歯ブラシのおすすめランキング!磨き残しを防いで歯がピカピカになる人気アイテム

歯ブラシのおすすめランキング!磨き残しを防いで歯がピカピカになる人気アイテム

【歯ブラシランキング】歯科医が推奨!磨きやすくて歯垢がよく落ちるアイテムBEST5を発表

【歯ブラシランキング】歯科医が推奨!磨きやすくて歯垢がよく落ちるアイテムBEST5を発表

「歯科医に『磨き残しが多い』と注意された…」

「歯を磨いても歯垢が取れていない気がする…」

歯磨きについて、このような不安やお悩みをお持ちではありませんか?

そんなときは、いま使っている歯ブラシが自分に合っているかどうか、この機会に見直してみるのがおすすめです。自分の歯や歯並びに適していてちゃんと磨ける、最高の歯ブラシを探しましょう!

もし自分に合っていない歯ブラシを使い続けると、どんなデメリットがあるのでしょうか?

しっかり歯を磨けていないまま放置すると、歯茎が腫れる・出血を起こす・歯肉が下がるといった不健康な状態になる可能性が考えられます。さらにそのまま放置して歯垢が溜まり続けると、虫歯・歯肉炎・歯周病になるといった病気につながる恐れがあります。

歯周病になると最悪の場合、歯をすべて失うだけではなく、細菌が全身に回ることで心筋梗塞・狭心症・脳梗塞といった重大な疾患を誘発する原因となりかねません。

歯ブラシ選びにこだわらず、「安いから」「デザインが気に入ったから」という理由で適当に買って数年〜数十年と使い続けると、将来大きな病気になってしまうかも!

歯ブラシについて考えている今だからこそ、自分の歯や歯茎にフィットする最適なアイテムを選びましょう◎

自分に合う歯ブラシを使うと、歯垢がちゃんと除去できるので虫歯・歯肉炎・歯周病の予防になり、健康的な歯を長持ちさせることができます。ぴったりフィットする歯ブラシを選んで、丈夫でツルッとした清潔な歯を少しでも長くキープしてくださいね!

歯ブラシの重要性について理解したところで、上手な選び方を確認しましょう。

歯ブラシの毛の硬さに注目しよう
健康な歯茎の方は「ふつう」か「かため」の歯ブラシがおすすめ! 歯ブラシの毛が硬ければ清掃効率が高くなるため、短時間でササッと磨けますよ◎ 歯肉炎・知覚過敏の方は「やわらかめ」の歯ブラシを使って、刺激を与えず歯を優しく磨きましょう。
ヘッドは「自分の上の前歯2本分」の大きさがおすすめ
一般的に、毛束が植えられているヘッドのサイズは「自分の上の前歯2本分と同じくらいの大きさ」が適切と言われています。 また、これよりも小さいものは「コンパクトヘッド」となります。 歯並びがよく、虫歯や歯周病などの病気を患っていない場合は、上の前歯2本分のヘッドの歯ブラシを選びましょう! 一方でコンパクトヘッドは、奥歯や歯並びの悪い部分までしっかり磨けることが特長。 小回りが利いて磨きやすさを重視するなら、コンパクトヘッドがおすすめです◎
毛の形状をチェック!
歯ブラシの毛の形状には、主に「先丸毛(ラウンド毛)」と「先細毛・超極細毛」の2種類があります。 先丸毛は、歯の表面の歯垢を効率よく落とせて、歯ぐきを傷つけにくい点がメリット。 先細毛・超極細毛は、歯と歯の間の歯周ポケットに毛先が届きやすく、柔らかな磨き心地になります。 清掃効率の高さを重視するなら先丸毛、歯や歯茎への優しさを重視するなら先細毛・超極細毛がおすすめです!

1本数百円、数十年使い続けても数万円しかかからない歯ブラシ代をケチると、数十年後に何百万円もの大金を使って大病を治さねばならなくなる可能性があります。

将来への投資だと考えて、あまり値段にはこだわらずに機能性や使いやすさを重視して歯ブラシを選んでくださいね♪

編集部Voice
たかが歯ブラシ・されど歯ブラシ…大きな疾患につながる恐れがあるからこそ、歯ブラシ選びはとても大切なんです! ヘッドの大きさ・毛の硬さなどに注目して、自分に合う最高の1本を見つけ出しましょう!
40代
40代
歯医者さんに「歯肉炎っぽいから、歯をしっかり磨くように」と指導されました。 今まで歯ブラシは適当に選んだ安いものを使っていましたが、よく調べて歯ブラシを買ってみたら大正解! しっかり歯と歯の間まで磨けているようで、再検診で歯医者さんに褒められました♪
50代
50代
虫歯が気になったので、コンパクトヘッド・毛はやわらかめのものを選びました。 ちゃんと歯や歯茎まで洗浄できているみたいで、口をすすいだ後のスッキリ感が違います!

歯ブラシのおすすめ3選!歯を1本ずつ丁寧に磨けてツルツルになる人気の歯ブラシはどれ?

歯ブラシのおすすめ3選!歯を1本ずつ丁寧に磨けてツルツルになる人気の歯ブラシはどれ? ご紹介する3つの歯ブラシアイテムは、通販サイトやドラッグストアで手に入りやすく、磨きやすいと評判のものばかり。口のサイズに合わせて、毛がやわらかめ・コンパクトヘッドも必見ですよ!

  • システマハブラシ
    日本歯科医師会推薦の歯ブラシ

    歯がツルツルになり、汚れがゴッソリと取れる歯ブラシ

    LION(ライオン) システマハブラシ

    約250円~300円(税込・オープン価格)

    商品について詳しくはこちら
  • ルシェロ歯ブラシ
    求めている歯ブラシが見つかる

    毛の硬さや植毛デザインまで最適化した歯ブラシ

    GC(ジーシー) ルシェロ歯ブラシ

    約200〜250円(税込・オープン価格)

    商品について詳しくはこちら
  • クリニカ アドバンテージハブラシ
    磨きやすい極薄ヘッドの歯ブラシ

    歯科衛生士の8割以上が「理想的なカタチ」と回答!薄さ2.6mmの極薄ヘッドで奥歯まで磨ける歯ブラシ

    LION(ライオン) クリニカ アドバンテージハブラシ

    約200円~250円(税込・オープン価格)

    商品について詳しくはこちら
ランキングを詳しくみる比較表をみる

歯ブラシランキングBEST5!歯と歯の間や奥まで磨けて清潔になる最強アイテムをご紹介!

歯ブラシの中でおすすめのアイテムを、ランキング形式で5つご紹介します。口コミで評判だったり、有名ブランドの歯ブラシを厳選しましたので、ぜひ5つともしっかりチェックしてみてください!

  • LION(ライオン)システマハブラシ

    システマハブラシ

    総合評価:

    4.0

    ◇単品価格:約250円~300円(税込・オープン価格) ◇キャンペーン情報:ー

      日本歯科医師会が推薦!歯周病予防に特化した、汚れをゴッソリかき出せる歯ブラシ

      ライオンのシステマハブラシは、日本歯科医師会の推薦商品に指定されている歯ブラシです。Amazonや楽天など大手の通販サイトでは、6本や12本などまとめて販売されている商品が多く、リピーターが続出している人気アイテムです!

      ライオンは1891年に創業した生活用品メーカーで、当初は東京・神田で石けんやマッチの原料取次ぎを行う商店としてスタートしました。5年後の1896年に粉ハミガキ「獅子印ライオン歯磨」を発売し、徐々に歯磨き関連の商品を取り扱うようになります。

      1913年には歯科医師が参画した「口腔衛生啓発普及のための第1回社会講演会」を開催したり、学童向けの「ライオンコドモハミガキ」を発売したりするなど、年齢を問わず口や歯の健康増進を広く呼びかけるようになりました。

      1993年には歯周病予防に特化した「デンターシステマライオン」シリーズとして、液体ハミガキ・歯ブラシ・デンタルリンスの発売を開始。口腔衛生の研究を丹念に進め、人々の口周りの健康を守りたいと考えているライオンだからこそ、歯周病セルフケアをサポートするシステマは効果的にアプローチしてくれる商品が揃っているのです。

      システマの約束は「歯周病プラークまで徹底殺菌・除去し、歯周病セルフケアをリードする」というもの。

      歯周病は日本人の30代以上の3人に2人がかかっていると言われていて、多くの人が悩んでいる細菌感染症です。システマは歯周病の原因である細菌が、歯と歯ぐきのすき間の「歯周ポケット」で繁殖しやすいことに着目し、歯周ポケットに詰まった汚れを取り除くことに注力したラインナップが豊富です。

      歯ブラシシリーズは「超極細毛を用いた歯周病ケアハブラシ」を展開しており、口の奥の歯周ポケットまで届きやすい薄型ヘッドを採用。超極細毛が歯周ポケットの奥の汚れを、ゴッソリとかき出せるように設計されています。

      サイズは「超コンパクト」「コンパクト」「レギュラー」、かたさは「やわらかめ」「ふつう」「かため」を販売。「しっかり毛腰タイプ コンパクト ふつう」「コンパクト 3列スリム やわらかめ」など、ブラシヘッド部分の大きさや毛のかたさ、磨き心地の異なる11種類のラインアップから自分に合うものを選べます!

      口コミでは「歯がツルツルになる」「汚れがしっかりかき出せる」という声が多数挙がっていて、サッパリとした磨き上がりになると評判です。

      29歳/普通肌
      ふつうを買いましたが、かなり柔らかめに感じます。 ヘッド部分が薄く毛も細く、細部まで磨けるブラシ構造なので柔らかく感じるのだと思います。 ヘッドの小ささが良かったです。顎自体が小さいのでヘッドが大きいと口内を痛めることもありますが、そのようなストレスもなく使えています。
      41歳/普通肌
      何種類か歯ブラシを使ってきましたが磨き残しなく歯周ポケットの汚れまでツルツルに落としてくれる歯ブラシがシステマだった^_^ 痛くなくて磨きやすく歯と歯の隙間をしっかり磨けるので汚れも落ちてさっぱりです!

      オープン価格で、通販サイトを見ると1本あたり250〜300円くらいで販売されています。

      「自分にとって磨きやすい逸品と出会いたい」という方や、「歯周病予防に力を入れたい」という方はぜひ試してみてください!

      編集部の徹底レビュー

      システマハブラシは超極細毛を採用しているので、歯周ポケットの奥の汚れを細菌ごとしっかりとかき出せます◎ 「汚れがちゃんと取れる歯ブラシを使いたい」「歯周病予防に特化した歯ブラシが欲しい」という方におすすめです! 250円ほどとリーズナブルですので、まずは1本気軽に購入してみてはいかがでしょうか?

      \WEB限定のお試し価格をチェック/

      公式サイトでお得に購入する口コミや効果を詳しくみる
    • GC(ジーシー)ルシェロ歯ブラシ

      ルシェロ歯ブラシ

      総合評価:

      4.0

      ◇単品価格:約200〜250円(税込・オープン価格) ◇キャンペーン情報:ー

        歯科医療一筋100年のメーカーが製造!プロが認める、自分に合う形が選べて磨きやすい歯ブラシ

        ジーシーのルシェロ歯ブラシは、Amazonでは種類によっては過去1か月で2,000点以上購入されたり、5〜10本とまとめ売りされていたりと、高い人気を誇っているプロ仕様の歯ブラシです。

        ジーシーは歯科材料及び関連機械・器具の製造販売を行っている企業です。東京帝国大学(現・東京大学)を卒業した3名の化学者が、1921年に東京・池袋にヂーシー化学研究所を設立し、リン酸亜鉛セメントの研究に着手しました。

        リン酸亜鉛セメントは、歯科において合着・裏層材・築造・仮封に用いられるセメントで、ジーシーは歯科医療一筋で100年以上の歴史を誇ることが分かります。日本国内では希少な材料分野・機械分野ともに開発・製造・販売できるメーカーで、歯科医療業界では国内ナンバーワンのシェアを誇っています。

        世界トップレベルのハイクオリティな歯科材料製品や、人間工学に基づいた歯科用ユニットなどを展開しているため、ジーシーの歯ブラシは医療現場で広く普及していてプロが認める歯ブラシと言えるのです。

        ジーシーは複数の歯ブラシブランドを設けていますが、中でも「ルシェロ」は「患者さんの口腔内にあったものを『処方する』というコンセプト」を掲げています。その人の口の大きさや汚れの程度に合わせて、毛の硬さだけでなく植毛デザインまで最適化したブラシを処方(選択)できる、という新しいコンセプトです。

        歯周病の方や歯周病予防・メインテナンスに向けたP-10、ホワイトニング後に美白を維持するのためのW-10、10代・女性の方向けのコンパクトなB-20など、全部で9種類のバリエーションを展開。用途や目的ごとに細かく種類が分けられているので、どの歯ブラシを使っていいか悩みづらく、リピートしやすい点がメリットですね♪

        また、グリップ部分はピンク・イエロー・グリーン・ブルーなどカラフルで、使うたびにワクワクする明るいカラーばかりです。

        口コミサイトには「歯科医に薦められてから、他の歯ブラシが使えなくなった」「とても磨きやすくて、歯科医からの指導がなくなった」と、プロ仕様なだけあって高評価の声が多数掲載されています!

        31歳/乾燥肌
        歯科衛生士です。患者さんにブラッシング指導で使います。 ヘッドが小さく小回りが利き奥歯も磨きやすく、毛先の先端が細くなっているので歯周ポケット内もある程度は清掃できます。 歯周病対策に適した歯ブラシです。磨けてる感覚が気持ちいいです。
        51歳/混合肌
        ルシェロの歯ブラシは本体もパッケージもデザインなかなか良いです。 グリップのカーブもとてもよく考えられていて握ると手にフィットするし、奥歯もすごく磨きやすいです。 もう3年以上、これを使っています。歯ブラシは何種類も持っていますが、メインで使うのはルシェロです。

        価格は大手の通販サイトによると、種類によって異なりますが1本あたり大体200〜250円とお手頃です。

        「歯医者に褒められる歯になりたい」という方や、「自分に合う歯ブラシを見つけたい」という方はぜひ試してみてください!

        編集部の徹底レビュー

        口コミサイトでは歯科衛生士からの高評価の投稿が多く、プロが絶賛していることがうかがえます。 「徹底的に歯の病気を予防したい」「プロのおすすめの歯ブラシを使いたい」という方におすすめです! 歯科医専売品ですが、口コミサイトを見る限りではハンズやロフトでも売っていることがあるようなので、気になる方は店頭で探してみてくださいね。

        \WEB限定のお試し価格をチェック/

        公式サイトでお得に購入する口コミや効果を詳しくみる
      • LION(ライオン)クリニカ アドバンテージハブラシ

        クリニカ アドバンテージハブラシ

        総合評価:

        4.0

        ◇単品価格:約200円~250円(税込・オープン価格) ◇キャンペーン情報:ー

          日本歯科医師会の推奨商品!@cosmeベストコスメの受賞歴を持つ歯科医推奨設計の歯ブラシ

          ライオンのクリニカ アドバンテージハブラシは日本歯科医師会推奨商品で、@cosmeベストコスメアワード2015 ベストオーラルケアで第3位、@cosmeの歯ブラシ・デンタルフロスランキングで7位にランクインしています。

          極薄ヘッドと極細ネックで奥歯の奥までしっかり届く歯科医推奨設計の歯ブラシで、歯科衛生士100人の80%以上が「理想的なカタチ」と回答!今使っている歯ブラシでは口の奥まで届かない方、歯並びがあまりよくない方でも、1本1本丁寧に磨きやすいおすすめの歯ブラシです。

          ライオンは1891年に小林富次郎氏が、東京の神田で商店を開いたことから歴史が始まりました。1914年に東京歯科医学専門学校(東京歯科大学の前身)の指導にもとづいて歯ブラシを開発したり、1918年に歯磨・ハブラシ事業を専売とする株式会社 小林商店を設立したりと、日本オーラルケアメーカーの第一人者としてリードすることになります。

          また、1921年に日本で初めての児童専門の歯科診療を目的とした「ライオン児童歯科院」を設立したり、1948年に日本で初めてのフッ素入りの歯磨き粉「ライオンFクリーム」を発売したりと、常に口腔衛生の研究や健康管理に尽力しています。

          1981年にはムシ歯の原因となる歯垢を酵素で分解する歯磨き粉「クリニカライオン」を発売したことで、クリニカシリーズが台頭。生涯を通じて歯をトラブルから守って管理する「予防歯科」という発想のものと、歯の質を強化して細菌の働きを弱めるフッ素を歯に残したり、歯垢(プラーク)を落としたりすることに特化したラインナップを展開しています。

          そんなクリニカから発売されているアドバンテージハブラシは、薄さ2.6mmの「極薄ヘッド」が特徴で、磨きにくい奥歯の奥までブラシが届いてきちんと歯垢を落としてくれます。

          歯を1本ずつ磨けるスリム形状と、奥歯まで届く先細形状と2つのヘッド形状を揃えており、自分の口の状況や磨き方に合わせて選べる点が魅力です。どんな人の口の形にも合うように、「3列コンパクトふつう」「4列超コンパクトやわらかめ」などヘッドの大きさや毛のかたさなどが異なる9種類も販売しています。

          さらに、ブラシの毛にはすき間にフィットしやすく、歯垢をしっかりかき出せるように「弾力フィット毛」を採用。軽い力で小刻みに動かしやすいように、ペンみたいな形の「六角形スリムハンドル」に設計されています。

          口コミでは「細かな汚れまでキレイに落ちた」「これからも使い続けたい!」といった声が挙がっています!

          32歳/乾燥肌
          4列超コンパクトを購入しました。 見た感じ、普段使用していた歯ブラシよりヘッドがとてもコンパクトだったので、ちゃんと磨けるのかなと思いましたが、 このコンパクトな極薄ヘッドが、奥歯のさらに奥まで届き、細かな汚れまでキレイに落ちて、しっかり磨けました。 グリップも握りやすい六角形で手にフィットし、隅々まで磨きやすさを考えた設計だなぁと感じました。 ブラシも固さもちょうど良く大満足でしたのでリピートしたいですね。
          28歳/混合肌
          ブラシが小さく小回りが利き、ヘッドがコンパクトなので奥歯の隙間まで磨きやすいです。 歯を一本ずつ丁寧に磨くことができるので、もう他のハブラシを使えなくなりそうです。 磨き終わった後も歯がつるつるしています。 奥歯の磨き残しが気になる人にはオススメな歯ブラシです。 何度かリピートしていますが、これからも使い続けたいと思います。

          オープン価格ですが、通販サイトを見たところ、1本あたり200〜250円とリーズナブル!安くて高機能な歯ブラシをお求めでしたら、一度は試して欲しい逸品です。

          「歯科医推奨設計の歯ブラシを使ってみたい」という方や、「小回りのきく小さいヘッドの歯ブラシが好み」という方はぜひ購入してみてください!

          編集部の徹底レビュー

          極薄ヘッドが奥歯の奥までスムーズに届きやすく、弾力フィット毛が歯と歯の間や歯と歯ぐきの境目などの狭い隙間に入り込んで歯垢をしっかりかき出してくれます。 クリニカ アドバンテージハブラシは「奥歯までしっかり磨きたい」「歯ブラシで歯垢を徹底的に洗い出したい」という方におすすめです! 日本歯科医師会推奨商品で、歯周病や歯肉炎といった口の病気から歯を守りましょう◎

          \WEB限定のお試し価格をチェック/

          公式サイトでお得に購入する口コミや効果を詳しくみる
        • エビスプレミアムケア

          プレミアムケア

          総合評価:

          4.0

          ♢ブラシのタイプ:特にやわらかめ・やわらかめ・ふつう・かため ♢単品価格:253円(税込) ♢キャンペーン情報:ー

            ブラッシング技術がなくても大丈夫!スッキリした磨き上がりを体感できる歯ブラシ

            エビスのプレミアムケアは、一際大きなヘッドと植毛量が特徴的な歯ブラシで、発売以来、数ある幅広ヘッドハブラシの中で売上No.1を獲得しています。見た目にインパクトがある歯ブラシですが、Amazonでは4.4の高評価を獲得し、現在までに2,110件のレビューを獲得、アットコスメの歯ブラシ・デンタルフロス部門でも10位にランクインしています。

            大きなヘッドと大量の毛が歯を1本1本包み込んで汚れを落としてくれるので、歯磨きしながらマッサージのように気持ちいい感覚を味わうことができるでしょう。

            「ブラッシング技術がなくとも、誰もが効率良く簡単に歯磨きできるハブラシとは?」という問題に対して、エビスの出した答えがプレミアムケアの「幅広ヘッド」なのです。

            プレミアムケアは一般的な歯ブラシの約2倍の大きさのヘッドを持ち、植毛数も2倍になっています。これにより歯への接地面積が増え、ブラッシングに特別な技術がなくても誰でも簡単にきれいな歯に磨くことができるのです。

            植毛量が多いだけでなくソフト毛・ハード毛と硬さの異なる毛が的確な位置に配置されているのもポイントです。毛先も2種類に分かれており、外側には歯周ポケットに入り込む先の細い「超細型毛」、内側には歯面をしっかり磨ける「フラット毛」が植えられています。この2種類の毛と毛先のコンビネーションが最高の磨き心地を実現しています。

            一方で店頭で見かけても、大きなヘッドに抵抗があってなかなか手が伸びないという方も多いようです。しかし使ってみると意外と磨きやすいというレビューが多く「もう手放せない!」と感動する方もたくさんいらっしゃいます。プレミアムケアは従来品と比べて約25%もヘッド部分が薄くなり、口に入れたときに動かしやすくなっているのも魅力です。

            プレミアムケアにはブラシの配列とヘッドの幅が異なる4種類が発売されています。最もスタンダードな「6列レギュラー」は14.9ミリ幅のヘッドに48のブラシ穴があり、歯面との接触面積が広いのが特徴的です。はじめてプレミアムケアを使う方は、まずレギュラーを使って磨き心地を体験してみるのがいいかもしれません。ひと回り小ぶりの「6列コンパクト」は、ヘッドの先が細くなっており奥歯まで届きやすいデザインになっています。口が小さな方でも使いやすく、女性にもおすすめです。

            一方、もっと効率よく磨きたいという方には「6列ラージ」か「7列レギュラー」がぴったりです。「6列ラージ」はレギュラーと同じ14.9ミリのヘッド幅ですが、ブラシ穴が縦に一列長くなっており合計54穴となっています。歯列を効率よくカバーできますし、大きなブラシで豪快に磨ける爽快感はピカイチです。「7列レギュラー」は横に一列ブラシ穴を増やした17.2ミリのヘッド幅で、歯茎から歯までしっかり届きます。歯磨きと同時に歯茎のマッサージまでできるパワフルな歯ブラシです。

            効率良く汚れを除去して磨き残しの少ない健康的な口内をつくることができるので、歯医者さんで磨き残しを指摘される、歯茎が腫れて血が出やすいなどの悩みを持っている方にもおすすめです。

            「歯医者さんに褒められた」「磨き終わりの気持ちよさにびっくり」という口コミも多く、歯磨きの時間が楽しくなるのも大きなメリットと言えるでしょう。毎朝の歯磨きが楽しみになれば気分が明るくいられそうですし、良い1日を過ごせそうですね!

            41歳/敏感肌
            この歯ブラシは一度使ったら、他の歯ブラシに戻れない。しっかり磨けて、幅広なのにちゃんと奥まで磨けます。ツルツルに仕上がるのもいい感じ。歯や、歯茎にあたる感じもやさしく、ずっと使っていきたい歯ブラシです。 (※効果には個人差があり効果を保証するものではありません。)
            33歳/敏感肌
            ヘッドが大きい歯ブラシを敬遠してきた自分を殴りたいくらい良いです。広範囲を一気に磨ける爽快さがクセになります。 (※効果には個人差があり効果を保証するものではありません。)

            プレミアムケアは253円(税込)/1本と一般的な歯ブラシとほぼ変わらない価格帯で販売されています。簡単に試せる価格なので、歯ブラシを買い換える際にはぜひ検討してみてくださいね。

            歯ブラシにこだわりがない方や、毎日何気なく歯を磨いている方も多いでしょう。しかし一生付き合っていく歯だからこそ、毎日のケアの積み重ねが大切です。プレミアムケアで、驚くほどツルツルでスッキリした歯を体験してみませんか?

            編集部の徹底レビュー

            プレミアムケアの大きくふさふさなヘッドは歯を丸ごと包んで隅々まで磨いてくれます。ヘッドは従来品と比べて25%も薄くなり、奥歯や歯の裏側まで届きやすく改良されています。効率良くしっかりと汚れを落としてくれるので時短にもなりますよ。 通常の歯ブラシの2倍の毛が使われているプレミアムケアですが、金額は253円(税込)/1本ととてもお手頃です。スーパーやドラッグストアでも購入できるので気になったらすぐに試しやすいのも魅力ですね。 歯を磨いてもなんだかスッキリしない、きれいに磨けているか心配とお悩みの方は、ぜひ使ってみてくださいね。

            \WEB限定のお試し価格をチェック/

            公式サイトでお得に購入する口コミや効果を詳しくみる
          • SUNSTAROra2(オーラツー)オーラツーミー ハブラシ ミラクルキャッチ

            Ora2(オーラツー)オーラツーミー ハブラシ ミラクルキャッチ

            総合評価:

            4.0

            ♢ブラシの種類:ふつう・やわらかめ・超やわらかめ ♢単品価格:275円(税込) ♢キャンペーン情報:ー

              小さな子どもも使用可!先端密着毛がミクロの汚れまでしっかり絡め取る

              オーラツーミー ハブラシ ミラクルキャッチ薄くてコンパクトなヘッドとロングネックが特徴のハブラシです。女性やお子様など小さなお口でも奥歯までしっかりと届き、無理なく磨くことができます。Amazonでは6本セットが過去1ヶ月で800点購入されており、家族みんなで使ったり、リピートする方が多い商品だということがわかります。

              歯ブラシや歯磨き粉で有名な「Ora2」は、生活に寄り添ったオーラルケアブランドです。ドラッグストアやスーパーマーケットでも取り扱われているので、手にとったことのある方も多いのではないでしょうか。

              そのOra2が誕生20周年の節目にリニューアルし、新しく生まれたのが「Ora2 me(オーラツーミー)」です。Ora2 meは「美しさやかわいらしさ、いつも自分らしくありたい女性たちの毎日を支えたい、」という思いから、女性に寄り添ったデザインのオーラルケア商品を開発しています。

              小さくてやさしい磨き心地なのに、しっかり汚れを落としてくれると好評のオーラツーミーハブラシ ミラクルキャッチ。その秘密はブラシ部分にあります。

              オーラツーミーハブラシ ミラクルキャッチには毛先が1本1本細かく分割されている先端密着毛が採用されており、歯の表面の凹凸にもしっかりと密着してくれます。やわらかな繊維で拭き取るように歯を磨けます。もちろん歯周ポケットにもやさしく入り込み、歯茎を傷つけることなく汚れを掻き出してくれます。

              女性に寄り添う「私らしい」デザインもオーラツーミーハブラシミラクルキャッチの魅力です。透明なハンドルカラーは6色のバリエーションがあり、さわやかでありながらかわいらしい印象も与えてくれます。洗面所に置いておくのがうれしくなるようなデザインで、毎朝の歯みがきシーンを楽しく演出してくれるでしょう。

              また、ブラシの硬さバリエーションも豊富です。Ora2従来の「ウルトラソフト」よりもやわらかい使用感の「超やわらかめ」がラインナップに加わり、ふつう・やわらかめ・超やわらかめの3種類から選べるようになりました。硬いブラシで歯茎を傷つけないか心配な方や、やわらかな磨き心地が好きな方はぜひ「超やわらかめ」を試してみてくださいね。

              女性からの口コミが多く「歯茎にやさしいので安心」「歯の表面がつるつるになる」という声も多数挙がっていました。小さなヘッドの磨きやすさとやわらかいブラシを気に入っている方が多い印象です。

              歯がツルツルになります。最初に磨いて実感します。50代なので歯の表面のザラつきが気になっていました。今までは歯を磨いても磨き残しがあるようで気になりましたが、この歯ブラシを使って表面のツルツル感を感じられました。 (※効果には個人差があり効果を保証するものではありません。)
              超柔らかめを購入しました。ヘッドが大きすぎないので、長時間磨きやすいです。柔らかい歯ブラシで優しく磨くのが好きな人におすすめです! (※効果には個人差があり効果を保証するものではありません。)

              定価は275円(税込)と一般的なハブラシの価格です。Amazonや楽天市場などのまとめ売りでは1本あたりの価格が定価より安くなっています。家族全員分の購入を予定している方や継続して使おうと思っている方は、ネット通販も検討してみてくださいね。

              編集部の徹底レビュー

              やわらかなブラシでやさしく歯垢を除去したい、小さいヘッドのハブラシが好きな方にはぜひ使っていただきたいハブラシです。ドラッグストアやスーパーでも見つけることができるので簡単に購入できるのもうれしいですね。 見た目もかわいいので、好きなカラーを選んで洗面所に置いておくだけで毎朝の歯磨きがちょっぴり楽しみになるかもしれません。旅行に持っていくのもテンションが上がりそうです♪

              \WEB限定のお試し価格をチェック/

              公式サイトでお得に購入する口コミや効果を詳しくみる

            歯ブラシの毛先にも種類がある!毛先の違いで効果も違うの?

            歯ブラシの毛先にはさまざまな種類があります。種類は大きく分類すると次の4つです。

            口腔内の状態から歯ブラシの毛先を使い分けることで、効率よく汚れを落とせますよ♪

            【フラット】

            • 根から毛先まで同じ太さで毛先が平ら
            • 歯の列が整っている人におすすめ
            • 歯の面積を広く磨ける

            【ラウンド】

            • 根から毛先まで同じ太さで毛先が丸い
            • 一般的な歯ブラシ
            • 歯や歯茎を傷つけにくい

            【デーパー】

            • 毛先が細く長めで柔らかめ
            • 歯周病予防におすすめ
            • 歯と歯の間や被せものの間に届きやすい

            【二段植毛】

            • フラット毛とデーパー毛を組み合わせたもの
            • 歯茎の炎症と歯周病が気になる人におすすめ
            • 歯や歯茎に優しく、隙間の汚れも落としやすい
            編集部Voice
            一般的な歯ブラシの毛先は歯の表面の歯垢(プラーク)が取りやすいラウンド型になっていることが多いのですが、歯と歯の間や歯周ポケットには毛先が入りづらいため、歯周病予防には不向きといえます。毛先の形も自身の口腔状態にあわせて選ぶようにしてくださいね。

            歯ブラシのかたさはどれがいいの?硬め・ふつう・やわらかめの選び方を伝授!

            歯みがきのときは、力を入れすぎても弱すぎても汚れを十分に落とせないため、歯みがきは力加減も大切です。

            自身の口腔内の状態と歯みがきの仕方を把握すれば、おのずと自分にあう歯ブラシのかたさが見つけられるでしょう。

            そこで、まずは歯ブラシの毛の選び方をお伝えしますね。

            歯ブラシのやわらかめはデメリットが多い?汚れが落ちないと心配している人必見!

            歯ブラシの毛は柔らかいと磨いた気がせず、汚れもさほど落ちないのではないかと考える人も少なくありませんよね。

            ただし、毛が柔らかい分、歯や歯茎に優しく傷つきづらいメリットがあります。そのため、歯みがき時によく出血する人はやわらかめがおすすめです。

            また、かための歯ブラシに比べれば、力の入れ具合が同じでも、汚れの落ち具合が弱いのは否めません。しかし、細かい部分にも毛が届きやすいため、丁寧に磨くことで隅々まで汚れを落とせるでしょう。

            歯ブラシのかためが向いている人と使用しない方がよい人とは?

            かための歯ブラシは、さほど力を入れなくても、しっかりと歯を磨いた感覚が得られやすく歯の表面のヌメリもスッキリととれます。

            ただし、力加減を間違えてしまうと歯や歯茎を傷める可能性もあります。そのため、歯の質が弱い人や歯茎に炎症がある人などは、かための毛の歯ブラシの使用はおすすめしません。

            かための毛の歯ブラシは口腔内の状態に問題がなく、口の中の爽快感を特に重要視している人におすすめです。

            歯ブラシのかたさはふつうが一般的?ふつうのメリットを抑えて、自分にあった歯ブラシを選ぼう♡

            ふつうの毛の歯ブラシが一般的な歯ブラシとされていることもあり、ドラッグストアやコンビニなどでも多めに置かれています。そのため、いつでも手に入りやすいのもメリットのひとつです。

            また、老若男女問わず使用しやすくつくられているため、口腔内に特に問題がなく正しく磨けているのであれば、ふつうの毛で十分でしょう。

            歯ブラシを選ぶポイントが知りたい!自分の歯や歯茎の状態で使用する歯ブラシを目的別にご紹介♡

            歯ブラシを選ぶためには、自身の歯や歯茎の状態を知る必要があります。そして、虫歯にならないため以外に歯みがきで何を求めているのか明確にすることで、歯ブラシが選びやすくなるでしょう。

            歯周病ケアに効果的な歯ブラシを探しているなら毛先にも注目!

            歯周病がある場合は、歯と歯の間にある歯周ポケットのケアが大切です。

            歯周ポケットに届きやすい歯ブラシの毛は、毛先が0.2mm以下の超極細毛タイプといわれています。

            また、歯周病の予防や解消にむけて人気の高い歯ブラシは次の3つです。

            【ルシェロ】

            ルシェロは歯の予防歯科先進国であるスウェーデンの概念のもと、口腔内の状態にあわせたものを処方するというコンセプトから開発されました。

            ネットで手に入れることは可能ですが、一般のドラッグストアやスーパーなどでは手に入れられない歯科専売の歯ブラシです。

            歯科専売の歯ブラシは品質や専門性の高い商品ともいえるため、歯周病に対しても軽度・中度・重度にあわせた歯ブラシのタイプがあります。

            口腔内の状態にあわせた歯ブラシをみつけやすいため、効率的に歯の汚れを落とせますよ

            【システマ】

            LIONのブランドであるシステマの歯ブラシには、歯周病ケアに特化した歯ブラシがあります。

            歯ブラシのヘッドは薄型なうえ、横幅も歯並びや口の大きさに合わせた複数のヘッドのサイズがあります。

            通常の歯ブラシの毛20分の1の超極細毛のため、歯周ポケットの奥の汚れをかきだしやすいのが特徴です。

            歯周ポケットの汚れがとれれば、歯周病の進行を抑えやすくできます。

            【クラクロップス】

            一般的な歯ブラシの毛先が0.2mm以上となっているなか、クラクロップスの歯ブラシの毛先は0.1mm〜0.15mmの超極細毛です。

            さらに、歯ブラシの毛の密度が通常の歯ブラシの2倍〜10倍のため、歯ブラシの植毛の量は圧倒的です。

            また、毛は自社開発のクーレンファイバーのため、柔らかさだけではなく、弾力性と耐久性の面においても優れています

            そのため、歯周ポケットの汚れや細かな汚れを効率よく除去します。

            顎関節症などで口が開けづらく歯ブラシしづらい人におすすめのタイプを解説

            口を開けづらいと歯ブラシのときに歯をしっかり磨くことが難しいですよね。

            例えば、顎関節症になると口を開こうとするたびに痛みを感じるため、大きく開けられません。

            そのため、歯が磨きづらく磨き残しが増えてしまいます。特に歯の奥まで歯ブラシを入れられないことが多いのではないでしょうか。

            そこで、大きく口を開けることなく、歯の奥までしっかり磨ける歯ブラシを紹介します。

            【バトラー】

            バトラーは、ヘッド2.5mmという業界初の薄さを実現させた歯ブラシです。そのため、口を大きく開けなくても奥まで届きやすくなっています。

            さらに、柔らかく太めな持ち手によって力を入れなくても磨きやすいため、口を十分に開けないことで磨き残しが気になっている人におすすめできる歯ブラシです。

            【TePe(テペ)】

            TePe(テペ)のスプリームコンパクトは、ヘッドが小さめなだけではなく、角度まで変えられる歯科専売の歯ブラシです。

            また、人間工学に基づき、奥歯までスムーズに届くようにヘッドを台形のデザインにしています。そのため、口を無理に開くことなく、奥歯までスムーズに磨きやすいことからおすすめできる歯ブラシです。

            歯ブラシの毛先がすぐ広がるから嫌!毛先に耐久性を求めている人におすすめのタイプを解説

            歯ブラシは毛が広がった状態で使用すると、適切に歯を磨けなくなるため、1ヵ月に一回、少なくとも2か月に一回は交換することをすすめられています。

            そのため、頻繁に変更することがわずらわしいと感じている人も少なくありません。そこで、耐久性の高い歯ブラシを紹介します。

            【タフト24】

            タフト24は歯科専売品のため、一般のスーパーやドラッグストアでは取り扱っておらず、ネットや歯科医院のみで販売しています。

            タフト24の毛は独自のPBT素材を使用していますが、1ヵ月を過ぎても毛が広がりにくく、毛のコシがキープされやすいのも特徴のひとつです。

            歯科専売品のため専門性が高い商品にもかかわらず、値段もお手頃なところもタフト24のおすすめポイントです。

            【天然毛の歯ブラシ】

            天然毛でつくられた歯ブラシは毛先が広がりにくく、広がっても復元しやすいという特徴があります。そのため、歯ブラシの交換は半年に一回のペースでも十分です。

            最初の購入価格はどちらかといえば高めですが、1か月ほどで歯ブラシを交換することを考えれば、お得ともいえるでしょう。

            歯ブラシの種類で気になるQ&A!試してみたいけれど気になる歯ブラシの不安を解決

            • 電動歯ブラシも使用してみたいけれど、電動歯ブラシは歯周病がひどくなるってホント?

              電動歯ブラシの振動が集中するのは、毛先です。力の入れ具合によっては、磨き残しができてしまったり、歯茎を傷つけたりしてしまうため注意が必要です。 また、電動ということに頼り過ぎて、手磨きよりも雑になってしまう可能性があります。 そのため、電動歯ブラシの使用が原因というよりも磨き残しが増えることで歯周病がひどくなることはあるでしょう。大切なことは、しっかりと細部まで磨けるかどうかです。

            • 歯の裏側が磨きやすい歯ブラシってある?

              予防歯科先進国であるスウェーデンには、国民の8割が利用しているとさえいわれる「TePe(テペ)」という人気の歯ブラシがあります。TePe(テペ)ブランドは口腔内の状態にあわせた歯ブラシの種類が豊富にあります。<矯正器具や補綴器具の隙間に入りやすかったり、ヘッドが小さく角度も変えられたりするため歯の裏側の汚れにも対応しやすい歯ブラシといえるでしょう。

            • 天然毛の歯ブラシも気になっているけれど、デメリットある?

              天然毛は弾力性とコシに加えてやわらかさもあるため、マッサージのような気持ちのよいブラッシングができます。また、毛先もヘタリにくいため、人口の毛よりも耐久性が高いのも特徴です。デメリットをあげるとするならば、吸水性が高く乾きにくいことから雑菌が繁殖しやすいため、使用後にしっかり水気を切るひと手間が必要なことでないでしょうか。

            • 歯ブラシの極細毛は危険なの?人気の極細毛でささやかれているデメリットを徹底解説!

              極細毛タイプの歯ブラシは毛先が細く尖っていることから、デメリットをあげるとすれば、歯茎を傷つけやすいことがあげられるでしょう。そのため、ついつい力を入れて歯みがきをしてしまう人や歯茎に炎症がある人には向いていません。ただし、歯周病がある人、歯と歯茎の隙間(歯周ポケット)が深く、炎症がある人には有効です。