「まだ20代なのにほうれい線が目立って悩んでいる…。」

「ほうれい線のせいで老けて見られるのが嫌!なんとかしたい!」

若々しさが輝く20代でほうれい線に悩んでいると、今後年齢を重ねたらどうなってしまうのか、心配になりますよね。

20代のほうれい線の原因は、日常のちょっとした習慣に隠れていることが多いため、普段何気なく行っている行動が、実は老け顔を引き寄せているのかも!また、20代でもほうれい線ができやすい体質の人もいるので、自分がどちらに当てはまるのか、1度確認してみましょう。

もし、ほうれい線ができてしまったとしても、適切なスキンケアとアイテム選びで改善が期待できます。20代のうちにほうれい線を撃退して、ハリと弾力のある肌を取り戻しましょう♪

20代のほうれい線の原因とは?思いがけずに行っているNG習慣を見直して、脱老け顔を目指そう!

猫背

普段何気なく行っている習慣が、知らず知らずのうちにほうれい線を刻んでいるかもしれません。若々しい印象を保つためにも、ほうれい線ができてしまう原因をしっかりと把握し、早めに対策を立てることが重要です。

ここでは、20代でもほうれい線を引き起こす日常生活のNG習慣について、くわしく掘り下げていきます。

20代のほうれい線の原因①片側の歯で集中的に噛むクセがある

食べものを噛むときに、片側の歯で集中的に噛むクセがあると、その側の筋肉だけが発達し、対照的に使われない側の筋力が落ちてほうれい線が現れやすくなります。

顔の一方だけにほうれい線が見られたり、片側のほうれい線がだけ深くなっている場合は、咀嚼に偏りがある可能性が高いので注意が必要です。

さらに、顔の筋肉が左右で偏っていると、顔のバランスだけでなく、全身のバランスにも影響を与え、むくみや肩こりなど、さまざまな悪影響を引き起こす可能性があります。

20代のほうれい線の原因②姿勢が悪く猫背で頬がたるみやすい

日常的に姿勢が悪いことも、ほうれい線を生じさせる原因に!

特に、巻き肩猫背ぎみの方は、首や頭が肩より前に出てしまい、筋肉が肌を下方向に引っ張ることでたるみを引き起こし、ほうれい線ができやすくなります。

さらに、悪い姿勢はほうれい線だけでなく、全体的な顔のたるみや二重顎なども引き起こすため、早めに対処することが必要です。

また、スマホやゲームなどで頻繁に頭を下げる時間が長い場合、さらに顔のたるみとほうれい線の悪化を招くこともあるため、長時間同じ姿勢で過ごさないようにしましょう。

編集部Voice

スマホの見過ぎやゲームのやりすぎは、首への負担が大きく、ストレートネックになる可能性が極めて高いです。1度ストレートネックになると、首や肩のこりや痛みがでやすく、慢性的な頭痛の原因になってしまうことも。また、首や肩の血行が悪くなることで、お肌に必要な栄養素が届きにくくなる原因にもなり得ます。30分に1度休憩を取ったり、ストレッチを行うなどで体をほぐすことが大切です。

20代でほうれい線ができやすい人の特徴はあるの?きちんとケアをしているのに…という方は、意外な理由が原因なことも

ほうれい線

「スキンケアを欠かさず行っているのに、なぜかほうれい線が目立つ…。」そんな疑問を抱いている方も多いのではないでしょうか。

ほうれい線は生活習慣だけでなく、遺伝的な要素や体質にも影響を受けている可能性があります。頬骨の形状、頬の脂肪量、肌の乾燥など、それぞれがほうれい線の発生にどう関わっているのか、しっかり確認しておきましょう。

ここでは、20代でほうれい線ができやすい人の特徴についてくわしく解説します。

20代でほうれい線ができやすい人①遺伝的な骨格で頬骨が低くフラットだと肌がたるみやすい

20代でほうれい線が目立つ人は、生まれつきの骨格が影響しているかもしれません。

頬骨が低いフラットな顔立ちの人は、お肌や脂肪が骨によってしっかり支えられず、下方向へ落ち込むことでほうれい線ができやすいことがあります。

反対に、頬骨が高い位置にある人は、年齢を重ねたり、ダイエットをすることで顔全体が骨っぽく見えて、ほうれい線が目立つようになることも。

また、鼻の周囲の骨が小さく繊細な人は、小鼻の横がくぼんで影になり、ほうれい線の付け根部分が現れやすい場合もあります。

小鼻横のくぼみが進行すると、口元までほうれい線が伸びて、年齢より老けて見える原因になるため、エイジングケアなどの対策が必要です。

20代でほうれい線ができやすい人②頬の脂肪が多くほうれい線部分に影ができやすい

もともと頬に脂肪が多く厚みがある人は、脂肪の重みによってほうれい線ができやすいでしょう。

というのも、年齢を重ねるにつれて肌の弾力を保つ成分である「コラーゲン」や「エラスチン」が減少し、肌の老化が進んでたるみが生じ始めます。

そのため、頬の脂肪の重みを支えきれなくなり、ほうれい線を引き起しやすいのです。

とはいえ、頬の脂肪を過度に減らすと、顔の輪郭が変わったり、脂肪があった部分の肌がたるんでほうれい線がさらに目立つ可能性も。

ダイエットやマッサージで無理に脂肪を減らさずに、適切なスキンケアを行ってほうれい線の悪化を防ぎましょう!

なお、ほうれい線への効果的なスキンケアについては、記事の後半でおすすめアイテムと一緒にご紹介しています。ぜひ参考にしてみてくださいね。

20代でほうれい線ができやすい人③肌が乾燥していて小ジワが目立ってしまう

「日によってほうれい線が目立ったり、見えなくなることがある。」

「乾燥しがちな冬場はほうれい線が特に目立ちやすい!」

このような症状がある人は、乾燥による小ジワが際立ってほうれい線ができているかも!

20代でできるほうれい線は、乾燥小ジワによるものが多いと言われています。

笑ったり話すことで頻繁に動く口元は、うるおいや油分が不足して特に乾燥しやすい場所のひとつ乾燥から生じる細かいシワが蓄積されると、次第に深いほうれい線となる可能性があるのです。

また、紫外線による日焼けも肌を乾燥させる原因となり、シワができやすい環境を作り出してしまうため、乾燥対策のほかに紫外線対策も取り入れる必要があります。

20代のほうれい線に効く!効果的なアイテムと正しいスキンケアで年齢より若見えフェイスを手に入れよう♪

クリーム

20代のほうれい線は、正しいケアと効果的なアイテムを用いることで、改善が期待できます。

ここでは、保湿ケアで乾燥小ジワを防ぐ方法、シワ改善が期待できるアイテムの選び方、日々の紫外線対策についてくわしく解説しますね!

これらの対策を積極的に取り入れて、年齢よりも若々しいフェイスを手に入れましょう♪

20代のほうれい線改善スキンケア①保湿ケアをしっかり行って乾燥小ジワを撃退!

「乾燥小ジワ」が原因のほうれい線を防ぐためには、毎日のスキンケアでしっかりと肌を保湿することが大切です。

肌がゴワゴワしたり、かたく感じるときは、角質ケアができるスクラブ入り洗顔や、ピーリング効果のある導入化粧水などのアイテムを用いてから保湿ケアを行うと、肌が柔らかくなってよりスキンケアの効果が高まります。

乾燥に対するスキンケアでは、セラミド、コラーゲン、ヒアルロン酸などの保湿成分が豊富なスキンケアアイテムがおすすめ!

保湿成分たっぷりなアイテムでうるおいを保ち、乾燥からくるほうれい線を予防しましょう♪

  • フィトリフト
    年齢肌ケアも意識するなら!

    パントエア菌LPSが美肌成分をサポートしてハリ・弾力肌へと導く

    PHYTOLIFT フィトリフト

    5,060円(税込)/約1ヶ月分

    商品について詳しくはこちら
  • メディプラスゲルDX
    肌年齢に特化したオールインワン

    40代・50代のわがままをかなえた超濃厚オールインワンゲル

    メディプラス メディプラスゲルDX

    8,800円(税込)/160g(約2ヶ月分) →キャンペーン価格 2,980円(税抜/送料無料)※30日間全額返金保証

    商品について詳しくはこちら
  • モイストゲルプラス
    エイジング用進化オールインワン

    ハリ・弾力実感度92%!うるおい・ハリ艶がすべて叶う機能性オールインワンゲル

    リ・ダーマラボ モイストゲルプラス

    5,060円(税込) / 100g(約30日分) →初回限定2,300円(税抜/送料無料)

    商品について詳しくはこちら

20代のほうれい線改善スキンケア②シワ改善効果の期待できるアイテムを取り入れる

一度深いシワとして定着してしまったほうれい線には、シワ改善効果のあるクリームや美容液の使用が効果的です。

特に、ナイアシンアミド、レチノール、ニールワンなどの有効成分が配合されたアイテムを選ぶことがおすすめ。

この3つの成分は、厚生労働省によりシワ改善効果として認可されているもので、一定の効果が認められている医薬部外品として販売されているんです!

薄い小ジワのほうれい線はもちろん、深くなったほうれい線に対しても改善が期待できますよ♪

  • ディセンシア リンクルO/L コンセントレート
    肌の土台からシワを改善する美容液

    ベストコスメ20冠受賞の全顔用オイル状シワ改善美容液がリニューアル

    DECENCIA(ディセンシア) リンクルO/Lコンセントレート

    7,150円(税込)/30mL(約1.5ヵ月分) →10日間シワ改善集中体験ディセンシアトライアルセットO/Lが1,980円(税込)

    商品について詳しくはこちら
  • リンクルショット メディカル セラム N
    日本初承認のシワ改善成分配合

    ベスコス85冠達成!定着したシワにもおすすめなシワ改善クリームの王道コスメ

    POLA(ポーラ) リンクルショット メディカル セラム N

    14,850円(税込)/20g(約4ヶ月※1部位使用) →【期間限定】初めての方は公式サイトから購入でプレゼントあり

    商品について詳しくはこちら
  • アテニア アイ リンクルセラム
    乾燥目元にうるおいとハリをもたらす

    ”目尻クライシス”に攻めの一手!新世代の「シワケア」美容液

    アテニア アイ リンクルセラム

    3,740円(税込)/15g(約2ヶ月分) →【通販限定】本品+スキンケア4品(14日分)のセットで3,740円(税込)

    商品について詳しくはこちら

もっとくわしく知りたい方は、こちらをチェック!

【最新】シワ改善クリームおすすめランキング!シワ改善有効成分を配合した人気美容液を徹底比較
【最新】シワ改善クリームおすすめランキング!シワ改善有効成分を配合した人気美容液を徹底比較
編集部Voice

厚生労働省にシワ改善効果を認可されている有効成分は「ナイアシンアミド」「レチノール」「ニールワン」の3つだけなんです!美白効果や肌荒れ防止も叶えたいなら「ナイアシンアミド」コスパ重視&早く効果を感じたいなら「レチノール」深く刻まれて定着したシワにアプローチするなら「ニールワン」。それぞれシワ改善に効果がありますが、それぞれに特徴的なメリットがあるため、自分の肌にプラスでほしい効果などを検討して選んでみてくださいね。

20代のほうれい線改善スキンケア③紫外線対策を徹底してシワをつくらせない

紫外線は、美肌の大敵と言われるほど、肌に与えるダメージが大きいです。

紫外線を浴びると肌を守る「バリア機能」が低下し、肌の弾力やハリを保つコラーゲンやエラスチンが破壊され、シワができやすくなります。

若々しい美肌を手に入れるためには、外出するときには必ず紫外線対策を行うことが大切です。

さらに、帽子、日傘、UVカット機能のあるカーディガンなど、紫外線から肌を守るアイテムを活用することもおすすめ♪

また、室内にいるときでも紫外線の影響があるため、日焼け止めはいつでも忘れずに塗るようにしましょう。

日々紫外線対策を欠かさず行うことが、ほうれい線の予防に繋がりますよ!

  • ホワイトショットスキンプロテクターDX
    紫外線を防ぎながら美白ケアまで

    強いシールドで肌を守り美容成分を届けるWの処方

    POLA(ポーラ) ホワイトショットスキンプロテクターDX

    6,600円(税込)/45g(顔のみの使用で約3ヶ月分) →本品を含む10,000円以上購入でホワイトショット美白クリームミニ&サプリメント2包プレゼント

    商品について詳しくはこちら
  • ウェアルーUV
    100%天然成分で肌にやさしい

    紫外線・PM2.5・ブルーライトから肌を守ってダメージを残さない

    HANA ORGANIC/えそらフォレスト ウェアルーUV

    4,378円(税込)/30ml(約2〜3ヵ月分)

    商品について詳しくはこちら
  • B.Aライトセレクター
    新感覚の日焼け止め誕生!

    光を「拒む」から「選ぶ」、業界初の日焼け止め

    POLA(ポーラ) B.Aライトセレクター

    12,100円(税込)/45g(顔全体使用で約3ヶ月分) →【期間限定】公式サイトから購入でお得なプレゼント!

    商品について詳しくはこちら

もっとくわしく知りたい方は、こちらをチェック!

【絶対焼けない】日焼け止めおすすめランキング2024!ドラコスからデパコスまで人気商品をガチ検証
【絶対焼けない】日焼け止めおすすめランキング2024!ドラコスからデパコスまで人気商品をガチ検証

20代のほうれい線は生活習慣の見直しと保湿ケアで改善!ほうれい線を目立たなくしてピンとハリのある素肌を取り戻そう♪

女性

今回は、20代のほうれい線が現れる原因、特徴、効果的な改善策についてくわしく解説しました。毎日過ごしている中で、片方の歯で噛む癖、猫背、頬杖をつくなどの習慣があるなら、それらを改めることから始めてみましょう。

加えて保湿ケアの徹底と、適切なアイテムを取り入れることで、20代のほうれい線を目立たなくすることができます。ぜひ今日からほうれい線対策を始めて、20代の若々しいハリのある素肌を取り戻してくださいね♪

【20代のほうれい線についてのQ&A】効果的なケアやエクササイズでほうれい線を改善しよう!

ここでは、20代のほうれい線についてよくある質問をまとめました。ほうれい線への疑問を解消して、ピンとハリのある肌を取り戻しましょう♪

  • ほうれい線が目立たない人の特徴は?

    ほうれい線が目立ちにくい人は、遺伝的な要因からいうと、頬骨が低く平坦、頬の脂肪が薄いまたは少ないことが考えられます。そのほか、毎日紫外線対策を行う、肌の乾燥を防ぐために保湿ケアを怠らない、表情筋をたくさん動かすなど意識的に行っている人は、ほうれい線ができづらい傾向にあるでしょう。

    • ほうれい線に効くエクササイズはある?

      表情筋の中でも、口周りにある口輪筋のエクササイズができる「舌回しエクササイズ」や、顔に滞った老廃物を流す効果のある「リンパマッサージ」が効果的です。舌回しエクササイズは、時計回りに20回、反時計回りに20回を1日3セット行うとより効果的!いつでもできるエクササイズなので、積極的に取り入れてみてください。なお、リンパマッサージを行うときは、肌への摩擦が起きないようにマッサージオイルやクリームをのせてから行うようにしましょう!

      • 20代のうちからエイジングケアを始めるべき?

        シミやシワ、たるみなどのエイジングサインが気になり出すのは、およそ30代後半くらいからだと言われています。もちろん、気になり出した時から始めても良いのですが、20代から始めても問題はありません。というのも、エイジングサインが気になり出す前からエイジングケアを行えば、年齢を重ねていっても美しい肌を保つことが期待できます。未来の自分への先行投資として、20代からエイジングケアを始めてみてくださいね。