クレンジングオイルの正しい使い方をご存じですか?毎日なんとなく使っているクレンジングですが、クレンジングにはオイル以外にもさまざまな種類があります。また、何気なくしていることが肌にダメージを与えていることもあるので、正しいクレンジングを行うことが美肌への近道。自己流になりがちなクレンジングですが、あらためてクレンジングの仕方を学んでみましょう。意外に知られていない乳化や角栓を落とす方法も解説します!

【オイルクレンジングとは】他のクレンジングと何が違うの?特徴や役割を解説

オイルクレンジングを愛用している人は多いと思いますが、クレンジングにはオイル以外にもさまざまな種類があります。いったいどう使い分けたらいいのでしょうか?ここれでクレンジングの基礎知識をお伝えします。

クレンジングが必要な理由

メイクを落として、さらに洗顔料でも洗顔して……正直、面倒だと思ったことはありませんか?

ですが、クレンジングと洗顔はそもそもの役割が違います

クレンジングは、メイクや毛穴につまった角栓などを落とすことを目的として作られています。つまり、「油性」の汚れをターゲットとしているものです。

一方の洗顔料は、汗やホコリ、皮脂などを落とすことを目的として作られています。つまり、「水性」の汚れをターゲットとしているものです。

そのため、メイクをした日は、クレンジングでメイク汚れを落としてから洗顔料で洗い流すのが基本となっています。

最近では洗顔が不要な「W洗顔不要」と書いてあるクレンジングもあるので、時短したい人はこのようなタイプのクレンジングを選ぶといいでしょう。

洗浄力が高いのはオイルクレンジング!

クレンジング剤には、オイルの他にも、ジェル、クリーム、ミルク、バーム、シートなど、さまざまなタイプがあります。

一見、どれも同じクレンジングに見えるかもしれませんが、オイルクレンジングはクレンジングの中でもっとも洗浄力が高いものです。ウォータープルーフなどの落ちにくいメイクを落とすのには適しているので、ばっちりメイクをした日はオイルクレンジングがおすすめです。

ただ、洗浄力が高いほど肌への負担は高くなります。肌に必要なうるおいを落としすぎてしまう可能性があるので、乾燥肌の人や敏感肌の人は注意が必要です。

編集部コメント
クレンジングオイルの代わりに、食用のオイルを使うという話を見かけることがありますが、食用のオイルは、肌にとって刺激になる成分が含まれていることが考えられます。オイルでメイクを落とす時は、かならずクレンジングオイルを使うようにしてください。

種類別クレンジングの特徴

クレンジングには、オイル以外にも次のような種類があります。それぞれに特徴があるので、その日のメイクや肌の調子に合わせて使い分けましょう。

クレンジングオイル

油分が多く洗浄力が高いタイプです。ばっちりメイクしたアイシャドウやウォータープルーフタイプのメイクもするんと落とせます。ただし、洗浄力が高いので肌への負担も大きくなります。

クレンジングジェル

みずみずしいジェリー状のクレンジングです。弾力があるので摩擦を軽減でき、肌への負担は少なめです。ナチュラルメイクの日に向いています。

クレンジングクリーム

こっくりとしたクリーム状のクレンジングです。油分が多いので肌のうるおいを守りながらメイク落としができ、摩擦を抑えやすいタイプです。

クレンジングミルク

乳液のようなリキッド状のクレンジングです。うるおいを残しながらやさしくメイク落としができるので、乾燥肌の人でも使いやすいタイプです。

クレンジングバーム

オイルを半固形のバーム状にしたクレンジングです。洗浄力もオイルクレンジングと同等と考えていいでしょう。固めのテクスチャに見えますが、体温でとろけるようになじむので、使い心地も良いです。

シートタイプクレンジング

コットンにクレンジング剤を含ませたふき取りタイプのクレンジングです。洗浄力が高く、落ちにくいポイントメイクを落としたり、旅先で携帯したりするのに便利です。ただし、コットンによる摩擦刺激が肌に負担となりやすいので、日常的に使うのには適さないでしょう。

【オイルクレンジングの基本的な使い方】クレンジング効果を高める使い方のポイントを解説

クレンジングは正しい使い方が大事です。とくにオイルクレンジングは「乳化」が大切なポイントになるので、今まで自己流でオイルクレンジングを使ってきた人も、これからオイルクレンジングを使ってみたい人も、ぜひ確認してみてくださいね。

ポイントメイクは先に落とす

アイシャドウやチーク、リップなどのポイントメイクは落ちにくいものが多いです。メイク落としをする時は、まずはポイントメイクを先にオフしておきましょう。細かい目元などはコットンも便利ですが、綿棒も使いやすくておすすめですよ。

いきなり洗浄力の高いオイルクレンジング顔全体に使ってもメイクを落とすことはできますが、全顔を一度にクレンジングすると、そのぶんクレンジング剤を肌にのせている時間も長くなります。

ポイントメイクを専用のリムーバーなどで先に落としておくと、肌への刺激も抑えられます。

Tゾーンが先で、目元や口元は後

ポイントメイクを落としたら、クレンジングオイルをTゾーン(おでこと鼻)になじませます。Tゾーンは皮脂の分泌が多いので、丁寧に指の腹でクルクルしながらメイク汚れとなじませていきましょう。

Tゾーンになじませたら、皮膚が薄い目元や口元に伸ばします。敏感なところなので、時間をかけずに軽くなじませる程度でいいでしょう。

乳化させてから洗い流す

クレンジングオイルをなじませて汚れが浮いてきたら、乳化させてから洗い流します

「乳化」とは、水と油を混ぜ合わせることです。クレンジングオイルは油分が多いので、いきなり水で洗い流そうとしても油分が肌から離れにくく、毛穴に汚れが残ったり、肌にぬるつきが残ったり、洗いあがりがスッキリしなかったり、ということが起こり得ます。

クレンジングオイルをなじませ終わったら、水かぬるま湯を少量指先につけてオイルをなじませる「乳化」を忘れないようにしましょう。クレンジングが白く濁ったら乳化ができたサイン。あとはぬるま湯でしっかりすすいで、クレンジング完了です。

【オイルクレンジングの応用的な使い方】毛穴や角栓に効果的なテクニックを紹介!

オイルクレンジングはちょっとしたひと工夫でより効果的に使うことができます。念入りなスキンケアをしたい時は試してみませんか?

ホットタオルで毛穴を開く

メイク汚れは毛穴に詰まりやすいものです。クレンジングをしたのにポツポツ毛穴が目立つ……という経験はありませんか?

また、鼻の黒ずみは毛穴に詰まった角栓が黒く変色したものです。爪で無理やり押し出してしまっていませんか?

そんな毛穴の汚れが気になる人におすすめなのが、ホットタオルで毛穴を開く方法です。クレンジングの前にホットタオルの蒸気で毛穴を開いておくと、汚れが落ちやすくなりますよ。

編集部コメント
ホットタオルは水で濡らしたタオルを軽く絞ってレンジで1分30秒程度温めたら出来上がり。火傷しないように、少し冷ましてから顔に乗せてください。

オイルクレンジングはマッサージもかねて一石二鳥!

クレンジングオイルは指先の滑りを良くする効果もあるので、実はマッサージにもぴったりのテクスチャーです。クレンジングをする時は、指先で肌をなでるようにマッサージをして、血行を促してスキンケア効果を高めましょう!マッサージをするときはやや多めの量を使うとマッサージをしやすくなります

ただし、クレンジングオイルは洗浄力が高いため、長時間肌にのせていると必要な油分が奪われてしまうので注意が必要です。また、力を入れすぎてしまうとシワやたるみの原因になります。あくまでやさしい力で短時間、皮膚の上をなでるように行うのがポイントです。

W洗顔は酵素入り洗顔料で毛穴をクリアに

洗顔料に配合されている酵素には、毛穴汚れや角栓などを分解し、古くなった角質を落とす効果があります。クレンジング後に洗顔料を使うなら、酵素洗顔がおすすめ!

ただ、酵素洗顔を使うタイミングには注意が必要です。酵素には古い角質を落とす働きがあるので、朝使うと紫外線の影響を受けやすくなってしまいます酵素洗顔を使うなら、夜にしましょう。

編集部コメント
酵素洗顔は毎日使うものではありません。洗顔料にもよりますが、月に1~2度の使用でもじゅうぶんでしょう。

洗顔後は古い角質が落ちた状態なので、化粧水や美容液が角質に浸透しやすくなっています。いつも以上にたっぷりと保湿して、肌をいたわってあげてください。

【NG行為】コレをするとお肌に逆効果!意外とやりがちだけど要注意なオイルクレンジングの使い方は何?

オイルクレンジングは使い方を間違えると逆効果になることがあります。あなたの普段のクレンジング方法は大丈夫ですか?チェックしてみてくださいね。

強い摩擦を与えない

肌に摩擦は禁物です。メイクをしっかり落としたいからと、ゴシゴシ力を入れてこすってしまうのは、肌を傷める可能性があるため、NGです。

また、近頃では綿棒で角栓を取る方法として、オイルクレンジングをつけてグリグリするというのを見かけますが、これもNG。肌に摩擦を与えると、角層が傷ついてシワやシミの原因となってしまいます。

毛穴に詰まった角栓は、無理に押し出したり絞り出したりするのではなく、ホットタオルなどで毛穴を開いてからクレンジングをするのがおすすめです。

オイルクレンジングをケチる

「どうせ洗い流すものだから」とクレンジングをケチっていませんか?

クレンジングは説明書に書いてある量が適量です。おおよその目安として、500円玉大ぐらいです。これより少なすぎると肌に摩擦を与えてしまいますし、多すぎると肌への刺激が強くなってしまいます。今使っているクレンジングの適量はどのぐらいなのか、メーカーのホームページなどで再確認してみましょう。

ニキビがあるときに使う

ニキビがあるときはオイルクレンジングだけでなく、なるべくメイクも控えておきたいものです。

なぜなら、ニキビの原因菌であるアクネ菌は毛穴に詰まった皮脂や垢が大好き。ファンデーションやクレンジングの油分はニキビを悪化させるもとになるのです。

もしすっぴんで過ごすことが難しいような場合は、石鹸でオフできるファンデーションを薄く塗る程度にするといいでしょう。

おすすめオイルクレンジング3選

1位の「スキンクリア クレンズ オイル」は、香りの良さでも人気のクレンジング。まるでトリートメントしたかのようなしっとりと柔らかな洗い上りはやみつきになります。

2位の「dプログラムエッセンスインクレンジングオイル」は、敏感肌さんでも使いやすいクレンジングです。乾燥や肌荒れが気になる人は、こちらを試してみませんか?

3位の「マイルドクレンジングオイル」は、プチプラなのによく落ちると評判のクレンジング。それでいて洗いあがりもつっぱり感がないので、コスパは抜群

  • スキンクリア クレンズ オイル

    毛穴の目立たない素肌へ

    【3年連続ベストコスメ】毛穴汚れスッキリ!一流ブランドの質を1/3の価格で提供

    アテニア
    スキンクリア クレンズ オイル

    1,870円(税込)/175ml(約2ヶ月分)
    →初回限定1,570円 (税込/送料無料)ドレスリフトローション付/30ml

    商品について詳しくはこちら
  • dプログラムエッセンスインクレンジング

    肌へのやさしさNo.1

    肌あれの原因まで落とす薬用美容メイク落とし

    資生堂dプログラム
    エッセンスインクレンジングオイル

    2,750円(税込)/120ml(約2ヶ月分)
    →15日分のトライアルサイズが770円(税込/送料無料)+300円クーポン付き

    商品について詳しくはこちら
  • マイルドクレンジングオイル

    汚れ落ちNo.1クレンジング

    こすらなくてもメイク汚れと馴染んでするんと落とせる

    FANCL(ファンケル)
    マイルドクレンジングオイル

    1,870円(税込) / 120ml(約2ヶ月分)
    初回限定価格500円(税込/通販初めて送料無料)

    商品について詳しくはこちら

まとめ

オイルクレンジングは洗浄力が高く、メイクをしっかり落とせるのが魅力ですが、洗浄力が高いということは、肌への負担も大きいということ。正しい使い方を守って、肌をいたわりながらクレンジングをしましょう。