1日生活するとメイク・ホコリ・皮脂・古い角質など、お肌には汚れが蓄積されます。そんなお肌の汚れをそのままにしておくと、毛穴詰まりやニキビ、肌荒れの原因に。クレンジングと洗顔は、このお肌の汚れを落とすスキンケアの大切な工程なんです。

でも、クレンジングと洗顔の「W洗顔」をしている人の中からは「2回続けて洗うと、必要なお肌のうるおいまで洗い流してしまいそうで不安」という声も。できたら洗い過ぎによるお肌の乾燥やダメージは防ぎたいものですよね。

そもそも、クレンジングと洗顔は何が違うのでしょうか。また、W洗顔は本当に必要なのでしょうか?

今回はそんな疑問に答えるため、クレンジングと洗顔それぞれの役割について詳しく解説します!さらに、クレンジングと洗顔を行う順番や、クレンジング&洗顔が一体になったW洗顔不要のアイテムについても解説していくので、クレンジングや洗顔について悩んでいる方はぜひチェックしてみてくださいね。

【クレンジングと洗顔の違い】スキンケアにおけるそれぞれの役割や順番を解説

クレンジングと洗顔は、どちらも顔を洗う行為です。使う洗浄剤がクレンジングか洗顔料かという違いはありますが、それ以外にも違いはあるのでしょうか。

クレンジングと洗顔それぞれの役割について、詳しく見ていきましょう。

クレンジングとは

クレンジングの役割は、メイクや角栓など頑固な油性の汚れを落とすことです。

クレンジングに配合されている洗浄剤は、油分と混ざり合って浮き上がらせる働きを持っているので、洗顔料では落とすことができない油性の汚れも落とすことができます。

油性の汚れとして代表的なのが、ファンデーションなどのメイクアップ化粧品です。ファンデーションの多くは、肌にしっかり密着させるために油分が多く含まれていて水分を弾いてしまうので、洗顔料だけで落とすことはできません。

また、毛穴に詰まった角栓も頑固な油性の汚れです。角栓は皮脂にホコリや古い角質が混ざって固まっているので、これも洗顔料だけで落とすのは難しくなっています。

このほか、日焼け止めに配合されている「紫外線吸収剤」も、洗顔料だけで落とすのは難しいのでクレンジングを使う必要があります。

ONEcosme編集部員ONEcosme編集部員
メイクや日焼け止めは、落としきれず肌に残ってしまうと肌荒れや毛穴詰まり・ニキビなどの原因になるので、クレンジングを使ってしっかり落としましょう。

洗顔とは

洗顔の役割は、汗やホコリなどの水性の汚れを落とすことです。

生活の中で肌に付着したホコリや、内側から分泌された汗や皮脂、古い角質などは洗顔料や水・お湯で洗い流すことができます。洗顔は、こういった水性の汚れを洗い流すものなんです。

また、洗顔は肌に残ったクレンジングをきれいに洗い流す役割も持っています。クレンジング後さっぱりしていても肌にクレンジング剤が残っていることは多く、そのままにしていると洗浄剤が肌にダメージを与えてしまうので、洗顔で古い角質と一緒にしっかり洗い流しておきましょう。

クレンジングと洗顔を使ったスキンケアの手順

クレンジングと洗顔を使ったスキンケアの順番は、

  1. クレンジング
  2. 洗顔
  3. 化粧水などいつものスキンケア

です。

メイクや日焼け止めの油分は水を弾くので、水性の洗顔料では落とすことができません。また、メイクや日焼け止めを落としてからでないと肌表面にある古い角質を落とすことはできないので、まずはクレンジングでメイクや日焼け止めを落としてしまいましょう。

メイクや日焼け止めといった油性の汚れを落としたら、今度は洗顔料でクレンジングの残りや古い角質、ホコリなどを落として、肌をきれいな状態にします。

肌に余分な皮脂や汚れがないとスキンケア化粧品が肌に行き渡りやすくなるので、このタイミングで化粧水や乳液などいつものスキンケアを行いましょう。

ONEcosme編集部員ONEcosme編集部員
クレンジングと洗顔でW洗顔したあとは、皮脂も少なく肌に負担がかかっている状態なので、乾燥肌や敏感肌の方は特に丁寧に保湿しましょう。

【W洗顔不要】クレンジングと洗顔が1つになったアイテムって本当にいいの?

2回顔を洗うW洗顔は必要なうるおいを奪ってしまったり、摩擦の多さで肌にダメージを与えてしまうこともあります。でも、クレンジングは油性・洗顔は水性の汚れを落とす役割があるので、どちらか1つに絞るのは難しいものです。

そこでおすすめなのが、W洗顔不要のクレンジングです。W洗顔不要のクレンジングには油性と水性の洗浄成分がバランスよく配合されているので、洗顔料では落としにくい水性の汚れもしっかり落とすことができます。

また、水やお湯で洗い流しやすいように作られているので、W洗顔の必要がないんです。

【W洗顔不要のクレンジングのメリット】

  • 短い時間でクレンジング&洗顔できる
  • 肌のうるおいを過剰に奪いすぎない
  • 摩擦による肌ダメージを減らすことができる

W洗顔不要のクレンジングを使うメリットは、短い時間でクレンジングと洗顔を完了できることです。また、1度で洗顔を終えることができるので、肌のうるおいを奪いすぎないのもメリットの1つです。さらに、W洗顔と比べると肌を擦る回数も減るため、肌へのダメージを減らすことができます。

ONEcosme編集部員ONEcosme編集部員
W洗顔不要のクレンジングは、忙しいときや疲れているときなど、短い時間で洗顔を終わらせたい時にぴったり!
肌への優しさに注目したものも多く、摩擦による肌ダメージも減らすことができるので、肌への刺激が気になる方や乾燥肌さん・敏感肌さんにもおすすめです。

【NG行為】コレをするとお肌に逆効果!クレンジングを使う時の注意点を解説!

ニキビ跡を予防するためにやるべきでないこと

クレンジングは洗顔料では落とせない油性の汚れを落とす大切なアイテムですが、使い方を間違えるとお肌にダメージを与えてしまうことも。では、クレンジングはどんなことに注意して使えばいいのでしょうか。クレンジングを使うときに注意したい「4つのNG行為」を見ていきましょう。

使用量を守らない

クレンジングを使うときは、パッケージに記載されている「適量」を守ることが大切です。

クレンジングが適量よりも少なすぎると、メイクにしっかり馴染めずきれいに落としきることができません。さらに、指がひっかりやすくなるので、摩擦が大きくなり肌へのダメージも大きくなってしまいます。

反対に適量よりも多すぎると、クレンジング剤を落としきれずに肌に残ってしまうことも。

「ナチュラルメイクだから少しでいいかな」「濃いメイクだからたっぷり使おう」と思いがちですが、クレンジングは適量でこそ本来の力を発揮できるものなので、メイクの濃さにかかわらずパッケージの推奨量を守って使用しましょう。

ONEcosme編集部員ONEcosme編集部員
メイクの濃さによってクレンジングを調整したいときは、量で調整するのではなく洗浄力の高いものと低いものを用意して使い分けるのがおすすめです。

力強く擦る

メイクをしっかり落とそうとして、力強く肌を擦ってクレンジングするのはNGです。ゴシゴシ力を入れて肌を擦ると、摩擦で肌にダメージを与えてしまいます。

クレンジングするときのポイントは、とにかく優しくメイクと混ぜ合わせること。指の腹を使って優しくクルクル撫でることで、クレンジング剤とメイクが混ざり合い自然に肌から浮かび上がってくるんです。

毛穴詰まりが気になる部分は特に力を入れて擦ってしまいがちですが、毛穴を押さえつけてしまうため、うまくクレンジングが行き渡らず逆効果になってしまいます。毛穴詰まりが気になる部分は、毛穴の汚れとクレンジング剤をなじませるイメージで、優しく丁寧にクルクル撫でてあげましょう。

時間をかけてクレンジングする

時間をかけてじっくりクレンジングしていた方が、メイクが綺麗に落ちるような気がしますが、長時間かけてクレンジングするのはNGです。クレンジングを長く肌にのせていると、必要な皮脂やうるおいまで洗い流すことになり肌に負担をかけてしまいます。

そのため、クレンジングはできるだけ手早く洗い流すのがポイントです。洗い流すベストなタイミングは、クレンジングをなじませている指の感触がふっと軽くなったときです。これがクレンジングとメイクが混ざり合った目安なので、指の感触が軽くなったらぬるま湯か水で洗い流しましょう。

時間を目安にするなら、1分くらいが目安です。優しく手早く丁寧にクレンジングをなじませて、肌の負担を抑えながらメイクを落としましょう。

クレンジングを使うのはメイクしたときだけ

「クレンジングを使うのはメイクしたときだけ」という方は多いのですが、紫外線吸収剤が配合された日焼け止めは洗顔料だけで落とすことはできません。

日焼け止めが肌に残ると肌にダメージを与えて肌荒れの原因になってしまうので、メイクしていなくても紫外線吸収剤が配合された日焼け止めを使ったらクレンジングが必要なんです。

また、皮脂と古い角質でできた頑固な毛穴詰まりも、クレンジングを使った方が落としやすくなります。

【初心者必見】自分にあったクレンジングを見つける方法は?選び方のポイントを徹底解説

クレンジングには、オイル、ミルク、ジェルなど様々なタイプがあるので、どれを使ったらいいのかわからないという方も多いようです。そこで次は、自分にあったクレンジングを選ぶ2つのポイントをご紹介します!

メイクの濃さで選ぶ

ニキビ跡を消すメイク術を知りたい

クレンジングを選ぶときは、落としたいメイクの濃さを基準に選びましょう。

「メイクはしっかり濃いめにしたい」という方は、洗浄力が強いクレンジングオイルがおすすめです。洗浄力が強い分肌への負担も大きいので、 できるだけ手早く落とすのがポイント。肌に刺激を与えやすいので、敏感肌の人はパッチテストをしたりして肌との相性を見てから使うのがおすすめです。

「ナチュラルメイクが好き」という方は、オイルよりも洗浄力は低いけれどしっかり落とせるクレンジングジェルやクレンジングクリームがおすすめです。このタイプは肌への負担が少なく、使用感もさっぱりしています。目元や口元などポイントメイクだけ濃い場合は、ポイントメイクリムーバーと組み合わせて使いましょう。

「メイクをしない日」は、肌への負担が少ないクレンジングミルクがおすすめです。肌への刺激が少ない分洗浄力も低いので、日焼け止めを塗っただけというときや、毛穴詰まりが気になるというときに使うといいでしょう。

ONEcosme編集部員ONEcosme編集部員
仕事のときはナチュラルメイク、プライベートで何かイベントがあるときは濃いメイクなど、その日の予定や気分に合わせてメイクの濃さも変わりますよね。そんなときは、洗浄力が強いタイプと弱いタイプのクレンジングを用意して、使い分けるのがおすすめです。

肌質や使い心地で選ぶ

将来のニキビ跡を予防するためにやるべきこと・やるべきでないこと

クレンジングを選ぶときに大切なのが、肌質にあっているかどうかです。肌質があっていないものを使うとピリピリ感など肌への刺激を感じたり、乾燥を悪化させてしまうこともあります。

脂性肌の方は皮脂の分泌が多いので、しっかりとした洗浄力を持つクレンジングオイルさっぱりとした使い心地のクレンジングリキッドがおすすめです。クリームタイプやミルクタイプはしっとりした洗いあがりになりますが、洗浄力が弱く洗いあがりのベタつきが気になることも。

乾燥肌の方や敏感肌の方は、肌への負担が少ないミルクタイプやクリームタイプのクレンジングがおすすめです。特にミルクタイプはクレンジングの中で1番洗浄力が弱く、ポイントメイクは落としにくいですが、皮脂やうるおいを適度に残してしっとりとした洗いあがりに仕上げてくれます。

ONEcosme編集部員ONEcosme編集部員
クレンジングは毎日使うものなので、使い心地が良いものを選ぶことも大切です。「洗いあがりのお肌の質感」や、「メイクとなじませるときの摩擦を減らすクッション性があるか」など、口コミなどをチェックして自分にあった使い心地のものを選びましょう。

W洗顔不要のおすすめクレンジング3選

ドラッグストアに行くと様々な種類のクレンジングがたくさん並んでいて、どれがいいのかわからなくなってしまいますよね。そこでここからは、編集部がたくさんのクレンジングの中から厳選したW洗顔不要のおすすめクレンジング3選をご紹介します!

スキンクリア クレンズ オイルは、4年連続で大手美容口コミサイトのベストコスメを受賞した大人気クレンジングオイルです。美容液やエステにも使われる5種類の高級美容液オイルを配合することで、クレンジングと保湿・くすみケアの両立を実現しています。

dプログラム エッセンスインクレンジングは、2020年ベストヒットコスメ殿堂賞を受賞し、資生堂のオンラインショッピングでも一番の人気を誇る敏感肌向け薬用クレンジングオイルです。50年以上に渡る敏感肌研究によってたどり着いた処方を採用。美肌菌とうるおいをキープしながら、メイク・汚れをしっかり落とすことができます。

ファンケル マイルドクレンジングオイルは、売り上げ総数1億個を突破(✳︎1)@cosmeベストコスメアワード殿堂入り(✳︎2)した大人気クレンジングオイルです。なでるだけでするんと落とせるから、摩擦による肌ダメージを軽減。2017年のリニューアルでは、うるおいキープ力と角栓を溶かす機能がグレードアップしました。

※1 累計売上本数2003年4月〜2020年9月6日(リニューアル前の商品)
※2 受賞商品はリニューアル前のマイルドクレンジングオイル

  • スキンクリア クレンズ オイル

    毛穴の目立たない素肌へ

    【3年連続ベストコスメ】毛穴汚れスッキリ!一流ブランドの質を1/3の価格で提供

    アテニア
    スキンクリア クレンズ オイル

    1,870円(税込)/175ml(約2ヶ月分)
    →初回限定1,570円 (税込/送料無料)ドレスリフトローション付/30ml

    商品について詳しくはこちら
  • dプログラムエッセンスインクレンジング

    肌へのやさしさNo.1

    肌あれの原因まで落とす薬用美容メイク落とし

    資生堂dプログラム
    エッセンスインクレンジングオイル

    2,750円(税込)/120ml(約2ヶ月分)
    →15日分のトライアルサイズが770円(税込/送料無料)+300円クーポン付き

    商品について詳しくはこちら
  • マイルドクレンジングオイル

    汚れ落ちNo.1クレンジング

    こすらなくてもメイク汚れと馴染んでするんと落とせる

    FANCL(ファンケル)
    マイルドクレンジングオイル

    1,870円(税込) / 120ml(約2ヶ月分)
    初回限定価格500円(税込/通販初めて送料無料)

    商品について詳しくはこちら

まとめ

クレンジングと洗顔の違いは、落とせる汚れの性質です。クレンジングはメイクや毛穴詰まりなど油性の汚れを落とし、洗顔はホコリや汗など水性の汚れを落とすことができます。

毛穴レスな美しい肌をキープするにはクレンジングと洗顔の両方が必要ですが、W洗顔による肌の負担が気になるところ。そこでおすすめなのが、クレンジングと洗顔が1つになったW洗顔不要のクレンジングです。

W洗顔不要のクレンジングは、クレンジングと洗顔を一度に済ませることができるから、時短になるし乾燥や摩擦を減らして肌へのダメージを抑えることもできます。敏感肌用や低刺激のものも多いので、できるだけお肌に負担をかけたくない方や、敏感肌・乾燥肌の方はぜひチェックしてみてくださいね。