日差しの中で過ごす日、私たちは肌を紫外線から守るために日焼け止めを頼りにします。しかし、日焼け止めを塗ると肌はなぜ白くなってしまうことがあるのでしょうか?

そこで今回は、日焼け止めで肌が白くなる原因や、肌が白くならずにうつくしく輝くための対策方法について、くわしく解説します。肌に優しく、うつくしい肌を保つための方法を知れば、太陽の光から肌を守りながらも、自信を持って輝く方法を身につけられますよ!

日焼け止めで肌が白くなるのはなぜ?3つの原因を知れば対策方法が見つかる!

白い

日焼け止めを塗ると肌がなぜ白くなるのか、その原因を理解することは、うつくしいはどぉ手に入れるためには重要です。

ここでは、日焼け止めで肌が白くなるのはなぜなのか、3つの原因についてくわしく解説します。知識を深めて、肌のうつくしさを保ちましょう!

日焼け止めの成分に紫外線散乱剤が入っている

肌が日焼け止めを塗ると白くなる理由のひとつは、日焼け止め製品に含まれる紫外線散乱剤です。

紫外線散乱剤は、酸化亜鉛や二酸化チタンなどの微粒子からなり、これらの微粒子が肌に塗布された際に、紫外線を反射または散乱させる働きがあります。この反射や散乱によって肌表面に白い薄膜ができ、肌が白く見えることがあるのです。

このように、日焼け止めが肌を白くする理由のひとつは、紫外線散乱剤の作用によるもの。これらの成分の選択や使用量が、肌の白さに影響を与えることを理解しておくことが大切です。

日焼け止めが肌の上で他の化粧品と混ざってしまっている

日焼け止めが肌を白くする理由のひとつは、他の化粧品と混ざってしまうことです。日常的に使用する美容アイテムと日焼け止めは、他の化粧品と同じく肌表面に塗布するもの。このとき、日焼け止めと他の化粧品が混ざり合うことで肌の色調が変化し、白さが目立つことがあるのです。

まず、日焼け止めや他の化粧品に含まれる成分同士が反応することがあります。とくに、日焼け止めに含まれる紫外線散乱剤は、他の化粧品との組み合わせによって肌を白く見せる場合があります。

また、一度に多くの製品を塗布することで、肌に厚い層ができ、これが白さを際立たせる要因になることも。とくに、日焼け止めやファンデーションなどが多量に使用されてしまうと顕著に表れてしまいます。さらに、肌表面に日焼け止めや他の化粧品が均一に塗布されていない場合、光が異なる層から反射され、肌の不均一さが白さを引き立ててしまうことも。

この問題を軽減するためには、日焼け止めと他の化粧品の相性を考えながら、均一に塗ることが重要です。日焼け止めと他の化粧品をていねいに塗って薄く仕上げれば、白さを最小限に抑え、自然な肌のうつくしさを保つことができますよ。

塗った日焼け止めにムラがある

日焼け止めが肌を白くする理由のひとつに、塗った日焼け止めにムラが生じることが挙げられます。ムラがある日焼け止めは、肌の色調に不均一さをもたらし、白さを目立たせる原因となるのです。

日焼け止めをていねいに塗ることでムラはある程度防げるもの。日焼け止めを塗るときは手に少量を取り出してきれいに塗ることを心がけましょう。とくに顔や首などのデリケートな部位では、時間をかけて均一に伸ばし、肌になじませるよう心がけてくださいね。肌をしっかりと保護しながら、白さを最小限に抑えたうつくしい肌を維持しましょう!

編集部Voice

汗や摩擦、水による日焼け止めの剥がれも塗りムラの原因。とくに、アウトドア活動や水泳をする場合、日焼け止めが肌から剥がれやすく、日焼け止めの保護効果が不均一になりがちです。水に強い日焼け止めや、長時間持続する製品を選ぶことで、塗りムラの発生を軽減できますよ!

肌が白くならない日焼け止めの選び方とは?ポイントを押さえれば自分に合ったアイテムがすぐ見つかる!

種類

ここでは、肌が白くならない日焼け止めを選ぶ際のポイントを解説します。自分に合った製品を見つけるために必要な情報とコツを知って、太陽の光から肌を守りつつ、うつくしい肌をキープしましょう!

紫外線吸収剤の入っているものをチョイスする

肌が白くならない日焼け止めを選ぶ際、紫外線吸収剤の入った製品を選ぶことがひとつのポイントです。紫外線吸収剤は肌に紫外線を吸収させ、そのエネルギーを分散させる働きを持っているもの。そのため、白く見えることが少ないといった特徴があります。

とはいえ紫外線吸収剤は、その性質により人によって肌への刺激を強く感じてしまうことも。紫外線吸収剤入りの日焼け止めを選ぶときは、目立ちにくい部位に塗ってみて、自分の肌に合うかどうかを確かめてから全体に使用することをおすすめします。

肌に合った日焼け止めを選ぶことで、白くなるトラブルだけでなく肌荒れも防ぎながら重井線対策ができますよ!

編集部Voice

日焼け止めを選ぶ際には、SPF値も確認しましょう!日中の活動や紫外線の強さに合わせて選んでくださいね。また、自身の肌タイプに適した日焼け止めを選ぶことで、肌を守りながらうつくしい肌を維持できますよ!

敏感肌さんは紫外線散乱剤の粒子が細かいものにする

敏感肌の方々が日焼け止めを選ぶ際、紫外線散乱剤の粒子のサイズに注意を払うことが大切です。

紫外線散乱剤は、紫外線を肌から反射・散乱させて守る役割を果たすもの。敏感肌の方は肌の刺激を最小限に抑えたいところ。紫外線吸収剤入りの日焼け止めは白くなりにくいですが、肌への刺激がやや強いのが難点。紫外線散乱剤の粒子が細かい製品なら、肌にやさしく、刺激を軽減できるのです。

敏感肌の方が日焼け止めを選ぶ際には、ぜひテスターを使うなどして、紫外線散乱剤の粒子サイズに注目してみてくださいね。自分に合った日焼け止めをチョイスできれば、肌をいたわりながら快適な紫外線対策を実現できますよ!

日焼け止めのテクスチャ―をきちんと確かめる

日焼け止めを選ぶ際、日焼け止めのテクスチャーは重要です。テクスチャーは日焼け止めを使用する際の快適さや肌へのなじみに大きな影響を与えるもの。肌が白くならない日焼け止めを選ぶ際には、テクスチャーにもぜひ注目してくださいね。

軽やかでサラッとしたテクスチャーの日焼け止めは、肌にのせたときに適度な軽さがあり、白さを目立たせにくいです。とくに液体やジェル状の日焼け止めは、均一に塗布しやすいため、肌の色や質感が自然に仕上がってくれますよ。

保湿効果のある日焼け止めなら、肌を保湿して乾燥から肌を守ってくれます。また、オイリー肌の方は、低油分の日焼け止めを選び、テカリを軽減するのがおすすめ。日焼け止めアイテムの中には、マットな仕上がりを提供する製品もあります。

アウトドアや水中で使用する場合には、防水性の日焼け止めを選びましょう。水や汗に強い製品は紫外線防御効果が持続しやすく、長時間紫外線から肌を守ってくれますよ。

編集部Voice

日焼け止めのテクスチャーは、日常の使用において快適さや肌へのなじみに大きな影響を与えるもの。肌が白くならない日焼け止めを選ぶ際には、ぜひテクスチャ―も重視してみてくださいね。自身の肌タイプや好みに合ったテクスチャーを選ぶことで、うつくしい肌を守りながら快適な日差しの下で過ごすことができますよ!

肌が白くならない日焼け止めの塗り方3選|正しいやり方できれいな肌を手に入れよう!

塗る

ここでは、肌が白くならないための日焼け止めの塗り方を3つ解説します。正しい塗り方を身につければ、日差しの中でもうつくしい肌を手に入れることができますよ!

日焼け止めの正しい塗り方①きちんと肌の保湿をおこなってから塗る

日焼け止めを正しく塗るには、肌の保湿が大切です。保湿は肌を整え、日焼け止めの効果を最大限に引き出す重要なステップ。なぜなら、乾燥した肌は日焼け止めの均一に塗るのをむずかしくし、白さを引き立ててしまうことがあるからです。

まず、洗顔後やシャワーを浴びた後など、肌が清潔な状態であることを確認しましょう。その後、軽い保湿剤や化粧水を使用して肌をうるおすことが大切です。とくに乾燥肌の方は、保湿を重視してくださいね。

保湿剤を肌になじませたら、待つことで肌が製品を吸収しやすくなりますよ。保湿剤が肌に浸透するのを数分待つことで、日焼け止めを塗ったときの仕上がりがワンランク上がるのです。

保湿から始まる日焼け止めの正しい塗り方は、肌を守りつつうつくしい肌を維持するための基本です。肌が白くならないように、このステップを大切にしてくださいね。

日焼け止めの正しい塗り方②てのひらに出して少しずつ塗る

日焼け止めを正しく塗るための次のステップは、適量の日焼け止めを手のひらに出し、少しずつ均等に肌に塗ることです。このステップは日焼け止めを塗った際の仕上がりを向上させ、白さを目立たせないために重要なポイント

まず、手のひらにコインサイズまたは豆粒程度の日焼け止めを取ります。これは、日焼け止めを均一に塗り広げるために適量。手に取った日焼け止めを指の腹やてのひらで温め、製品をやさしくしましょう。これにより、日焼け止めが肌により均一に伸び、白くなるのを防いでくれますよ。

次に、顔や体のさまざまな部位に少しずつ日焼け止めを塗ってください。均等に広げるために、指の腹を使って円を描くように塗りましょう。とくに顔や首、デコルテなど、日焼けしやすい部位に注意を払いましょう。手首や指など、見落としがちな部分も忘れずに塗ってくださいね。

日焼け止めを均一に塗ることで、肌に自然な仕上がりをもたらし、白さを目立たせにくくします。また少量ずつ塗ることで、日焼け止めが厚塗りにならず、快適な肌感覚を保てますよ。

日焼け止めの正しい塗り方③塗ったとはきちんと肌に密着させる

日焼け止めを正しく塗るための最後のステップは、日焼け止めを塗った後、それをきちんと肌に密着させること。このステップは日焼け止めの効果を最大限に引き出し、白さを目立たせないために重要なポイントです。

日焼け止めを肌に塗ったら、指の腹を使ってやさしく押し込むようにして、日焼け止めを肌に密着させます。これにより日焼け止めが肌に均一に広がり、肌表面にフィットしてくれ、白さを軽減する助けになるのです。

とくに皮膚の凹凸や細かなしわ、毛穴の周りなど、細部にも注意を払いましょう。この部分にも日焼け止めがしっかり密着するように、ていねいに作業してくださいね。また、日焼け止めが顔や体のあらゆる部位に均等に広がるように気をつけましょう。

編集部Voice

日焼け止めは定期的に塗り直すのを忘れずにおこないましょう。とくに水泳や汗をかく場合、日中の活動中は2~3時間ごとに再度塗り直し、持続的な保護を確保することが大切ですよ。紫外線から肌を守るためにも、ぜひおこなってくださいね。

日焼け止めの正しい落とし方についてくわしく知りたい方は、こちらの記事もチェック!

日焼け止めを塗ったらクレンジングはマスト?日焼け止めの正しい落とし方を徹底解説!
日焼け止めを塗ったらクレンジングはマスト?日焼け止めの正しい落とし方を徹底解説!

うつくしい肌になれる!白くならないおすすめ日焼け止め3選

日焼け止め

ここでは、うつくしい肌を手に入れられる、白くならないおすすめ日焼け止めを3つ厳選して紹介します。正しいアイテムを選択すれば、美肌を手に入れることは可能です。これらの製品を活用して自分の持つ魅力を引き出し、うつくしさを輝かせましょう

KOSÉ(コーセー)|プロフェッショナル アスタリュクス UVスプレー AX

KOSÉ(コーセー)プロフェッショナル アスタリュクス UVスプレー AX

サロン専売の実力!78%が美容液でできたUVカットスプレー

プロフェッショナル アスタリュクス UVスプレー AX

総合評価:

4.0

♢配合成分:メトキシケイヒ酸エチルヘキシル、バイタルアスタキサンチン、ナイアシンアミド ♢単品価格:1,980円(税込)/70g(60日) ♢キャンペーン情報:ー

    UV対策とスキンケア&ヘアケアが同時に可能!髪・頭皮・顔を含む全身に使える日焼け止めスプレー

    2021年3月にサロン専用販売を開始した髪・頭皮・体・顔に使える日焼け止めスプレーです。販売元のコーセーは、「美しい知恵 人へ、地球へ。」を経営理念に掲げて、地球規模でできることを真摯に取り組んでいる日本の大手化粧品メーカーです。

    創業75周年を迎えたいま、「考えよう。人と地球の美しさ。」をコンセプトに掲げ、2030年までのCO2排出量削減目標を設定したりシーズン中に売り切れなかった商品をリーズナブルに提供したりと、環境問題に対して積極的に取り組んでいます。

    そんなコーセーから販売されているこちらは、SPF50+ / PA++++の高いUVカット効果を持ちながら、美容液を78%(※1)も配合しているのが特長です。コーセーによる30年以上の研究・開発を経たエイジングケア成分バイタルアスタキサンチンや、外部から受けるダメージをブロックしてくれるマテ茶エキスなどを、ぜいたくに配合。

    保湿効果に優れたスクワランやヨーロッパナラ木エキスシワケア成分でお馴染みのナイアシンアミドなども含まれていて、紫外線対策とスキンケア&ヘアケアが同時に叶う商品です。美容成分をたっぷり含んだジェルがパウダーへと変化する特殊な技術で瞬時に密着するため、ベタつかずにサラッと仕上がるのも特長。

    ストレッチ機能で広範囲に広がりながらウォータープルーフ機能で水や汗を弾いてくれるので、夏場のレジャーにおすすめな商品です。紫外線散乱剤フリーで白浮きせず、逆さにしても使えます。専用のリムーバーが不要で、石けんで落とせるのも魅力です。

    口コミでは、「乾燥しない」「長時間うるおいが続く」という意見の他に、「UVスプレー特有のベタつきがなくてサラサラする」「白浮きしない」といった使い勝手の良さに関する声も届いていました。

    価格は1,980円(税込)/70gで、契約を行っている全国のサロンで購入できます。SPF50+ / PA++++の高いUVカット効果に加えて美容液を78%も配合しているので、お肌や髪をケアしながら紫外線対策ができる日焼け止めスプレーをお探しの方は、ぜひサロンでの購入をご検討ください。

    (※1)水を含む
    詳細を公式サイトでみる商品について詳しくみる
    編集部Voice

    「KOSÉ(コーセー)プロフェッショナル アスタリュクス UVスプレー AX」は、高いUVカット率を誇るSPF50+ / PA++++の日焼け止めスプレー。とくに、紫外線から肌を効果的に守りたい方におすすめです。 この製品は美容液成分を豊富に含み、美容ケアを同時に提供してくれます。美容液成分は78%も配合されており、肌にうるおいを与え、しっとりとした肌感触を味わえますよ。 さらに、このスプレーは髪や頭皮、顔を含む全身に使用できるため、日中のあらゆるシーンで大活躍。また、逆さまにしてもスプレーでき、ウォータープルーフ機能も備えているので、水辺やアウトドアでの使用にも安心です。手軽に日焼け対策をおこないたい方におすすめのアイテムと言えるでしょう。

    POLA/ホワイティシモ|薬用UVブロック シールドホワイトプラス

    POLA/ホワイティシモ薬用UVブロック シールドホワイトプラス

    美白+保湿の日焼け止め美容液

    薬用UVブロック シールドホワイトプラス

    総合評価:

    4.2

    ♢内容量:50ml ♢配合成分:ファンクションC・グリチルリチン酸2K・ヒアルロン酸など ♢期待できる効果:UVカット ♢単品価格:4,180円(税込)

    • #ファンクションC
    • #ビタミンC誘導体
    • #クレンジング不要
    • #ウォータープルーフ
    32歳/脂性肌
    気兼ねせず普段使いできる日焼け止めを探して購入。テクスチャーと香りと伸びと皮膜感が好みです。付けていて苦しくないですし、クレンジング不要なのにウォータープルーフなのも便利です。
    27歳/混合肌
    リピート5本目です。重ねづけしても白くならない、重たくならない、崩れないのはポイント高いです。
    国内最高値のUVカット効果!ウォータープルーフなのにクレンジング不要の優秀な日焼け止め美容液

    VOCEやPreciousなどの女性誌に多数掲載!リーズナブルな価格と高いUVカット効果・しっとりとした使用感が口コミでも好評で、大人の女性を中心に人気を広げているPOLA ホワイティシモの薬用UVブロックシールドホワイトプラスです。

    SPF50+・PA++++と国内最高値のUVカット効果を持ちながら、美白有効成分ビタミンC誘導体と角質ケア成分からなるPOLAオリジナルの複合成分ファンクションCを配合しているので、紫外線対策と同時に美白ケア・うるおいケアができる優秀な日焼け止めです。

    クレンジング不要だから日常使いにも便利で、汗や水に強いウォータープルーフ設計だからレジャーにもぴったり。使用感にもこだわっており、POLA独自のなめらかベール処方による被膜感のない心地よい仕上がりによって、しっとりとしたうるおいあふれる肌が続きます。

    「白浮きしないしメイクの邪魔にならない」「ベタつかずしっとりするから付け心地もいい」など、使用感に満足している人が多く、デパコスと比べても価格がリーズナブルなので、毎日気兼ねせず使えると好評です。

    詳細を公式サイトでみる商品について詳しくみる
    編集部Voice

    「POLA(ポーラ)ホワイティシモ 薬用UVブロック シールドホワイトプラス」は、美白ケアと高いUVカット効果を兼ね備えた日焼け止め。このアイテムは、シミや肌のトーンアップに効果を発揮し、うつくしい肌を守ってくれます。 また、保湿力が高いため、1日中うるおいを保ちながら紫外線から肌をガード。デパコスの中でもリーズナブルな価格帯に位置しており、毎日の使用にも負担になりません。 さらに、ウォータープルーフ性があり、クレンジング不要で使いやすいのも魅力。日中の外出時や水辺での使用にも適しています。美白とUVケアを一緒に叶えたい方におすすめのアイテムです。

    花王|ビオレ UV アクアリッチ ライトアップエッセンス

    花王ビオレ UV アクアリッチ ライトアップエッセンス

    LIPS2021年新作賞受賞!くすみを飛ばし美肌が叶うUVケアコスメ

    ビオレ UV アクアリッチ ライトアップエッセンス

    総合評価:

    4.0

    ♢配合成分:ヒアルロン酸、ローヤルゼリーエキス ♢単品価格:771円(税込)/70g(オープン価格) ♢キャンペーン情報:ー

      ひと塗りでパッと明るい肌に!ビオレから誕生した美肌に魅せる日焼け止め

      口コミサイト「LIPS」で2021年度上半期日焼け止めランキングの新作賞を受賞した、ビオレUVのアクアリッチライトアップエッセンス。

      ドラッグストアなどで目にしない日はないブランド「花王」から誕生したビオレは、ギリシャ語の「生活=Bios」と「満ち足りた=ore」を意味しています。「世界中の一人ひとりが清潔ですこやかな肌で過ごせる社会」を目指し、この名前が付けられました。

      2010年、紫外線対策への意識の高まりから、毎日気軽にUVケアができる水のように軽い使い心地の日焼け止め「ビオレUV アクアリッチシリーズ」が誕生。日焼け止めは「レジャー時に使うもの」から「日常的に使用するもの」へ、新しい習慣を定着させました。人々の「太陽の下で快適に生活したい」を叶え、「いつでも自身のある肌」でいられるよう、さまざまな肌に寄りそう商品を手がけています。

      そんなビオレUVアクアリッチシリーズから新たに誕生したライトアップエッセンスは、微細パールが配合された美肌に魅せる日焼け止めです。日焼け止めに含まれるパール成分が、肌の表面に凹凸の塗膜をつくり可視光を拡散しやすくします。可視光が生み出す自然な透明感を利用し、肌をふんわりと輝かせ美肌を演出。顔から足先までからだ全身くすみ知らずの明るい肌が完成します。

      さらに、ヒアルロン酸やローヤルゼリーエキスが配合されているため、乾燥からお肌を守ります。肌の水分の蒸発を防ぎ、肌内部のうるおいキープをサポートしてくれる日焼け止めです。

      また、サラっとしたテクスチャーもうれしいポイント!べたつかないので塗ったあとの不快感もなく、1日中快適に過ごせます。合成着色料無配合で、肌をいたわりながら紫外線対策ができますよ。キャップは本体と一体型のため、外出先で塗りなおす際もふたを無くす心配がありません。

      美肌効果やのびの良さにこだわったこちらの日焼け止め。口コミでは、「白浮きせず自然にトーンアップできる!」「肌荒れせず塗りやすいのがうれしい!」と効果を実感している人が多数います。

      ライトアップエッセンスはオープン価格ですが、Amazonで771円(税込)/70gで購入ができます。楽天などに比べて低価格で購入でき、送料無料でお得です。

      ドラッグストアに直接買いに行かなくても簡単に手に入るのはうれしいですね。肌をきれいに魅せながらUV対策がしたい方はぜひお試しください。

      詳細を公式サイトでみる商品について詳しくみる
      編集部Voice

      「花王 ビオレ UV アクアリッチ ライトアップエッセンス」は、肌のくすみを解消し、うつくしい肌を引き立てるための優れた日焼け止めです。この製品は、可視光を効果的にコントロールし、肌のくすみを軽減します。光を操る力で、肌を明るく輝かせてくれますよ。 さらに保湿成分が配合されており、肌の水分を保ちながらうるおいをキープ。乾燥からくる不快感を軽減し、肌を快適な状態に保ってくれますよ。またSPF50+ PA+++の高い紫外線防御効果を備えており、肌を強力に紫外線から守ってくれるのも魅力的。紫外線によるダメージを最小限に抑え、うつくしい肌を保ちます。 サラッとしたテクスチャーが特長で、肌に軽やかになじみ、不快感を感じずに使用できます。そして1,000円以下の手ごろな価格で購入できるため、コスパが良\よいプチプラ商品としても人気です。日常の紫外線対策におすすめのアイテムですよ。

      日焼け止めのおすすめランキングについて知りたい方は、こちらの記事もチェックしてみてくださいね。

      【絶対焼けない】日焼け止めおすすめランキング2024!ドラコスからデパコスまで人気商品をガチ検証
      【絶対焼けない】日焼け止めおすすめランキング2024!ドラコスからデパコスまで人気商品をガチ検証

      日焼け止めで肌が白くなるのは防げる!正しい選び方と塗り方できれいな肌を手に入れましょう!

      女性

      紫外線から肌を守るために欠かせない日焼け止めは、正しい選び方と塗り方を知らないと、肌が白くなってしまうことがあります。しかし、その心配は正しいアプローチで解決できますよ。

      日焼け止めを選ぶ際、SPF値や紫外線散乱剤の有無を確認し、肌タイプや用途に合ったものを選びましょう。また塗り方も重要!保湿から始め、手のひらで均等に伸ばし、薄く密着させることがポイントです。さらに、頻繁な塗り直しや水中での使用も忘れずにおこなってくださいね。

      これらのステップを実践すれば、肌が白くなる心配は不要です。日焼け止めを味方につけ、うつくしい肌を守りながら自信を持って輝きましょう

      【Q&A】日焼け止めで肌が白くなる人にありがちな悩み・ギモンを徹底解決!

      うつくしい肌を保つために欠かせない日焼け止め。しかし、日焼け止めを使っても肌が白くなってしまうことに悩む人も多いのではないでしょうか? ここでは、日焼け止めで肌が白くなる人にありがちな悩みやギモンを徹底解決します。日焼け止めにまつわる悩みから解放され、美肌を手に入れましょう!

      • 日焼け止めのカラーを選ぶときのポイントは?

        日焼け止めのカラーを選ぶ際のポイントは、いくつかの要因を踏まえて考えることが重要です。まず、肌のトーンや活動レベルに応じて日焼け止めのカラーを選びましょう。ウォータースポーツやアウトドア活動をする場合は、ウォータープルーフのものが適しています。日常のメイクのベースとして使用する場合は、軽いテクスチャーの日焼け止めがおすすめですよ。 自分の好みも考慮に入れましょう。日焼け止めは日常的に使うものなので、肌に合った色でありながら、使いやすさや快適さも重要なもの。化粧下地やファンデーションの代わりとして使う場合は、自分のメイクスタイルに合った日焼け止めを選ぶとよいでしょう。これらのポイントを考慮することで、紫外線対策をしながらうつくしく肌を引き立てられますよ。

        • 日焼け止めはどのくらいの頻度で塗り直せばよい?

          日焼け止めを塗り直す頻度は、紫外線の強さや日中の活動に応じて異なります。基本的には、2~3時間ごとに日焼け止めを塗り直すことがおすすめです。水泳や激しい運動をする場合は、水や汗によって日焼け止めが流れやすくなりますので、水中や汗をかいた後はすぐに塗り直すことをおすすめします。また、紫外線の強い時間帯はこまめに塗り直すなど注意が必要です。 日焼け止めの種類によっても塗り直しのしやすさが異なります。パウダータイプの日焼け止めは、液体よりも簡単に塗り直せるため、忙しい日常でも手軽に使えますよ。塗り直す際には、顔や首、デコルテなど、日焼けしやすい部位に重点的にケアすることが大切。紫外線から肌を守りながら、うつくしい肌を維持するために、頻繁な塗り直しを心がけてくださいね。