口紅にも使用期限があるってご存じですか?せっかく大事に使っていたお気に入りの口紅なのに、使用期限を過ぎてしまったらもったいないですよね。いったいいつまでなら安心して使えるのでしょうか?また、口紅が劣化しているかどうかを見分ける方法は?お気に入りのリップを長く使うコツや使用期限が過ぎた口紅の使い道も紹介します!

口紅の使用期限はどのくらい?未使用でも注意した口紅の寿命

長引くマスク生活で口紅を使う機会が減りましたよね。

久しぶりに口紅を使おうとして、「もしかしたら使用期限が過ぎているかも?」「もう古いから使わないほうがいいのかな?」と思ったことがある人は多いと思います。

まずは口紅の正しい使用期限を見てみましょう。

未開封の口紅の使用期限は製造から3年!

口紅に限りませんが、使用期限が記載されていない未開封の化粧品は製造から3年が使用期限ときまっています。

これより早く劣化するおそれがあるものは使用期限が記載されているので、購入時にはかならずチェックしておきましょう。

もし使用期限が記載されていなければ、「製造から3年」は安心して使えることになります。

ただし、これはあくまで「未開封」の場合です。購入から3年ではないので、注意したいところです。

新品の口紅でも、購入時にすでに製造から1~2年経っている可能性も考えられるため、心配な場合は製造年月日を確認したり、メーカーに確認したりしたほうがいいでしょう。

また、商品がよく売れている店舗で購入すると、古くなった商品を購入してしまうのを避けやすくなりますよ。

開封後の口紅の使用期限は長くても1年!

口紅はいったん開封すると劣化が始まってしまうので、開封後の使用期限は長くても1年です。

口紅を唇に直接塗って使っている人は多いと思いますが、空気中や指先、唇などには雑菌や微生物が多く付着しています。

そのため、口紅は汚れやすく、不衛生になりがち。雑菌などが唇や指先を介して口紅に繁殖してしまうと、1年より早く劣化してしまうこともあります。

このように使用状態や保管状態によっては劣化が早く進んでしまう可能性もあるため、口紅はできれば半年もしくはワンシーズン以内に使い切りたいところです。

編集部コメント
化粧品の使用期限に関する法律は国によって異なっています。 海外の口紅は使用期限が記載されていることが多いのですが、日本では「医薬品医療機器等法」という法律によって、「製造後3年以内で変質する化粧品を除いて、使用期限を表示する必要はない」と定められています。 そのため、日本の化粧品は使用期限が表示されていなければ使用期限は3年と考えられています。
 

使用期限を気にしないのは危険!古くなった口紅の劣化のサイン

口紅は開封後はなるべく早く使い切りたいものです。

保存状態によっては早く劣化してしまうこともあるため、うっかり劣化した口紅を使ってしまわないよう、こんなサインに注意しましょう。

変な臭いがする

劣化した口紅は独特の匂いがします。

口紅には多くの油性成分が含まれているため、雑菌や酸化などによって劣化すると、変質した油がいやなニオイを発してしまうのです。

もし久しぶりに使う口紅から以前と違うニオイがするようなら、見た目に変化がなくても劣化を疑ったほうがいいでしょう。

汗をかいている

口紅を観察すると、側面に汗をかいたような水滴がついていたり、粉をふいたりしていることがありますが、これも劣化のサインです。

汗のような水滴の正体は口紅に含まれる油分です。粉は口紅に配合されている成分が表面に出てきてしまったものと考えられます。

このような症状がみられたら、変質しているおそればあるので、使用を避けたほうがいいでしょう。

以前と色味が違う

劣化した口紅は発色が悪くなることがあります。

久しぶりに使った口紅の色が以前よりきれいに発色しなかったり、色味が変わっているようなら、劣化を疑ったほうがいいでしょう。

唇に刺激を感じる

口紅を塗った時に刺激を感じたら要注意です。

  • ピリピリする
  • かゆみを感じる
  • 唇がガサガサに乾燥する

このような症状は、劣化した口紅が唇に刺激を与えている可能性があります。

無理をして使い続けるとさらに悪化してしまうことがあるので、刺激を感じた口紅は使わないようにしましょう。

開封後の口紅はこれで長持ち!お気に入りのリップを長く使うコツ

せっかく購入した口紅やプレゼントにもらった大切な口紅は、なるべく長持ちさせたいですよね。

口紅の劣化はちょっとしたコツで避けることができますよ!

ここでは、ぜひ実行してほしい簡単なコツを4つ紹介します。今日からぜひやってみてくださいね!

使うたびにティッシュでふき取る

口紅を唇にじかに塗ると、唇に付着した汚れや雑菌が口紅に付着して劣化のもとになります。

口紅を使う前には、前回使ったときに口紅についた汚れをティッシュで軽くふきとっておきましょう。

また、口紅を使った後も、毎回口紅をティッシュで軽くふき取るようにすると、次回使う時に清潔に使うことができますよ。

直塗りNG!リップブラシやスパチュラを使う

口紅はついじかに塗りたくなりますが、できれば直接唇に触れさせないようにするのがおすすめです。

リップブラシやスパチュラを使うと、唇と口紅が直接触れるのを避けることができますよ。

また、リップブラシはリップメイクをきれいに仕上がるのにも役立つアイテム。

口紅をとるときはスパチュラを使い、スパチュラに取った口紅をリップブラシで使えば、清潔に使え、さらにリップメイクもきれいに整って一石二鳥です!

保管は直射日光があたらない冷暗所で

口紅を保管する場所も口紅の寿命に影響します。

口紅を保存するときは、なるべく高温多湿になる場所を避けるのがおすすめ。

直射日光があたったり、高温になったりする場所は口紅が溶けて折れてしまうばかりでなく、口紅の劣化をまねきます。

なるべく直射日光があたらない常温の場所で保管するようにしましょう。

フタを開けっぱなしにしない

簡単なことですが、口紅を使ったらしっかりとフタを閉めておきましょう。

フタが空いたままになっていると、ホコリや雑菌が混入して、口紅を劣化させる原因になります。

また、乾燥も口紅にとっては大敵です。

水分を失った口紅は劣化しやすくなるので、乾燥予防のためにもフタをしっかりと閉めておくことは大切です。

捨てるのはもったいない?使用期限を過ぎた口紅の使い道

劣化してしまった口紅はメイクアップに使うのはおすすめできません

仕上がりが美しくないばかりか、肌を傷めてしまう可能性があります。

では、大切に使ってきたお気に入りの口紅も、劣化したら捨ててしまわなければならないのでしょうか?

実は意外な使い道があるので、捨てる前にこんな再利用はいかがですか?

クレヨン代わりの画材として使う

口紅は美しい色のものが多いので、絵を描くのにも適しています。

普段絵を描かない方も、この機会にスケッチブックなどを揃えて身近なものを描いてみませんか?

描いているうちに夢中になって、新たな趣味を発見できるかもしれませんよ。

子供がいる人なら、一緒にお絵描きを楽しんでもいいですね。

落ちにくい油性ペンは口紅で落ちる

意外かもしれませんが、口紅は油性ペンのインクを落とすことができます!

口紅には多くの油分が含まれていますが、この油分はインクとなじむ性質があります。

油性ペンのインク部分に口紅をなじませて、軽くティッシュでふき取るだけで洗剤でも落ちなかった油性ペンを消せますよ!

シルバーアクセサリーの研磨剤のお手入れに

シルバーのアクセサリーって、使っているうちに黒ずんできますよね。

洗剤で洗っても落ちないし、このまま我慢するしかないのかな?と悩んでいる人も多いかもしれません。

実は口紅に含まれている酸化チタンには研磨剤としての働きもあるんですよ!

ティッシュに口紅を薄く塗って、黒ずみ部分に押し当てながら磨けばピカピカになります。

きれいに磨けたら、あとは石鹸などで口紅を落とすだけ。簡単でお金もかからない方法なので、ぜひ試してみてください。

手作りキャンドルを作ってインテリアに

口紅の美しい色はキャンドルにもぴったり!

市販の白いろうそくを湯せんでとかして、そこに古い口紅を入れて溶かせばキャンドル素材のできあがり。

あとは紙コップなどにタコ糸を固定して、キャンドル素材を流し込んだら固まるのを待つだけです。

透明のガラスの器に入れてもおしゃれですし、特別な日の演出にもおすすめですよ。

口紅の使用期限は製造から3年!開封したら早めに使いきろう

口紅の使用期限は製造した日から3年です。

購入した時点である程度の年月が過ぎている可能性があるので、お気に入りの口紅でもあまり長く保存はできません。

もし心配な場合は、製造番号などがあればメーカーで製造日がわかる場合もありますよ。

また、いったん開封したら半年~1年程度で劣化してしまうので、「大切な口紅だから」といつまでもとっておかず、大切な口紅だからこそ、毎日愛用するのがおすすめ。

劣化してしまった口紅は無理につかわず、こちらで紹介した再利用方法を楽しんでくださいね!