ファンデーションにはパウダー・リキッド・クリーム・クッションなどたくさんの種類があって「一体どれを選んだらいいの?」と迷ってしまいますよね。

自分にに合うファンデーションを選ぶには、ファンデーションそれぞれの特徴や違いを知ることが一番の近道です。

そこで今回は、定番のファンデーション5種類の特徴と違いを詳しく解説していきます!さらに、初心者向けに失敗しないファンデーションの選び方についてもご紹介しますので、ファンデーション選びに迷っている方はぜひチェックしてみてくださいね。

そもそもファンデーションって?下地やパウダーとの違いやベースメイクにおけるファンデーションの役割を解説

ファンデーションは、美しさの土台を築く「ベースメイク」に欠かせないアイテムです。そんなファンデーションには、どんな役割があるのでしょうか。また、下地やパウダーとはどんな違いがあるのでしょうか。詳しく見ていきましょう!

ファンデーションの役割

ファンデーションの役割は、肌の凹凸や色ムラをカバーしフラットで美しい肌を演出することです。さらに、肌の質感や明るさを調整しなりたい肌に近づけてくれます。

では、ファンデーションと化粧下地・フェイスパウダーは何が違うのでしょうか。

化粧下地の役割は、ファンデーションと地肌を繋ぐことです。化粧下地は素肌にファンデーションを密着させることで、毛穴落ちや化粧崩れを防いでくれます。また、ファンデーションの伸びをよくする働きもあるので、厚塗りや塗りムラなどを防ぐこともできます。

フェイスパウダーは、ベースメイクの仕上げとして使うアイテムです。色はほんのりとついているくらいでカバー力が低いものが一般的ですが、テカリやベタつきを抑えて化粧崩れを防いだり、ツヤ感やマット感をプラスして肌質をコントロールすることができます。

ONEcosme編集部員ONEcosme編集部員
ファンデーションは肌を均一にに見せてくれるもので、化粧下地はファンデーションと肌の密着をアップしてくれるもの、フェイスパウダーはテカリや化粧崩れを抑える仕上げのアイテムと覚えておきましょう♪

ベースメイクの手順

ファンデーションの役割がわかったところで、ベースメイクの手順についても見ていきましょう。

【基本的なベースメイクの手順】

  1. 化粧下地を顔全体に伸ばす
  2. コンシーラーでシミやニキビ跡など、気になる部分をカバー
  3. ファンデーションで肌全体の凹凸や色ムラをカバー
  4. フェイスパウダーで化粧崩れを防止

メイク初心者さんは、ファンデーションの中でも一番使いやすいパウダーファンデーションを使ってこの手順でメイクすると、失敗を防ぎやすくなります。

リキッドタイプやクッションタイプ、クリームタイプのファンデーションを使うときは、2と3の手順が逆になるので注意しましょう。

ファンデーションって何種類あるの?それぞれの特徴やメリットデメリットを解説

ファンデーションは、パウダー・リキッド・クリーム・クッション・ミネラルの5種類に大きく分けることができます。それでは、この5種類それぞれにどんな特徴やメリット・デメリットがあるのか、詳しく見ていきましょう。

リキッドファンデーションの特徴とメリット・デメリット

ミネラルリキッドファンデーション ヴァントルテの商品画像

リキッドファンデーションは、水分と油分がバランスよく配合されたファンデーションで、うるおいあふれるツヤ肌に仕上げることができます。肌にしっかり密着するからカバー力が高く、メイク崩れを起こしにくいのが嬉しいポイント。保湿力が高くみずみずしいので乾燥肌の方に特におすすめです。

脂性肌や混合肌など皮脂が多い方はテカリやすくなることもあるので、オイルコントロール機能がついているものを選ぶようにしましょう。

【リキッドファンデーションのメリット】

  • 肌悩みをしっかりカバーできる
  • 肌にツヤ感をプラスすることができる
  • 保湿力が高い
  • 乾燥肌でも粉吹きを気にせず使える
  • メイク崩れしにくい

【リキッドファンデーションのデメリット】

  • 脂性肌の方はテカリやすくなることも
  • ヨレやすい
  • 持ち運びしにくい
  • 手が汚れる
  • メイク直しに向かない

パウダーファンデーションの特徴とメリット・デメリット

パウダーファンデーションはさらっと軽い質感が肌に心地よく、パフで伸ばすだけで均一に肌にのせることができるので、初心者さんでも使いやすいのが特徴です。

パウダーファンデーションには、ファンデーションの粉を固めた「プレストタイプ」固めずに粉のまま容器に詰め込んだ「ルースタイプ」の2種類があります。プレストタイプはしっかりと肌にのるのでマット寄りの落ち着いた仕上がりに。ルースタイプはふんわりと肌にのせることができるので、ナチュラルな仕上がりになります。

また、プレストタイプは持ち運びしやすくメイク直しにもぴったり。リキッドに比べるとうるおいは少なく乾燥しやすいですが、最近はオイルや植物エキスなどの保湿成分配合のものも増えているため、乾燥肌の方でも使いやすくなっています。

【パウダーファンデーションのメリット】

  • メイク初心者の方でも使いやすい
  • 均一に塗りやすい
  • 持ち運びやすい
  • メイク直ししやすい
  • 短い時間でメイクできる
  • 手が汚れない

【パウダーファンデーションのデメリット】

  • どちらかというと乾燥しやすい
  • つけすぎると厚塗り感が出やすい
  • 崩れやすい
  • カバー力は控えめ
  • ツヤ肌メイクには向いていない

クリームファンデーションの特徴とメリット・デメリット

クリームファンデーションは、その名のとおりクリームのようなテクスチャーのファンデーションです。油分量が多く肌にしっかり密着して、色ムラやシミ・ニキビ跡などの肌悩みをしっかりカバーしてくれます。

保湿力が高くしっとりと肌を包んでくれるから、乾燥しがちな肌でも粉吹きの心配なく使うことができます。仕上がりは落ち着いた雰囲気のフォーマル肌。厚塗りや塗りムラに注意して丁寧に塗ればきちんとした印象を長時間キープしてくれるから、オフィスメイクにもぴったりです。

油分が多く密着力が高いので、ニキビが気になる方や肌への負担を減らしたい敏感肌の方は注意が必要です。

【クリームファンデーションのメリット】

  • 肌悩みをしっかりカバーできる
  • 保湿力が高い
  • きちんとした印象になる
  • ツヤ肌を作ることができる

【クリームファンデーションのデメリット】

  • 油分が多いのでニキビがある方は注意
  • 厚塗り感が出やすい
  • 白浮きに注意
  • 脂性肌や混合肌の方はテカリやすくなることも
ONEcosme編集部員ONEcosme編集部員
テカリが気になる場合は、皮脂が多いTゾーンだけパウダーを使うのもおすすめです。

クッションファンデーションの特徴とメリット・デメリット

クッションファンデーション WATTLE gratefulの商品画像

クッションファンデーションは、水分多めの液状ファンデーションをケースの中のスポンジに染み込ませ、パウダーファンデーションのように持ち歩けるようにしたものです。

カバー力は高めで美容成分を豊富に含んだものが多く、うるおいあふれるツヤ肌に仕上げてくれます。化粧下地・コンシーラ・UV効果などの役割をもった多機能型も多いので、短い時間でメイクしたいときにもおすすめです。

ケース内のクッションはいつもファンデーションで濡れていて、そこにパフを押し付けて使うので雑菌が繁殖しやすいのが注意したいポイントパフをしっかり洗って乾燥させ清潔な状態を保つことが大切です。

【クッションファンデーションのメリット】

  • 短い時間でメイクできる
  • 手を汚さずにリキッド状のファンデーションを塗ることができる
  • リキッド状のファンデーションを持ち歩ける
  • ツヤ感を出しやすい
  • 保湿力が高い

【クッションファンデーションのデメリット】

  • クッションの部分に雑菌が繁殖しやすい
  • 脂性肌や混合肌の方はテカリ・皮脂崩れが起こりやすくなることも
  • 減りが早い

ミネラルファンデーションの特徴とメリット・デメリット

ミネラルファンデーションの「ミネラル」は天然の鉱物のことを指します。酸化鉄(マイカ)や酸化亜鉛、酸化チタンなどの天然鉱物を主な原料として使用して作ったのが、ミネラルファンデーションなんです。

「ミネラルファンデーションにはこの成分を使ってはいけない」といった規定は特にありませんが、合成界面活性剤・シリコン・タール系色素・合成防腐剤などの成分を含まないものが多く、5種類のファンデーションの中で最も肌に優しいファンデーションです。

仕上がりは素肌っぽいナチュラル肌になります。肌に密着させるシリコンなどの成分が入っていないのでカバー力は低めですが、肌への圧迫感や負担も少なく石鹸で落とせるものも多いので、敏感肌の方やニキビが気になる方も使いやすくなっています。

【ミネラルファンデーションのメリット】

  • 肌に優しい
  • 敏感肌やニキビが気になる方も使いやすい
  • 石鹸のみで落とせる
  • 肌への圧迫感が少ない

【ミネラルファンデーションのデメリット】

  • カバー力は低め
  • 化粧もちが良くない

【初心者必見】自分にあったファンデーションを見つける方法は?選び方のポイントを徹底解説

自分の肌にあったファンデーションを見つけるポイントは、「あなたがどんな肌色・肌タイプなのか」「どんな肌になりたいのか」を知ることです。この3つのポイントを押さえれば、あなたにぴったりのファンデーションが見つかるはず。

そこで次は、この「自分にあったファンデーションを見つけるための3つのポイント」についてわかりやすく解説していきます。

カラーで選ぶ

ファンデーションを選ぶときのポイントは、肌に馴染むカラーかどうかということです。ファンデーションの色が元々の肌の色とかけ離れていると、顔だけ白浮きしたり顔色が暗くなったりしてしまいます。

まずチェックしたいのは、あなたに合う色味です。ファンデーションは大きく「ベージュ・オークル・ピンク」の3種類の色味に分けることができます。ベージュは黄み寄り・オークルは赤み寄り・ピンクはさらに赤みが強い色です。色味がわかれば、今度は明るさを選んでいきましょう。

色を選ぶときは、ネットのファンデーション診断なども良いのですが、メーカーや種類によって色がかなり違うこともあるので、店頭で実際に試してみるのが一番です。可能であれば、お店で美容部員さんにタッチアップしてもらい、1日いろんな光の元で過ごし見え方を確認してみましょう。

自分で色を確認したいときは、テスターを使ってフェイスラインにファンデーションをのせ馴染み方をチェックしてみてください。フェイスラインは顔と首の境界に当たる部分なので、ここで肌への馴染み方をチェックすると失敗しにくくなります。

ONEcosme編集部員ONEcosme編集部員
ファンデーションの色を選ぶとき、手の甲にファンデーションをのせてチェックしていませんか?手の甲は顔とは肌の状態や色味が違うのでいざ顔にのせてみると「色が合わない...」なんてことも。ファンデーションの色選びをするときは、フェイスラインに塗って色を試してみてくださいね。

肌タイプで選ぶ

ファンデーションののりやメイクもちを良くするには、肌タイプに合ったものを選ぶことも大切です。

乾燥肌

乾燥肌さんには、リキッド・クリーム・クッションのようなうるおいたっぷりのファンデーションがおすすめです。

リキッド・クリーム・クッションタイプのファンデーションは水分や油分の量が多いので、メイクしながら肌のうるおいをキープすることができます。反対に、水分や油分が少ないパウダーファンデーションは肌が乾燥しやすいので注意が必要です。

脂性肌

皮脂が多い脂性肌さんにおすすめなのは、パウダーファンデーションです。

油分の少ないパウダーは余分な皮脂をキャッチしてくれるので、皮脂によるメイク崩れを防ぐことができます。水分と油分が多いリキッドファンデーションを使いたいときは、オイルコントロール機能がついているものを選びましょう。

混合肌

額や鼻などのTゾーンはオイリーで、頬などのUゾーンは乾燥する混合肌さんは、ファンデーションの使い分けがおすすめです。

乾燥しやすいUゾーンの方がTゾーンよりも範囲が広いので、ベースとして保湿力が高いリキッドやクリームを使います。そして、テカリが気になるTゾーンには、皮脂をキャッチするパウダーファンデーションをオン。そうすることで、全体の保湿バランスがうまく取れるようになります。

敏感肌

肌トラブルを起こしやすい敏感肌さんにおすすめなのは、ミネラルファンデーションです。

ミネラルファンデーションは肌への圧迫感も少なく、石鹸で落とすことができるので肌への負担を極力落とすことができます。ミネラルファンデーションにはパウダー・リキッド・クリームなど様々な種類があるので、肌タイプに合わせて選んでみてくださいね。

仕上がりで選ぶ

「つるんとした陶器肌になりたい」
「うるおいあふれるツヤ肌になりたい」
など、あなたはどんな肌を目指したいですか?目指す仕上がりによって、選ぶべきファンデーションは変わります。では、あなたが目指す肌になるにはどんなファンデーションが良いのか見ていきましょう。

マット肌になりたい

陶器のように滑らかな「マット肌」になりたい人におすすめなのは、パウダーファンデーションやクリームファンデーションです。

マット肌になるには、「毛穴などの凹凸をしっかりカバーすること」と「ツヤ感を抑えること」がポイントです。クリームファンデーションはカバー力が高く、肌の凹凸をしっかりと滑らかにすることができます。保湿力が高いのでツヤ感が出やすいという特徴はありますが、フェイスパウダーでしっかりツヤ感を抑えてあげるとマットな質感になります。

また、プレストタイプのパウダーファンデーションは、しっかり皮脂を抑えてツヤ感を消してくれることに加え、比較的カバー力も高いのでおすすめです。

マットタイプのファンデーションは皮脂をしっかり抑えるので、肌が乾燥しやすく脂性肌さん向きですが、乾燥肌さんもスキンケアの段階でしっかり保湿しておけばOK。乳液・クリームなど油分多めのアイテムで保湿すると化粧崩れが起きやすくなるので、水分多め・油分控えめでしっかり保湿しておきましょう。

ツヤ肌になりたい

うるおいあふれるツヤ肌を目指す人におすすめなのは、リキッドファンデーションやクッションファンデーションです。こういったタイプのファンデーションは、水分量が多く上品で自然なツヤ感をお肌にプラスしてくれます。

脂性肌さんの場合、ツヤ肌メイクをするとベタついたりテカリやすくなることもあるので、フェイスパウダーやパウダーファンデーションを組み合わせてオイルコントロールしてみてくださいね。

セミマット肌になりたい

ツヤ肌とマット肌の中間に位置するセミマット肌は、適度な華やかさと落ち着きがあり、カジュアルな場面はもちろんオフィスメイクにもおすすめの肌です。そんなセミマット肌になりたい人におすすめなのは、セミマットと記載があるリキッドファンデーションやクッションファンデーションです。

もしくは、「ツヤ肌仕上げのファンデーション」にファイスパウダーを重ねてツヤ感を抑えたり、「マットタイプのファンデーション」にツヤ感を演出するフェイスパウダーやハイライトをプラスするといった方法もあります。

ツヤがテカリに見えてしまわないよう、もともと皮脂が多い髪の生え際や小鼻にハイライトをのせないよう注意しましょう。

【種類別】おすすめファンデーション3選

それでは、ここからはいよいよ編集部がたくさんのファンデーションの中から厳選した「種類別におすすめのファンデーションBEST3」を発表します!これからメイクを始めたい方や、どんなファンデーションが良いのかわからないという方はぜひチェックしてみてくださいね。

リキッドファンデーションおすすめBEST3を発表

  • 薬用クリアエステヴェール

    エイジングケア世代の味方!

    メイクしながらエイジングケアにもなる神ファンデ®!美容液成分がうるおいを逃さずツヤ感再現

    マキアレイベル
    薬用クリアエステヴェール

    4,294円(税込)/25ml(約3~4ヶ月分)
    →初回限定2か月分トライアル 1,980円(税込/送料無料)

    商品について詳しくはこちら
  • lujo クリアアップファンデーション

    年齢肌が気になるならコレ

    ヒト幹細胞培養液を配合したエイジングケア効果もあるリキッドファンデ

    エイチームライフスタイル
    lujo クリアアップファデーション

    9,790円(税込)/20g
    →定期便初回限定3,278円(税込/送料無料)

    商品について詳しくはこちら
  • 美容液ミネラルリキッドファンデーション

    9つのフリーで敏感肌におすすめ

    91%の美容液成分で美しい素肌感を演出!みずみずしいツヤ肌に

    株式会社Oz link&STYLE/ヴァントルテ
    美容液ミネラルリキッドファンデーション

    3,850円(税込)/35g
    →定期便で3,465円(税込)・送料無料

    商品について詳しくはこちら

パウダーファンデーションおすすめBEST3を発表

  • マットスムースミネラルファンデーション

    敏感肌の方におすすめ

    天然鉱物が肌にやさしく崩れにくさも実現!マスク荒れが気になる方に大人気

    ETVOS
    マットスムースミネラルファンデーション

    3,300円(税込)/4g(約1.5~2.5ヶ月分)
    →初回限定14日トライアル2,420円(税込/送料無料)

    商品について詳しくはこちら
  • dプログラム 薬用 スキンケアファンデーション(パウダリー)

    日本初2つの有効成分配合

    ニキビや肌荒れを防いでなめらかな美肌を実現するパウダーファンデーション

    資生堂dプログラム
    スキンケアファンデーション(パウダリー)

    3,050円(税込)/10.5g

    商品について詳しくはこちら
  • オンリーミネラル 薬用ホワイトニングファンデーション

    美白ケアもできる多機能コスメ

    美白ケアまでできるオールインワンミネラルパウダーファンデ

    ヤーマン
    オンリーミネラル 薬用ホワイトニングファンデーション

    2,750円(税込)/2.5g
    →トライアルセットが58%オフの2,090円(税込/送料無料)

    商品について詳しくはこちら

クリームファンデーションおすすめBEST3を発表

  • ディエム クルール カラーブレンドグローファンデーション

    ツヤ×透明感の陶器肌に導く

    SNSで話題のファンデ!あらゆる肌悩みも自然なカバーで透明素肌を演出。

    POLA
    ディエム クルール カラーブレンドグローファンデーション

    5,830円(税込) / 8g

    商品について詳しくはこちら
  • lujo クリアアップファンデーション

    年齢肌が気になるならコレ

    ヒト幹細胞培養液を配合したエイジングケア効果もあるリキッドファンデ

    エイチームライフスタイル
    lujo クリアアップファデーション

    9,790円(税込)/20g
    →定期便初回限定3,278円(税込/送料無料)

    商品について詳しくはこちら
  • RMK リクイドファンデーション

    新生RMKの世界観を表現

    つけていることを感じさせない軽やかなつけ心地のリクイドファンデーション

    RMK
    リクイドファンデーション
    30mL
    4,950円(税込)

    商品について詳しくはこちら

クッションファンデーションおすすめBEST3を発表

  • ボタニックサイエンス 薬用美容液クッションコンパクト

    美白ケアしながら透明肌に導く

    明るく透明感のある肌へ仕上げる&美白美容液の効果もあるHAKUの薬用クッションファンデ

    HAKU(資生堂)
    ボタニックサイエンス薬用美容液クッションコンパクト

    3,520円(税込)/12g(レフィル)
    ※専用ケース別売り1,100円(税込)

    商品について詳しくはこちら
  • フローレス ルミエール ラディアンス パーフェクティング クッション

    まるで素肌のような生っぼいツヤ

    活きたツヤと血色感を両立するファンデーション

    資生堂 ローラ メルシエ
    フローレス ルミエール ラディアンス パーフェクティング クッション

    6,600円(税込)/15g
    →コンパクトに刻印のサービスあり

    商品について詳しくはこちら
  • WATTLEクッションファンデ

    保湿力の高さでNo.1

    美容液成分89.5%配合でつけている間中うるおう美容液ファンデ

    WATTLEクッションファンデーション

    6,578円(税込)/13g
    美肌便で初回限定半額の3,278円(税込)

    商品について詳しくはこちら

ミネラルファンデーションおすすめBEST3を発表

  • マットスムースミネラルファンデーション

    敏感肌の方におすすめ

    天然鉱物が肌にやさしく崩れにくさも実現!マスク荒れが気になる方に大人気

    ETVOS
    マットスムースミネラルファンデーション

    3,300円(税込)/4g(約1.5~2.5ヶ月分)
    →初回限定14日トライアル2,420円(税込/送料無料)

    商品について詳しくはこちら
  • ミネラルシルクファデーション

    保湿力がトップクラス!

    100%自然素材で清く美しい肌に見せるミネラルファンデ

    ヴァントルテ
    ミネラルシルクファンデーション

    4,180円(税込)/6g
    →初回限定11点トライアルセットが1,980円(税込)

    商品について詳しくはこちら
  • オンリーミネラル 薬用ホワイトニングファンデーション

    美白ケアもできる多機能コスメ

    美白ケアまでできるオールインワンミネラルパウダーファンデ

    ヤーマン
    オンリーミネラル 薬用ホワイトニングファンデーション

    2,750円(税込)/2.5g
    →トライアルセットが58%オフの2,090円(税込/送料無料)

    商品について詳しくはこちら

まとめ

ファンデーションには、パウダー・リキッド・クリーム・クッション・ミネラルという5種類があり、それぞれにメリット・デメリットがあります。相性が良い肌質や仕上がりもそれぞれ異なるので、自分に合うファンデーションを見つけるにはそれぞれの特徴を知っておくことが大切です。

ぜひ今回の記事を参考に、5種類のファンデーションの特徴を知って自分にぴったりのファンデーションを見つけてくださいね。