乾燥肌におすすめの保湿クリームはどれ?保湿力で選ぶ人気フェイスクリームを大発表!

スキンケア・若い女性

化粧水をたっぷり塗っているのにすぐ肌がカサつく…

という方はいませんか?

もしかしたら、せっかく化粧水で潤いを与えていても、その潤いを閉じ込め切れていない可能性があります。

それだけではなく、元々お肌にあった水分まで逃げてしまっているかも…。

潤いを閉じ込めるためには、自分の肌に合った保湿クリームでお肌にフタをすることが大切です。

保湿クリームは、水分を逃さない役割があるだけでなく、水分と油分をバランスよく与えることで、しっとりもちもちの肌に整えてくれます。

保湿クリームは乳液よりも油分が多いため、保湿力が高いのが特徴です。

また、自分の肌に合った保湿クリームを見つけるためには、どんな保湿成分が配合されているのかを知ることが大切です。

保湿成分には、様々なものがあり、成分ごとで期待できる効果が異なります。

数ある保湿成分の中でも、3大保湿成分と呼ばれるほど保湿力の高い成分をまとめました。

編集部のチェックポイント
保湿成分の王道!セラミド
セラミドは、肌の角質にあり、角質の約40%がセラミドです。セラミド自体に水分を保持する力があるため、保湿成分の中でも最強の保湿成分と言われています。肌のバリア機能の改善を助け、肌トラブルへの効果を期待することができる成分です。
乾燥に強い!ヒアルロン酸

ヒアルロン酸自身の重さの200倍から600倍の量の水分を保持する力があります。伸びがよい成分で、少量でも保湿力が高いです。セラミドよりも安価でありながらも、保湿力もあるため、コスパのよい成分とされています。
肌の弾力を保つ!コラーゲン

歳を重ねるごとにコラーゲンは、体内で作られなくなっていきます。そのため、コラーゲンは積極的に補うことが大切です。肌の弾力を維持する成分で、ハリのある肌に欠かせない存在となっています。

この3つの成分は保湿成分の中でも特に保湿力が高い成分なので、フェイスクリームにこの成分の表示があれば、安心です。他には、価格、肌のバリア機能を改善する成分、その他の嬉しい効果を期待できる+αとなる成分に注目して比較してみましょう!

ONE cosme編集部Voice
フェイスクリームだったら、どんなものでも同じように保湿されるような気がしますよね!でも、含まれる保湿成分などで差が出てきます!自分の肌悩みと照らし合わせて、フェイスクリームごとでどんな違いがあるのかを詳しくみていきましょう。