「スキンケアを頑張ってるけど何かもの足りない」「もっとしっかり肌悩みにアプローチしたい」そんな人におすすめなのが、美容液です。

美容液はスペシャルケアの中でも人気が高いアイテムで、2021年のFNNのアンケートでは「パックを使用している人」は全体の約30%なのに対し、「美容液を使っている人」は約50%にものぼっています。

そうはいっても、美容液はほかの基礎化粧品よりも高価なものが多いので、「気になってるけど使うのを迷ってる」という人も多いのではないでしょうか。

また、美容液に関しては「どんな効果があるの?」「化粧水や乳液との違いがわからない」という声も多いのが現状です。

そこで今回は、「そもそも美容液とはなんなのか」というところから、美容液の「役割」や「正しい使い方」まで徹底解説していきます!

【美容液とは】化粧水や乳液との違いは何?スキンケアにおける美容液の役割を解説

【美容液とは】化粧水や乳液との違いは何?スキンケアにおける美容液の役割を解説

そもそも、美容液とはどんな化粧品なのでしょうか。美容液はさらっとしたテクスチャーのものも多く「化粧水と何が違うの?」「化粧水があれば美容液はいらないんじゃない?」と思う人も多いかもしれませんね。

美容液とは基礎化粧品の1つで、「美白」「毛穴」「ハリ・弾力」「小じわ」といった特定の肌悩みを集中ケアする役割を持っています。

美容液と化粧水・乳液の違いは「役割」です。化粧水と乳液は「肌を健やかに整えるもの」で、美容液は「特定の肌悩みにピンポイントでアプローチするもの」なんです。

化粧水:肌に水分を与える

乳液:肌に油分を与えて化粧水で補った水分を閉じ込める

美容液:特定の肌悩みを集中ケアする

美容液と化粧水・乳液・クリームとの違い

特定の肌悩みにアプローチする美容液は、自分の肌悩みにあったものを選ぶことがとても大切です。肌悩みは人それぞれ違うので「人気があるから」とか「友達がいいって言ってたから」と良く知らない美容液を使うと、肌悩みに合わず期待する効果が得られなかったとがっかりしてしまう結果に…。

美容液を選ぶときはなんとなくで選ばずに、自分の肌悩みにあったものを選ぶようにしましょう。その方が、美容液の効果をよりしっかりと感じることができますよ。

【美容液の名前】美容液・エッセンス・セラム・アンプルの違いって何?

【美容液の名前】美容液・エッセンス・セラム・アンプルの違いって何?

美容液を選ぼうといろんな種類を見てみたら、「エッセンス」「セラム」「アンプル」などの名前があって「何が違うの?」と悩んだことはありませんか?

「エッセンス」「セラム」「アンプル」はどれも美容液の名前で、違いは「成分の濃度」です。この3種類を成分の濃度が高い順に並べると、アンプル・セラム・エッセンスという順番になります。

【エッセンス】

エッセンスは美容液の中では一番成分濃度が低いタイプです。さらっとした軽いテクスチャーが多く、化粧水ではもの足りないときの重ね付けに特におすすめです。

【セラム】

セラムはエッセンスよりも成分濃度が高く、テクスチャーもエッセンスよりとろみがあるものが多くなっています。エッセンスでもの足りなかった場合や、よりしっかり集中ケアしたい場合におすすめです。

【アンプル】

3種類のうち一番成分濃度が高いのが、アンプルです。とろみのあるテクスチャーでしっかりとした集中ケアが可能で、より高い効果を得たい人におすすめです。

【美容液の効果的な使い方】美容効果を高める使い方のポイントやタイミングはいつ?

【美容液の効果的な使い方】美容効果を高める使い方のポイントやタイミングはいつ?

美容液をより効果的に使うためには、美容液を使うタイミングや使い方のポイントを知っておくことが大切です!

美容液を使う順番

まず最初に知っておきたいのが、美容液を使うタイミングです。美容液は、化粧水と乳液の間に使いましょう。これはなぜかというと、化粧水には肌に水分を与えて次に使う化粧品の浸透を良くする役割があるからです。最初に化粧水を使うことで、美容液しっかり浸透させることができます。

また、乳液は先に塗った化粧品の水分や美容成分を肌に閉じ込める蓋の役割をしてくれます。そのため、美容液は乳液の後ではなく乳液の前に使うことが大切です。

美容液の使い方のポイント

次に、迷ってしまいがちなのがスポイトタイプの美容液の使い方です。美容液にはポンプタイプとスポイトタイプの2種類がありますが、スポイトは容器本体から離して使えるので「そのまま顔にのせる」か「一度手に取る」か迷う人も多いのではないでしょうか。

結論から言うと、スポイトタイプもポンプタイプと同じように一度手に取るのがおすすめです。スポイトで直接顔に美容液をのせようとすると、顔の向きや美容液のテクスチャーによっては垂れてしまいます。

さらに、スポイトで直接顔にのせようとすると、スポイトの先がうっかり肌に触れてしまいがちです。スポイトの先が肌に触れると、容器にスポイトを戻したときに雑菌が中に入ってしまい、美容液が劣化しやすくなってしまいます。

これはポンプタイプにも言えることですが、容器の口やスポイトの先の部分に肌が触れないよう注意しましょう。

美容液を肌に塗るときのポイントは、手のひらで少し温めてから肌に塗ることです。冷たいまま塗るよりも少し温めることで、美容液が浸透しやすくなります。温める目安は5秒程度で、冷たさを感じなくなったらOKです。ハンドプレスで押さえるように、優しく肌になじませましょう。

【NG行為】コレをするとお肌に逆効果!意外とやりがちだけど要注意な美容液の使い方は何?

【NG行為】コレをするとお肌に逆効果!意外とやりがちだけど要注意な美容液の使い方は何?

肌悩みを集中ケアしてくれる美容液は、美肌になりたい人の強い味方です。しかし、使い方を間違うと効果が半減するどころか逆効果になってしまうことも。そこで、次はついついやってしまいがちだけど要注意な美容液の使い方について解説します。

大量に塗りすぎて蒸発

「もっと美容液の効果を感じたい」と思うと、ついつい美容液をたくさん塗り重ねてしまいがちです。しかし、美容液が浸透できる肌の厚みはたった0.02mmしかないので、たくさん塗っても浸透しきれず肌表面に残って蒸発してしまいます。

せっかくの美容液を蒸発させてしまうのはもったいないですよね。しかも、水分が多すぎて皮脂バランスが崩れると、肌が本来持っている保湿効果が減少して肌に必要な水分まで一緒に蒸発してしまうことも。

乾燥しやすい部分に重ね付けするのはOKですが、美容液を何度も何度も重ね付けして塗りすぎないよう注意しましょう。

擦りすぎる

美容液に限らずどんな化粧品もそうですが、塗るときに強く擦ったり何度も擦ったりすると肌に刺激を与えてしまいます。この刺激は大きいものではありませんが、毎日少しずつ積み重なり肌荒れやニキビの原因になってしまうことも。

美容液を塗るときは、できるだけ擦らないようハンドプレスで優しくなじませましょう。

他の化粧品と混ぜて使う

化粧水に美容液を混ぜたり、美容液を2種類同時に使ったりすると、美容液の美容成分が混ざって分離しうまく効果を発揮できないことがあります。美容液を使うときは、他の化粧品と混ぜずに別々に使いましょう。また、2種類の美容液を使うときは、朝と夜にわけて別々に使うのがおすすめです。

【20代~50代まで】年代別おすすめ美容液3選

【20代~50代まで】年代別おすすめ美容液3選

 肌悩みは年齢によって変化します。そのため、美容液も自分の年代にあったものを選ぶのがおすすめです。そこで次は、編集部がたくさんの美容液の中から厳選したおすすめの美容液3選を年代別にご紹介します!

【20代におすすめ】保湿力バッチリ!毛穴ケアや早めのエイジングケアもできるおすすめ美容液ランキング

  • アルティモイストセラム
    1本で美容液+乳液の保湿効果

    保湿成分ヒト型セラミドを高濃度配合した保湿美容液

    ETVOS(エトヴォス) アルティモイストセラム

    5,390円(税込)/50ml(約1ヶ月分) →14日間濃密うるおい体験セット【500円OFFクーポン付き】1,490円(税込)

    商品について詳しくはこちら
  • 米肌 肌潤改善エッセンス
    毛穴レスなすっぴん美肌へ

    水分保持能を改善する日本初の成分配合!自らの力でうるおう肌を育む美容液

    KOSE(コーセー) 米肌 肌潤改善エッセンス

    7,700円(税込)/30ml →14日間のトライアルセットは約77%OFFの1,527円(税込)

    商品について詳しくはこちら
  • メラノフォーカスEV
    美白界のエキスパート!

    【リニューアル】美白美容液16年連続売上No.1。HAKUから誕生した、うるおう最新美白美容液

    HAKU(資生堂) メラノフォーカスEV

    11,000円(税込)/45g(約2ヵ月半分) →【期間限定】2本購入で1ヶ月分を追加でプレゼント

    商品について詳しくはこちら

【30代におすすめ】30代から始める早めのエイジングケアまでできる美容液BEST3を発表

  • ビューティーオープナーセラム リンクル&ホワイト
    コスパNo.1で選ぶなら!

    累計650万本突破の国内で一番売れているコスパ◎の卵殻膜美容液

    オージオ ビューティーオープナー

    6,380円(税込)/18ml →WEB限定キャンペーン定期初回価格1,980円(税込)

    商品について詳しくはこちら
  • 米肌 肌潤美白エッセンス
    乾燥もしっかりケアしたいなら!

    【高保湿】ライスパワーでしっかり保湿。くすみやシミを溜め込まない肌へ導くKOSEの美白美容液

    KOSE 米肌 肌潤美白エッセンス

    8,800円(税込)/30ml(約1~1.5ヶ月) →WEB限定14日間トライアルセット1,630円(税込/送料無料)

    商品について詳しくはこちら
  • アルティモイストセラム
    1本で美容液+乳液の保湿効果

    保湿成分ヒト型セラミドを高濃度配合した保湿美容液

    ETVOS(エトヴォス) アルティモイストセラム

    5,390円(税込)/50ml(約1ヶ月分) →14日間濃密うるおい体験セット【500円OFFクーポン付き】1,490円(税込)

    商品について詳しくはこちら

【40代におすすめ】保湿はもちろん小ジワや口元のシワケアまでできる美容液BEST3を発表

  • リンクルショット メディカル セラム N
    日本初承認のシワ改善成分配合

    ベスコス85冠達成!定着したシワにもおすすめなシワ改善クリームの王道コスメ

    POLA(ポーラ) リンクルショット メディカル セラム N

    14,850円(税込)/20g(約4ヶ月※1部位使用) →【期間限定】初めての方は公式サイトから購入でプレゼントあり

    商品について詳しくはこちら
  • アテニア アイ リンクルセラム
    乾燥目元にうるおいとハリをもたらす

    ”目尻クライシス”に攻めの一手!新世代の「シワケア」美容液

    アテニア アイ リンクルセラム

    3,740円(税込)/15g(約2ヶ月分) →本品+薬用美白・エイジングケアセットが3,740円(税込)

    商品について詳しくはこちら
  • 米肌 肌潤美白エッセンス
    乾燥もしっかりケアしたいなら!

    【高保湿】ライスパワーでしっかり保湿。くすみやシミを溜め込まない肌へ導くKOSEの美白美容液

    KOSE 米肌 肌潤美白エッセンス

    8,800円(税込)/30ml(約1~1.5ヶ月) →WEB限定14日間トライアルセット1,630円(税込/送料無料)

    商品について詳しくはこちら

【50代におすすめ】シミ・しわ・たるみケア!年齢肌対策できる高保湿美容液BEST3を発表

  • アテニア アイ リンクルセラム
    乾燥目元にうるおいとハリをもたらす

    ”目尻クライシス”に攻めの一手!新世代の「シワケア」美容液

    アテニア アイ リンクルセラム

    3,740円(税込)/15g(約2ヶ月分) →本品+薬用美白・エイジングケアセットが3,740円(税込)

    商品について詳しくはこちら
  • クリアコンセントレートHQショット
    シミに狙いを定めて一点集中ケア

    ハイドロキノンを日本で初めて安定配合。寝ている間に日焼けによるシミを集中ケアするドクターズコスメ

    アンプルール クリアコンセントレート HQショット

    12,100円(税込)/11g(約45日分) →7日間トライアルセット1,500円

    商品について詳しくはこちら
  • アスタリフト ジェリー アクアリスタ
    アスタリフトの自信作

    世界最小クラスの「セラミド」配合。赤のジェリーの力で高保湿・高浸透を叶える

    富士フイルム アスタリフト ジェリー アクアリスタ

    9,900円(税込)/40g (約45日分) →5日間トライアルセット1,100円(税込)

    商品について詳しくはこちら

美容液とは肌悩みにピンポイントに合わせてケアできるスキンケアアイテム!肌悩みゼロのきれいな素肌を目指しましょう

【まとめ】美容液とは?

美容液とは、「くすみ」「小じわ」など特定の肌悩みを集中ケアできるスキンケア化粧品で、成分濃度が高い順にアンプル・セラム・エッセンスの3種類にわけられます。

現在さまざまな種類の美容液が販売されていますが、「人気があるから」「友達が良いと言っていたから」という理由で選ぶと、肌悩みにあわず期待した効果が得られないことも。美容液は肌悩みにピンポイントでアプローチするタイプの基礎化粧品なので、自分の肌悩みにあった美容液を選ぶことが大切です。

「思春期ニキビ」と「大人ニキビ」のように、年齢によって肌悩みの原因が変わることもあるので、ぜひ今回ご紹介したランキングを参考に年代と肌悩みにあった美容液を選んでみてくださいね。