妊娠すると妊娠線に悩まされることもありますよね。ですが、心配しなくて大丈夫です!正しいケアや予防策を知って信頼できるアイテムを使えば、きれいな肌を守ることができますよ。

そこで今回は、妊娠線の正しいケア方法とおすすめアイテムを、わかりやすく紹介します。妊娠中からの正しいケアで、うつくしい肌をキープしましょう!

妊娠線ってどうできる?できやすいところや正中線との違いを解説

お腹に小さな命を授ったあと、うれしい気持ちと同時に気になってくるのが妊娠線ですよね。

ここでは、妊娠線ができる仕組みやできやすい場所、そして正中線との違いについて分かりやすく解説していきます。妊娠線ができる理由や、なぜできやすいのかを知ることで、妊娠中の肌の変化に上手に対処できるようになりますよ!

妊娠線は肉割れ線のこと

妊娠線は、おなかが急に大きくなることでできる細かい縞模様の線です。肉割れ線と呼ばれることもあります。これはおなかの皮膚が急激に伸びてしまうことでできるもの。妊娠線はおなかだけでなく、胸や太ももなど他の部分にもできることがあります。

これらの線は妊娠だけでなく、急激な体重の変化や思春期の成長期にもできやすいもの。最初は赤紫色で、時間が経つと白く変わっていきます。

予防策としては、妊娠初期からお肌をしっかり保湿したりクリームを使ったり、バランスのよい食事や適度な運動を取り入れることがおすすめです。妊娠線には個人差がありますが、正しいケアでその影響を軽減できますよ。この機会にぜひやり方をマスターしましょう!

脂肪がよく付き皮膚が伸びるところにできやすい

脂肪がたまりやすい場所や肌が急に伸びてしまったところにできる妊娠線や肉割れ線は、主に肌の弾力性が試されることが原因です。

脂肪がたまりやすい場所では、肌にかかるストレスが増え、それが引き金となって妊娠線ができやすくなります。これは、脂肪が増えると同時に、その場所の肌も伸び縮みする必要があるからなのです。

妊娠中のおなかや胸、太ももなどは、妊娠線ができやすい典型的なポイント。おなかが急に大きくなったり胸が成長したりすることで、肌は急激に伸びてしまうのです。同様に、急激な体重増加や成長期でも、脂肪がたまりやすい場所で同じようなことが起こります。

こうした場所では、前もって正しいケアをおこなうことが大切です。肌をしっかり保湿したりクリームを使ったり、健康的な生活習慣を心がけることが肉割れ線の予防に役立ちますよ。妊娠線を予防したい方は、ぜひ線ができてしまう前から予防策を取り入れてみてくださいね。

妊娠線と正中線はでき方も原因も違う

妊娠線と正中線は、お腹の変化によって生じる肌の変化ですがそれぞれ原因やでき方は違います。

妊娠線は、妊娠中にお腹や他の部分の肌が急に伸びることでできます。この伸びによって、肌の弾力性が試され、こまかい縞模様の肉割れ線ができるのが特徴です。

一方、正中線は妊娠中によく見られるもので、お腹の中央に縦に走る黒い線を指します。これはお腹が膨らむことによって目立つもので、妊娠中期ころから目立ってきたと感じる方が多いものです。

それぞれ原因もでき方も違うもの。きちんとその違いを覚えておき、正しいケアをすることが大切です。

妊娠線のケア方法3ステップ!おうちでできる簡単ケアで妊娠線を予防しよう

妊娠中、肌のうつくしさを保つためには、妊娠線のケアがとても大切です。

ここでは、おなかや胸の急な変化から生まれる妊娠線を予防するために、手軽にできるおうちケアの方法を3ステップで紹介します。妊娠線を予防したい方は、ぜひ参考にしてみてくださいね。

ステップ1:オイルやクリームを手にとりお腹になじませる

妊娠線を予防するためには、保湿することがとても大切です。気になるおなかや胸、太ももなどの部分に、保湿力の高いオイルやクリームを使いましょう。これらのアイテムは、肌が乾燥するのを防いで、肌のやわらかさをキープするのに役立ちます。使うときは手にとって、やさしくお腹をマッサージするように塗り込んでいきましょう。

妊娠中は朝晩のケアがおすすめ。シャワーやお風呂の後に使うと浸透しやすくなりますよ。このケアを続けることで、おなかの肌をしっとりと保ち、妊娠線の予防に効果的です。手軽にできるおうちケアで、きれいな肌をキープしたマタニティライフを楽しんでくださいね。

ステップ2:時計回りにくるくるなでたり下から上に向かってさすったりする

ステップ2は、やさしくなめらかな動きでおなかをマッサージすることです。

手のひらを使って、おなかを時計回りにくるくるとなでたり、下から上に向かってなでたりなど、ゆっくりとしたマッサージをしましょう。このとき、やさしく触れることがポイントです。そうすると、使ったオイルやクリームが肌によりなじみ、心地よいマッサージで血行がよくなりますよ。

このケアを日常に取り入れて、妊娠線予防をしっかりとおこないましょう!

ステップ3:太ももやバストなど妊娠線ができやすいところもなでる

最終ステップでは、お腹だけでなく、太ももやバストなど妊娠線ができやすい部位にも同じケアを広げましょう。これらのエリアも急激な変化があり、適切なケアが必要です。オイルやクリームを手に取り、おなかと同じようになでるように塗っていきます。

太ももの内側やバストの下部など、特に注意が必要な部分には丁寧にアプローチします。保湿成分がしっかりと肌に浸透することで、これらの部位の弾力性をキープして、肌の乾燥を防いでくれますよ。

定期的なマッサージとケアで、全身に均等な美しい肌をキープできます。日常生活に取り入れやすく手軽にできるこのステップで、妊娠中の肌をサポートしましょう。

妊娠線ケアアイテムの選び方3つ!安心して使えるアイテムで美肌をキープしよう

妊娠は新しい命を迎えるすばらしいできごとですが、肌のケアも大切していきたいことです。とくに妊娠線を予防するためには、正しいケアアイテムの選択がポイント。

ここでは、うつくしい肌をキープするために、安心して使える妊娠線ケアアイテムの選び方について、3つのポイントを紹介します。これからの肌をサポートするために、ぜひ参考にしてくださいね。

妊娠線ケアアイテムの選び方1:塗ったときに伸びのいいものを選ぶ

妊娠線ケアアイテムを選ぶときに大事なのは、塗るときの感触です。伸びがよいアイテムは、おなかや胸など広い範囲にラクに広げられて、肌にもやさしいもの。これによって、肌への負担が減り、毎日のケアがらくに続けられるようになりますよ。

それだけでなく、伸びがよいアイテムは肌にうっすらと広がり、保湿も均等に行きわたりやすいのです。その結果、妊娠線ができるのを防いで、やわらかくてきれいな肌をキープすることができますよ。

妊娠線を予防して効果的にケアしたいなら、伸びがよいテクスチャ―の妊娠線ケアアイテムを選ぶことが大切です。

妊娠線ケアアイテムの選び方2:保湿力のあるグリセリンやシアバター配合のアイテムを選ぶ

妊娠線ケアアイテムを選ぶときは、保湿成分に注目しましょう。アイテムを選ぶときは、グリセリンやシアバターなどの成分が含まれているか確認してみてください。これらの成分は肌をやわらかくし、しっとりとうるおす働きがあるのです。

妊娠中はおなかや胸の肌が伸びるため、しっかりと保湿しなければなりません。グリセリンは水分を引き寄せてキープする力があるので、肌の水分バランスを整えて乾燥から守ってくれます。そして、シアバターには豊富な脂肪酸が含まれており、肌に栄養をたっぷり与え、しっとりとした肌を保つのに役立ちますよ。

これらの成分が入っているアイテムは、妊娠線予防だけでなく肌全体のコンディションを整えてくれるのにも効果的。うるおい豊かな肌をキープしつつ、妊娠中の肌の変化に対応するためにも、グリセリンやシアバターが含まれたアイテムをぜひ選んでみてくださいね。

妊娠線ケアアイテムの選び方3:塗ったあとべたつきにくいものを選ぶ

妊娠線ケアアイテムを選ぶときは、塗った後にベタつかないものを選ぶことが大切です。

ベタつきにくいアイテムは軽いテクスチャーでありつつも、しっかりと保湿力も備わっています。また、ベタつかないアイテムはタイミングや場所を選ばずいつでも気持ちよく使えるので、気軽に続けやすいのもうれしいポイントです。

妊娠期はいそがしい時期でもあるので、サラッとした感触のアイテムを選ぶことで、毎日のケアが手軽にできるようになりますよ。アイテムの選択は、妊娠線ケアをストレスなく続けるためにとても大切なポイントです。ぜひ意識して選んでみてくださいね。

ボディだけでなく顔もきちんと保湿して、全身うつくしい肌を目指しましょう!保湿化粧品の選び方についてくわしく知りたい方は、こちらの記事もチェックしてみてくださいね。

【保湿化粧品の選び方】プルプル肌に導く乾燥肌さんにおすすめな高保湿アイテムまで紹介!
【保湿化粧品の選び方】プルプル肌に導く乾燥肌さんにおすすめな高保湿アイテムまで紹介!

おすすめ妊娠ケアアイテムを3つ紹介|保湿してなめらかな肌を守ろう!

ここでは、おすすめの妊娠線ケアアイテムを3つ紹介します。自分にぴったりのアイテムで、安全で効果的な妊娠線ケアをしていきましょう!

WELEDA|マザーズ ボディオイル

WELEDAマザーズ ボディオイル

100%天然由来&敏感肌テスト済みのサラサラオイル

マザーズ ボディオイル

総合評価:

4.0

♢配合成分:アーモンド油、ホホバ種子油、コムギ胚芽油など ♢単品価格:4,180円(税込) ♢キャンペーン情報:定期コース初回限定15%OFFの3,553円(税込)+550円(税込)(公式サイトのみ)

    100%天然由来×敏感肌テスト済みのサラサラオイル!優しいアロマを楽しみながら妊娠線を予防

    創設100周年を迎えたオーガニックコスメブランド「WELEDA」から販売されている、マタニティオイルです。国内最⼤級のママ向け情報サイト「ママリ」で、ママリ口コミ2022春「妊娠線ケアアイテム部門」の大賞を受賞しました。

    ファッションモデルの舟山久美子さんや、元グラビアアイドルの井上和香さんが愛用していたことでも話題になっています。そんな著名人をも虜にするこちらは、世界基準のオーガニック認証機関「NATRUE」に認められた100%天然由来の成分で、妊娠中と出産後のボディにハリとうるおいを与えてくれるのが特長です。

    やわらかいお肌をサポートしてくれるアーモンド油や、うるおいのヴェールでお肌を守ってくれるホホバ種子油しなやかなお肌をキープしてくれるコムギ胚芽油を配合。3種類の天然保湿オイル急激に変化するお腹周りはもちろん、むくみやすい太ももやヒップなどもまとめてアプローチができます。

    敏感肌テスト済み且つ7つのフリーで、お肌への優しさがギュッと詰まっている商品です。香料は100%天然のエッセンシャルオイルで、ローズやネロリなどを採用。五感が敏感になりがちな妊娠期を考慮したフローラルの香りで、優雅なボディケアを楽しめます。

    オイルタイプですが、サラッとしていて伸びが良いテクスチャーなのもポイント。ベタつきにくいため、忙しい日でもササッとケアできます。口コミでは、「サラサラしているのにうるおう」「ベタつきにくいから使いやすい」という意見が多数届いていました。

    気になる通常価格は4,180円(税込)+550円(税込)ですが、公式サイトでは初回限定15%OFFの3,553円(税込)+550円(税込)で購入できるお得な定期コース(※3回の継続必須)を販売中です。定期コースの2~3回目は5%OFF4回目以降は10%OFFで購入できて、お得なポイントサービスもあります。

    Amazonの定期コースでは3種類以上のまとめ買いをして初めて割引きサービスが適用されるため、少しでも気軽に&お得に購入したいのなら公式サイトがおすすめ。お肌に優しい天然由来の成分を使用した保湿オイルで妊娠線を予防したい方や、ベタつきにくいボディオイルをお探しの方は、ご検討ください。

    詳細を公式サイトでみる商品について詳しくみる
    編集部Voice

    WELEDAの「マザーズ ボディオイル」は、安心して使える妊娠線ケアアイテム。このオイルは100%天然由来の成分でできていて、敏感肌テストもクリアしています。7つのフリー処方なので、安心して妊娠中の肌に使えますよ。注目したい点は、サラサラでベタつかないテクスチャー。肌になじませやすく、使ったあともさらりとした感触が続きます。そして、妊娠期を考えて設計された天然アロマの香りが心地よく、リラックス効果も期待できますよ。

    WELEDAのマザーズ ボディオイルは、おなかや胸、太ももなど、妊娠線ができやすい部位にもぴったり。天然由来の成分とリラックス効果を兼ねそなえた、妊娠中の肌にやさしいケアアイテムです。ぜひ使ってみてくださいね。

    クラランス|ボディ オイル トニック

    クラランスボディ オイル トニック

    100%植物由来のオイルで保湿&引き締めケア

    ボディ オイル トニック

    総合評価:

    4.0

    ♢配合成分:ヘーゼルナッツオイル、ローズマリーなど ♢単品価格:8,800円(税込) ♢キャンペーン情報:公式サイトでは初回限定送料無料、1~5回分使用できるサンプル3個プレゼント

      100%自然由来のオイルで妊娠線に保湿と引き締めのWアプローチ!濡れた肌にも使用できるフランスの高級ボディオイル

      1954年に創立された、フランスの高級スキンケアブランド「クラランス」のボディオイルです。ベストセラーを記録したクラランスの看板商品で、美容家の神崎恵さんも使用しています。

      そんな言わずと知れたこちらの商品は、100%植物由来のオイルでお肌を保湿ケアできるのが特長。熱ではなく圧力を加えることで搾り取った質の高いヘーゼルナッツオイルたっぷりのうるおいを届けながら、ハリのあるお肌へと導いてくれます。

      その他に、「若返りのハーブ」として名高いローズマリーも配合。シワやたるみ予防にも使用されるお肌の引き締め効果で、お腹周りやヒップといった気になる部位にアプローチができます。

      濡れた肌にも使用できる馴染みの良いオイルなので、乾燥が気になるお風呂上がりでも安心。何かと忙しい産後でも、手早くケアできます。香料は爽やかなハッカやハーブを採用していて、ニオイに敏感な妊娠期の方たちからも好評です。

      ボディケア用品では珍しく、「夫も好きな香りだった」という声が続出しています。「妊娠線予防になった」「引き締めもハリUPも欲張れる」といった口コミも、目立っていました。

      気になる通常価格は、8,800円(税込)です。公式サイトでは送料が初回限定無料(※1)なのに加えて、ポイントが貯まるサービスや1~5回分使用できるサンプルが3個もらえるプレゼントキャンペーンなど、お得な特典が盛りだくさん。

      肌悩みに合わせてアドバイスがもらえる無料のオンラインカウンセリングサービスもあり、これらの嬉しいサービスを受けられるのは公式サイト限定です。大切な時期だからこそちょっぴり贅沢なケアがしたい方や、保湿も引き締めも両方ケアしていきたい方はぜひチェックしてみてください。

      (※1)通常は全国一律440円(税込)
      詳細を公式サイトでみる商品について詳しくみる
      編集部Voice

      クラランスの「ボディ オイル トニック」は、肌の保湿と引き締めが同時にできるすてきなアイテム。このオイルは濡れた肌にも使えて、肌にすばやくなじんでくれるのが魅力。使いやすいテクスチャーで、毎日のケアが心地よくなりますよ。香りもこだわりがあり、さわやかなハーブの香りがただよいます。妊娠中のニオイに敏感な時期でも、この心地よい香りはうれしいポイント。 リラックス効果も期待でき、日常のケアがいっそう楽しくなりますよ。クラランスの「ボディ オイル トニック」は、肌の保湿と引き締め、心地よい香りのトリプルケアを提供してくれる、妊娠中の女性におすすめのアイテムです。

      小林製薬|バイオイル

      小林製薬バイオイル

      小林製薬の独自成分&天然成分で肌に残った跡をケア

      バイオイル

      総合評価:

      4.0

      ♢配合成分:ピュアセリンオイル、ラベンダーオイル、カモミールオイルなど ♢単品価格:1,760円(税込)

        小林製薬の独自成分や天然由来成分でお肌に残った跡をケア!髪や爪を含む全身に使用可能な美容オイル

        創業130周年を迎えた大手製薬会社の「小林製薬」が手掛けている、シリーズ累計200万本を突破した美容オイルです。@コスメのクチコミランキング「ボディマッサージ部門」で第1位に輝き、Amazonの売れ筋ランキング「妊娠線予防クリーム部門」と「フェイスオイル部門」では、第2位に選ばれています。

        そんな大きな実績を持つこちらの商品は、全身に使用できるお肌に優しい成分完治したキズ跡・ニキビ跡・妊娠線保湿ケアで柔軟にしながら、キレイに見せてくれるのが特長。

        小林製薬の12年に及ぶ研究開発から生まれたピュアセリンオイルが優れた保水力と浸透力で、角質層の深部にうるおいを届けてくれます。その他にお肌の代謝をサポートしてくれる精油として名高いラベンダーオイルや、荒れたお肌を鎮めてくれるカモミールオイルトウキンセンカエキスなどの天然由来成分も配合。

        お肌の調子を整えてくれるビタミンAやビタミンEも採用されていて、さまざまな角度からお肌に残ってしまった跡をケアできます。伸びが良いサラッとしたテクスチャーなので、オイル特有のベタつきが苦手な方にもおすすめ。

        パッチテスト済み且つノンコメドジェニックテスト済みで、敏感肌さんやニキビにお悩みの方からも熱い支持が寄せられている商品です。口コミでは、「線が徐々に薄くなってきた」「全身に使えるのが嬉しい」といった喜びの声が複数あがっています。

        気になる価格は60mlサイズ1,760円(税込)で、通販サイトやドラッグストアにて気軽に購入できます。楽天市場では2,000円以上の価格で販売されていますが、Amazonなら定価で購入可能です。

        ボディだけではなく、爪や髪といった全身に使える美容オイルなので、お肌に残ってしまった跡や気になる部位にスペシャルケアを取り入れたい方はぜひお試しください。

        詳細を公式サイトでみる商品について詳しくみる
        編集部Voice

        小林製薬の「バイオイル」は、さまざまな肌トラブルに対応してくれるケアアイテム。妊娠線以外にも、ニキビ跡やキズ跡など、あらゆる肌悩みに効果的です。このオイルは爪や髪を含む全身に使えて、広範囲でケアができるすぐれもの。リッチなテクスチャーが肌になめらかに広がり、しっとりとしたうるおいをもたらしてくれますよ。 パッチテストおよびノンコメドジェニックテストが済んでいるため、敏感な肌にも安心して使えます。小林製薬の「バイオイル」は、その幅広い使い道と安全性が魅力的なアイテム。気になる部分に集中的なケアをしたい方は、ぜひ使ってみてくださいね。

        妊娠線オイルのおすすめランキングについて知りたい方は、こちらの記事もチェック!

        妊娠線オイルのおすすめ商品BEST3!癒されながら妊娠線を防ぐオイルを紹介!
        妊娠線オイルのおすすめ商品BEST3!癒されながら妊娠線を防ぐオイルを紹介!

        妊娠線は早めのケアが大切!しっかり保湿してなめらか肌をキープしましょう!

        妊娠線の予防や改善には、早めのケアが大切。妊娠初期から自分に合ったクリームやオイルを使って、おなかや胸、太ももなどの妊娠線ができやすい部分を集中的にケアしましょう。塗るときはやさしくマッサージをするようにおこなうのがポイントです。

        美容医療も進歩していますが、完全に消すのはむずかしいので、予防が本当に大切!妊娠線がすでにできてしまった方も、定期的なケアで薄くすることが期待できますよ。自分でおこなうのが不安な場合は、医師と相談しながら、自分に合ったケアを進めてくださいね。

        妊娠中でも日々のスキンケアを大切にして、なめらかですこやかな肌をキープしましょう!

        【Q&A】妊娠線ケアにまつわる悩み・ギモンを徹底解決!

        妊娠中、おなかや胸の妊娠線が気になることってありますよね。ここでは、妊娠線ケアにまつわる悩み・ギモンを徹底的に解決します。妊娠線に関する気になることをすっきり解消して、気持ちよくケアをおこないましょう!

        • 妊娠線ができやすい人はどんな人?

          妊娠線ができるかどうかは個人差がありますが、いくつかの要素が影響することがあります。まずひとつ妊娠中の体重の急な変化です。おなかや胸が急激にふくらむことで、皮膚が伸び、妊娠線ができやすくなります。皮膚のやわらかさにもよりますが、かための人は妊娠線ができやすいといえるでしょう。妊娠中のホルモンの変化も妊娠線の発生に関わるもの。とくに妊娠中に分泌されるホルモンが、皮膚のコラーゲンや弾力に影響して、妊娠線の発生を高めてしまうことが考えられます。 妊娠線ができやすいかどうかは、さまざまな要因が影響し合っているもの。個人の体質にもよりますが、妊娠線はケアで予防することができます。正しいケアを心がけ、きれいな肌をキープしましょう!

          • 妊娠線のケアはいつからするのがおすすめ?

            妊娠線のケアは、実は妊娠初期から始めるのがおすすめ。なぜなら、妊娠初期はおなかや胸が急に大きくなりだす時期だからです。この時点でちゃんとケアすると、妊娠線の予防が一番効果的におこなえますよ。妊娠線のケアでは保湿が大切なポイント。妊娠線をケアできるクリームを使って、おなかや胸、太ももといった妊娠線のできやすい部分にしっかりと塗ってくださいね。塗ることで肌がしっとりと弾力をキープできるので、妊娠中の皮膚が伸びることにに対応できますよ。 妊娠線は、できてしまう前に予防するのが重要です。そのため、早めのうちからケアをおこなうことを忘れないようにしましょう。いつから始めるかは人それぞれですが、妊娠が発覚したらできるだけ早いタイミングでスタートして、定期的にケアすることが理想的です。ケアのタイミングに迷ったときは、医師に相談してみるのもひとつの方法です。ベストなタイミングで自分に合ったケアをして、妊娠線ができるのを防ぎ、うつくしい肌をキープしてくださいね。

            • できてしまった妊娠線は消せるの?

              できてしまった妊娠線を完全に消すのはむずかしいですが、薄くすることは望めます。保湿効果の高いクリームやオイルで肌をしっかり保湿すれば、肌がやわらかくなり妊娠線が薄くなる効果が期待できますよ。また美容医療にて、ダーマペンや炭酸メソといった治療法も、妊娠線を薄くするのに効果的。気になる方は、美容医療を一度受診してみてくださいね。 妊娠線はできてしまったものを消すのはむずかしいので、予防をすることが大切です。妊娠線ができてしまって悩まないためにも、妊娠初期からケアをしっかりとおこないましょう!