マツエクのクレンジング方法はいくつか気をつけたいことがあります。どんなメイク落としを使ったらいいの?と悩んでいる人も多いと思いますが、まつげの根元の汚れの落とし方にはコツがあるんですよ!マツエク直後は洗顔しても大丈夫?長持ちさせるにはどうしたらいい?といった疑問にもお答えしていくので、これからマツエクをしたい人も、マツエク中の人も、ぜひ読んでみてくださいね!

【マツエク中のNG行為】クレンジングにおける注意点

マツエクをしたら、日常生活の中で気をつけたいことがあります。うっかりまつげにダメージを与えてしまわないよう、これだけは覚えておきましょう!ここでは、「施術当日に気をつけたいこと」と「毎日のクレンジングで注意したいこと」について解説していきます。

施術当日の注意点

施術当日はまだ「つけま」が定着していません。取れやすい状態なので、次の3つに気をつけましょう。

マツエク直後6時間くらいはまつげを濡らさない

よく「マツエクしたあとはお風呂に入っても大丈夫?」というお悩みを聞きますが、一般的に、マツエクのグルー(接着剤)が完全に乾くまでは約24時間かかるといわれています。表面が乾くだけでも5~6時間はかかるので、施術後6時間ほどはまつげを濡らさないように注意しましょう。

もし入浴をしてまつげを濡らしてしまうと、つけまのグルーが揮発して、まつげが取れてしまう可能性があります。また、揮発したグルーの成分が目に入ると、目が充血してしまうことも。

お風呂はもちろん、水気に触れるプールやサウナ、汗をかくジムや運動なども避けたほうがいいでしょう。

なお、グルーが具体的にどのぐらいで乾くかは、グルーのメーカーや種類によって異なります。気になる人は施術するサロンで確認しておくのがおすすめです。

施術当日はクレンジングを避ける

施術当日はクレンジングをするのはおすすめできません。まだグルーが完全に乾いていないので、翌日まではなるべくクレンジングや濡らすことは避けたほうがいいでしょう。

なお、マツエクを施術するときはノーメイクで行くのが一般的です。もしメイクをしたまま施術してしまうと、グルーが接着しにくくなって、マツエクが取れやすくなってしまうからです。

施術後は目元以外のベースメイクなどはできますが、クレンジングが使えないので、できればノーメイクで過ごすのがおすすめ。メイクをする必要がある場合は、ふき取りタイプのクレンジングで落とすことを想定してメイクをしましょう。

とにかくまつげに触れない

目元は無意識のうちに手指で触れやすいところです。あなたも何気なく目元を触っていませんか?

  • 眠い時
  • 目がかゆい時
  • まつげが気になった時
  • 単なる癖

このような時は目元を触りやすいのですが、マツエクをしたばかりの時はまつげに触るのは厳禁です。まだグルーで定着していないので、摩擦によって取れたり乱れたりしてしまいます。

毎日のクレンジングの注意点

マツエクをしたら、毎日の生活でも注意が必要です。きれいな目元をキープするためにも、次の3つを守ってくださいね。

シャワーを直接当てない

お風呂で洗顔する時、シャワーのお湯を直接顔にかけている人は少なくないかもしれません。

しかし、マツエクをしたら、シャワーを直接顔に当ててはいけません。シャワーの水圧は思っている以上に負担がかかるものです。水圧によって、マツエクが曲がったり、場合によっては外れたりしてしまうこともあります。

洗顔をする時は、両手でお湯をすくって、水圧や摩擦をかけないようにやさしく洗い流すようにしましょう。

マツエクに水気を残さない

洗顔後や入浴後はまつげに水分が付着しています。まつげが濡れていると取れやすくなってしまうので、急いでタオルで顔をゴシゴシ……これはNGです!

まつげはなるべく早く乾かしたいものですが、タオルでゴシゴシしてしまうと、タオルの繊維がまつげに引っかかってしまう可能性があります。拭く時はティッシュなどでそっとやさしく水気を吸い取るようにしましょう。

水気が取れたら、仕上げにドライヤーの弱い冷風を数十秒間当てると持ちがよくなりますよ!

マツエクの根元は綿棒を使う

まつげの根元は、アイシャドウやアイライナーなど、落ちにくいメイクが多いところです。なかなか落ちないからと、洗浄力の高いオイルクレンジングでゴシゴシこすってしまうと、せっかくのマツエクが取れてしまったり、肌を傷めてしまったりすることがあります。

マツエクの根元にクレンジングを使う場合は、オイルフリーのクレンジングやマツエクOKのクレンジングを綿棒に含ませて、少しずつ丁寧に落としていくのがおすすめ。メイクの時にも重宝する綿棒ですが、まつげのクレンジングにも活用してみてくださいね。

マツエクが長持ちする!マツエク中の正しいクレンジング方法とアフターケアを解説

せっかく施術してもらったマツエクはなるべく長持ちさせたいですよね。間違ったクレンジング方法をしていると取れやすくなってしまうので、マツエク中に適したクレンジングをしましょう。美しいまつげを長持ちさせるためのコツも伝授します!

マツエク中のクレンジング方法

マツエク中は、次のような手順でクレンジングをしましょう。

1.コットンにクレンジング剤をたっぷりと含ませる

2.目元にコットンをあてて、アイメイクをクレンジングになじませて落とす

3.綿棒にクレンジングを含ませる

4.綿棒を使って、まつげの根元のアイラインをオフする

5.マスカラをしている場合は、根元から毛先に向かってなでるように落とす

6.コットンに含ませたクレンジングでベースメイクをふき取る

7.洗顔料をたっぷりと泡立てる

8.顔全体を泡で包み込むようにやさしく洗う

9.洗浄成分が残らないようにしっかりすすぐ

10.タオルでやさしくふき取り、まつげはティッシュなどで水分をふき取る

編集部コメント
マツエクはあくまで上から下に、が基本です。横にゴシゴシしたり強い力で洗うとマツエクが取れやすくなるので注意しましょう。

マツエクを長持ちさせるアフターケアを徹底解説

マツエクはお手入れしだいで長持ちさせることができます。マツエク後に気をつけたいことをまとめてみたので、ぜひ試してみてくださいね!

洗顔後はよく乾かす

マツエクに水分は禁物です。グルーがはがれてまつげが取れてしまうことがあるので、洗顔や入浴後はしっかりと乾かすようにしましょう。

ただし、まつげをタオルでゴシゴシこすって拭くのはNGです。タオルの繊維が引っかかってしまうと、まつげが絡まったり取れたりすることがあります。

タオルで拭くときは、あくまでもポンポンとやさしくタオルをあてる程度にとどめましょう。その後、ティッシュなどで水気を拭き取ると、マツエクをきれいに乾かすことができます。

また、仕上げにドライヤーの弱い冷風をあてて乾かすのもマツエクへのダメージが少なく、おすすめです。

コームでとかす

まっすぐに伸びたまつげをキープするには、コームでまつげをとかす習慣をつけるとよいでしょう。まつげの毛が乱れたり絡まったりしていると、摩擦が生じて取れやすくなってしまいます

また、コームでとかす時は、最初から根元からとかすのはNGです。髪をとかす時と同じように、毛先から少しずつほぐすようにやさしくとかしていきましょう。まつげの流れが揃っていると、より美しい目元を表現できますよ!

マツエク用のコームも市販されているので、探してみてくださいね。

マスカラは使わない

マツエクにはまつげを太く長く見せる効果があります。マスカラを使わなくてもマツエクだけで理想のまつげが手に入るので、基本的にはマスカラは必要ありません。また、マスカラは自まつげにもマツエクにも負担をかけてしまうので、この点からもマスカラの使用はおすすめできません。

もしうっかりウォータープルーフタイプのマスカラを使ってしまうと、洗浄力の強いクレンジングを使わないと落ちないので注意が必要です。

どうしてもマスカラを使いたい場合は、落とすのが簡単なお湯で落ちるタイプのマスカラやマツエク用のマスカラがいいでしょう。

仰向けに寝る

あなたは普段、どんな姿勢で眠っていますか?

マツエクを長持ちさせるためには、仰向けに寝るのがおすすめです!

うつぶせで寝ている人や横向きに寝ている人は、睡眠中に枕や布団で目元がこすれやすいので注意が必要です。マツエクをしたら、なるべく仰向けに寝るようにしましょう。

寝がえり対策には、立体アイマスクが便利です。価格も手ごろでさまざまなものが市販されているので、安眠対策も兼ねて、ひとつ持っていると重宝しますよ。

マツエク中に使うべきクレンジングの選び方

マツエクをしている人は、クレンジング選びにも気をつけたいものです。おすすめは「オイルフリー」と「マツエクOK」のクレンジング。なぜこれ以外はいけないのでしょうか?くわしく見ていきましょう。

オイルフリータイプを使う

オイルクレンジングなどに配合されているオイルの粒子は、グルーとまつげの間に入り込んでマツエクをはがしてしまう性質があります。そもそもグルーはクレンジングの油分に弱いので、基本的にオイルクレンジングは使わないようにしたほうがいいでしょう。

おすすめは油分が少ない、もしくは配合量が少ない、ウォータータイプのクレンジングやジェルタイプのクレンジング。今使っているのがオイルクレンジングの人は、マツエク用にオイルフリーのクレンジングを用意しておきましょう。

マツエクOKと書かれた物を選ぶ

オイルクレンジングでも、「マツエクOK」と書いてあるものはマツエク中でも使っても大丈夫でしょう。

このようなクレンジングは、マツエクのグルーを落としてしまう石油由来の洗浄剤を避けて作られているため、マツエクを落としにくい処方になっています。

クレンジングを選ぶときは、パッケージに「マツエクOK」と書いてあるかどうかもチェックしてみてください。

マツエクOKのおすすめクレンジング3選

スキンケア・若い女性

1位の「スキンクリア クレンズ オイル」は、香りの良さでも人気のクレンジング。オイルですが、濡れた手でも使えてマツエクもOK。エイジングサインの黄ぐすみ対策にもおすすめです。

2位の「dプログラムエッセンスインクレンジングオイル」は、肌荒れ予防成分が配合されたクレンジングです。敏感肌向けブランドなので肌荒れが気になる人も試しやすいです。

3位の「マイルドクレンジングオイル」は、プチプラなのによく落ちると評判のクレンジング。うるおいを逃がさない処方で、しっとりとした洗い上りにきっとやみつきになります。

  • スキンクリア クレンズ オイル

    毛穴の目立たない素肌へ

    【3年連続ベストコスメ】毛穴汚れスッキリ!一流ブランドの質を1/3の価格で提供

    アテニア
    スキンクリア クレンズ オイル

    1,870円(税込)/175ml(約2ヶ月分)
    →初回限定1,570円 (税込/送料無料)ドレスリフトローション付/30ml

    商品について詳しくはこちら
  • dプログラムエッセンスインクレンジング

    肌へのやさしさNo.1

    肌あれの原因まで落とす薬用美容メイク落とし

    資生堂dプログラム
    エッセンスインクレンジングオイル

    2,750円(税込)/120ml(約2ヶ月分)
    →15日分のトライアルサイズが770円(税込/送料無料)+300円クーポン付き

    商品について詳しくはこちら
  • マイルドクレンジングオイル

    汚れ落ちNo.1クレンジング

    こすらなくてもメイク汚れと馴染んでするんと落とせる

    FANCL(ファンケル)
    マイルドクレンジングオイル

    1,870円(税込) / 120ml(約2ヶ月分)
    初回限定価格500円(税込/通販初めて送料無料)

    商品について詳しくはこちら

まとめ

目元を魅力的にしてくれるマツエクですが、マツエクをしている人はクレンジングには要注意です。なるべくこすらず、さわらず、濡らさず、そして「マツエクOK」のクレンジングを使うようにしましょう。

長持ちさせるためのコツをいくつかこちらで紹介しましたが、クレンジング以外にも乾かし方や寝るときの姿勢も大事。正しいお手入れをして、素敵な目元を長持ちさせてくださいね!