファンデーションタイプの特徴や、メリット・デメリットについて解説していきます。

リキッドファンデーションの特徴とメリット・デメリット

水分も油分も多く、カバー力が高い液状のファンデーションです。

みずみずしい仕上がりで、透明感のあるツヤ肌が叶えられます。伸びが厚塗りにならずに使えるのが魅力。重ね塗りすることでシミや毛穴まで隠せる、カバー力の高さが優秀です。

カバー力がある一方ヨレやすく、化粧崩れやテカりが起こりやすい特徴も。リキッドファンデーションを使うなら、化粧下地やパウダーを併用してヨレを防ぐのがおすすめです。

パウダーファンデーションの特徴とメリット・デメリット

パウダータイプのファンデーションです。パウダーが固められたものと、粉状のルースタイプ(ミネラルファンデ)があります。

水分が少ないので、艶のないマットなテクスチャーに仕上がるのが特徴。ナチュラルでさらりとした肌を演出してくれます。落ち着いた印象でナチュラルメイクを叶えたい方にぴったりのタイプです。

パウダータイプは持ち運びに便利でべたつきにくいのですが、乾燥しやすいので乾燥肌には注意が必要です。

クリームファンデーションの特徴とメリット・デメリット

リキッドファンデーションよりも油分が多く、保湿力が高いファンデーションです。

カバー力の高さとしっとりとした仕上がりが人気。肌が乾燥していても伸ばしやすく、シミやくすみもしっかりとカバーしてくれます。

ただ、カバー力が高い分クレンジングもしっかり行う必要があります。クレンジングによる肌への負担が大きいのが、クリームファンデーションのデメリットのひとつ。敏感肌やニキビができやすい方には向いていません。

クッションファンデーションの特徴とメリット・デメリット

韓国発の人気コスメで、液状のファンデーションをパフに染み込ませたアイテムです。

付属のパフをポンポンと肌に乗せるだけという手軽さで、簡単にトレンドのツヤ肌に仕上げることができます。下地や日焼け止めの役割を持ったものがほとんどなので、時短メイクにも活躍

ただ、カバー力はそれほど高くないのが残念なポイントです。肌の気になる部分をしっかり隠したい方は、避けた方が良いでしょう。

【ヨレないファンデの塗り方】ベースメイクを綺麗に仕上げるためのコツを解説

ファンデーションの種類が分かったところで、次はファンデの塗り方をチェックしておきましょう!ちょっとしたコツでがらりと印象が変わるベースメイクの基本テクニックを紹介します。

スキンケアを丁寧にする

ファンデーションの悩みとして一番大きいのは、「ヨレ」や「浮き」。ファンデーションがヨレたり浮いたりしないためには、スキンケアを丁寧にすることが大切です。

乾燥した肌にはファンデーションが乗りにくいので、日頃からしっとりと保湿された肌をキープしておくことが重要!保湿力の高い化粧水や乳液などで毎日保湿ケアをしておくことで、ファンデーションのノリの良さがぐっと上がります。

毎日朝晩のスキンケアは、欠かさずに行うようにしましょう。

スポンジやブラシを使えば均一に塗れる

ファンデ―ションがうまく乗らないと悩んではいませんか?ファンデーションは、指やパフで塗るよりもスポンジやブラシを使う方がムラなくキレイな仕上がりが叶えられます。

角の付いた「メイクスポンジ」は、小鼻のキワなどの細かい部分にもキレイに塗れるアイテム。スポンジにファンデーションを取り、顔の中心から薄く伸ばして使います。

毛の密度が高い「ファンデーションブラシ」は、シワに入り込まずに均一に塗れるアイテムです。ブラシにファンデーションを付けたら、頬を中心にクルクルと回して広げるように使います。

編集部コメント
同じファンデーションでもここまで変わる!?というくらい仕上がりに差が出るので、「メイクスポンジ」や「ファンデーションブラシ」を使ったことがない方は試してみましょう。メイク持ちも良くなりますよ♪

厚塗りをしない

肌をキレイに見せようと、ついファンデを塗り過ぎていませんか?ファンデの厚塗りは、オバ見えの大きな原因に。最近のファンデは伸びがよく、カバー力も高いので少量でも十分効果を発揮します。

特にヨレやすい目元口元には、薄めに塗ることを意識するのが大切。リキッドやクリームファンデなら米粒程度、パウダーやクッションファンデならパフの半分くらいが目安です。頬を中心に薄く伸ばして使いましょう。

自分にあったファンデーションを見つける方法は?選び方のポイントを徹底解説

ちょっとしたコツを押さえることで、簡単にキレイに見せられるファンデーション。自分に合ったファンデーションを選ぶために、選び方のポイントを解説します。ポイントを押さえて、自分にぴったりのファンデーションを見つけましょう!

肌タイプで選ぶ(乾燥・脂性肌・敏感肌・混合肌)

自分の肌質に合ったファンデーションを使うと、肌がキレイに見えます。

肌タイプ 特徴

おすすめの

ファンデの種類

乾燥肌 肌がカサカサしている
  • リキッド
  • クリーム
  • クッション
脂性肌 肌がテカりやすい パウダー
敏感肌 新しい化粧品でかぶれてしまう パウダー(ミネラル)
混合肌 顔にカサカサしている所とべたつく所がある
  • クッション
  • リキッド
  • パウダー

カサつきがちな乾燥肌の方には、しっとりタイプのリキッドやクリーム、クッションファンデがおすすめ。テカりやすい脂性肌の方には、油分の少ないパウダーファンデがおすすめです。

かぶれやすい敏感肌の方には、100%天然由来成分のミネラルファンデがぴったり。混合肌の方には、クッションやリキッドなどを乾燥した部分に、パウダーをべたつく部分に併用するのがおすすめです。

仕上がりで選ぶ(マット・セミマット・ツヤ肌)

ファンデーションを使って、どんな仕上がりになりたいかによって選ぶこともできます。

ファンデの種類 仕上がり
リキッド ツヤ肌
パウダー マット
クリーム セミマット
クッション

ツヤ肌

みずみずしいツヤ肌になりたいなら、リキッドファンデーションがおすすめ。トレンド感のある今っぽいツヤ肌なら、クッションファンデーションがおすすめです。

ふんわりとナチュラルなマット肌が好みなら、パウダーファンデーションが良いでしょう。

大人っぽいセミマット肌で少しツヤのある肌を目指すなら、クリームファンデーションを使ってみてください。

年代(20代-50代)

年代別のおすすめも、チェックしてみましょう!

年代

おすすめの

ファンデの種類

20代

パウダー

リキッド

30代

リキッド

パウダー(ミネラル)

クッション

40代

リキッド

クッション

50代 クリーム

年を重ねるごとに、肌は乾燥しやすくなってきます。保湿力の高い20代では、パウダーファンデーションなどで十分な方も多いでしょう。

今までパウダータイプを使っていた方でも30代になると乾燥しやすくなってくるので、リキッドタイプに切り替えるのがおすすめ。敏感肌の方はミネラルファンデで肌をいたわってあげるのもおすすめです。また、子育てなどで忙しくなってくる30代は、手軽に使えるクッションファンデに挑戦してみるのも良いでしょう。

40代になると保湿力が低下し、乾燥しがちになってきます。そのため、パウダーファンデーションではカサついてしまう方が増えてきます。リキッドやクッションファンデーションなど、しっとりとしたものを選びましょう。

50代の肌には、しっかりとしたカバー力と保湿力が必要。クリームタイプのファンデーションなら、気になるたるみやシミなどをカバーしやすいですよ。

編集部コメント
年齢別の選び方はあくまで目安。おすすめの年代に関わらず、使いたいファンデーションがあったらどんどん試して自分に合ったもので理想の仕上がりを完成させましょう!

【種類別】おすすめファンデーション3選

それでは、種類別のおすすめのファンデーションを紹介します!上記の選び方をふまえて、お気に入りを見つけてくださいね。

リキッドファンデーションおすすめBEST3を発表

  • 薬用クリアエステヴェール

    エイジングケア世代の味方!

    メイクしながらエイジングケアにもなる神ファンデ®!美容液成分がうるおいを逃さずツヤ感再現

    マキアレイベル
    薬用クリアエステヴェール

    4,294円(税込)/25ml(約3~4ヶ月分)
    →初回限定2か月分トライアル 1,980円(税込/送料無料)

    商品について詳しくはこちら
  • lujo クリアアップファンデーション

    年齢肌が気になるならコレ

    ヒト幹細胞培養液を配合したエイジングケア効果もあるリキッドファンデ

    エイチームライフスタイル
    lujo クリアアップファデーション

    9,790円(税込)/20g
    →定期便初回限定3,278円(税込/送料無料)

    商品について詳しくはこちら
  • 美容液ミネラルリキッドファンデーション

    9つのフリーで敏感肌におすすめ

    91%の美容液成分で美しい素肌感を演出!みずみずしいツヤ肌に

    株式会社Oz link&STYLE/ヴァントルテ
    美容液ミネラルリキッドファンデーション

    3,850円(税込)/35g
    →定期便で3,465円(税込)・送料無料

    商品について詳しくはこちら

パウダーファンデーションおすすめBEST3を発表

  • マットスムースミネラルファンデーション

    敏感肌の方におすすめ

    天然鉱物が肌にやさしく崩れにくさも実現!マスク荒れが気になる方に大人気

    ETVOS
    マットスムースミネラルファンデーション

    3,300円(税込)/4g(約1.5~2.5ヶ月分)
    →初回限定14日トライアル2,420円(税込/送料無料)

    商品について詳しくはこちら
  • dプログラム 薬用 スキンケアファンデーション(パウダリー)

    日本初2つの有効成分配合

    ニキビや肌荒れを防いでなめらかな美肌を実現するパウダーファンデーション

    資生堂dプログラム
    スキンケアファンデーション(パウダリー)

    3,050円(税込)/10.5g

    商品について詳しくはこちら
  • オンリーミネラル 薬用ホワイトニングファンデーション

    美白ケアもできる多機能コスメ

    美白ケアまでできるオールインワンミネラルパウダーファンデ

    ヤーマン
    オンリーミネラル 薬用ホワイトニングファンデーション

    2,750円(税込)/2.5g
    →トライアルセットが58%オフの2,090円(税込/送料無料)

    商品について詳しくはこちら

クリームファンデーションおすすめBEST3を発表

  • ディエム クルール カラーブレンドグローファンデーション

    ツヤ×透明感の陶器肌に導く

    SNSで話題のファンデ!あらゆる肌悩みも自然なカバーで透明素肌を演出。

    POLA
    ディエム クルール カラーブレンドグローファンデーション

    5,830円(税込) / 8g

    商品について詳しくはこちら
  • lujo クリアアップファンデーション

    年齢肌が気になるならコレ

    ヒト幹細胞培養液を配合したエイジングケア効果もあるリキッドファンデ

    エイチームライフスタイル
    lujo クリアアップファデーション

    9,790円(税込)/20g
    →定期便初回限定3,278円(税込/送料無料)

    商品について詳しくはこちら
  • RMK リクイドファンデーション

    新生RMKの世界観を表現

    つけていることを感じさせない軽やかなつけ心地のリクイドファンデーション

    RMK
    リクイドファンデーション
    30mL
    4,950円(税込)

    商品について詳しくはこちら

クッションファンデーションおすすめBEST3を発表

  • ボタニックサイエンス 薬用美容液クッションコンパクト

    美白ケアしながら透明肌に導く

    明るく透明感のある肌へ仕上げる&美白美容液の効果もあるHAKUの薬用クッションファンデ

    HAKU(資生堂)
    ボタニックサイエンス薬用美容液クッションコンパクト

    3,520円(税込)/12g(レフィル)
    ※専用ケース別売り1,100円(税込)

    商品について詳しくはこちら
  • フローレス ルミエール ラディアンス パーフェクティング クッション

    まるで素肌のような生っぼいツヤ

    活きたツヤと血色感を両立するファンデーション

    資生堂 ローラ メルシエ
    フローレス ルミエール ラディアンス パーフェクティング クッション

    6,600円(税込)/15g
    →コンパクトに刻印のサービスあり

    商品について詳しくはこちら
  • WATTLEクッションファンデ

    保湿力の高さでNo.1

    美容液成分89.5%配合でつけている間中うるおう美容液ファンデ

    WATTLEクッションファンデーション

    6,578円(税込)/13g
    美肌便で初回限定半額の3,278円(税込)

    商品について詳しくはこちら

まとめ

ファンデーションは、選び方次第ですぐに憧れの垢抜け顔が作れる優秀アイテム。初めてのものを使うのは勇気がいりますが、理想の仕上がりを叶えるためには、自分に合った種類を見つけることが大切です。肌質、仕上がり、年代を考慮しながら、ぴったりのファンデーションを探しましょう。

各種類ごとにメリットやデメリットがありますが、コツを覚えて実践することで手軽にキレイな肌が叶えられます。使ったことがないファンデーションがあったら、どんどん試してみるのがおすすめ。自分に合ったファンデーションで、理想の肌に変身してみましょう!

 

参考記事:

化粧下地とファンデーションの違いは?役割や組み合わせを解説

https://raxy.rakuten.co.jp/beautytopics/articles/2022/article178/

https://my-best.com/3808

https://www.cosme.net/matome/I0010195

https://precious.jp/articles/-/8462