「シャンプーの使用期限ってあるのかな?」と思ったことはありませんか?大切にしまっておいた高価なシャンプーや、特別な日しか使わないお気に入りのシャンプー。使用期限を過ぎてしまったらもったいないですよね。この記事では、あまり知られていないシャンプーの使用期限と正しい保存方法、期限切れのシャンプーの活用方法について紹介していきます。

シャンプーの使用期限はどこに書いてあるの?未開封・旅行用のシャンプーの使用期限について解説

みなさんは、シャンプーの使用期限はどこに書いてあると思いますか?あまり見たことがある人はいないのではないでしょうか?

実は未開封のものと開封済みのものとでは、使用期限も違うんですよ!

まずはシャンプーの使用期限のチェック方法を確認してきましょう。

シャンプーの使用期限は明記されていない

シャンプーの使用期限は実は商品に記載されていることはほとんどありません

なぜなら、薬機法(旧薬事法)によって、「適切な保存条件の下で製造後3年を超えて性状及び品質が安定であることが確認されている医薬品において法的な表示義務はない」と規定されているからです。

つまり、「正しく保存して3年以上安心・安全に使用することができる製品であれば、使用期限は表示しなくてもいいですよ」ということなんです。

今使っているシャンプーに使用期限の表示がないなら、製造から3年間は品質が保たれると思っていいでしょう。

未開封の場合と開封後の使用期限をそれぞれ説明

シャンプーは開封前と開封後では使用期限が異なります。

さきほど「製造から3年間は品質が保たれる」とお伝えしたのは、未開封のシャンプーの場合です。

ただし、気をつけたいのは「製造から3年」であって、「購入から3年」ではないということ。「買ってからまだ3年は経ってないから……」と思っていても、もしかしたら購入時点ですでに製造後数年経っている可能性も考えられます。

製造年月日が表示されているものならいいのですが、一般的には製造年月日は表示されていないことが多いので、あまり何年も保存しておくというのはおすすめできません。

 

開封後のシャンプーの使用期限は、開封から1年以内、と考えましょう。

たとえ製造して間もないシャンプーでも、いったん開封してしまうと空気に触れるので、酸化したり雑菌が繁殖したりして、劣化しやすくなってしまいます。

「お気に入りの高いシャンプーだからデートの前だけ使おう」と思っていると、時間とともに変質してしまうおそれがあるので、開封したら1年以内には使い切るようにしてくださいね。

編集部コメント
開封後のシャンプーは浴室に置いておきますよね。 浴室は高温多湿なところなので、シャンプーに水分が混入したり雑菌が繁殖したりしやすいんですよ。 なるべく品質を維持したいなら、開封後であってもシャンプーを浴室の外で保存するようにするといいでしょう。

旅行用シャンプーの使用期限

旅行用シャンプーは、旅行はもちろん、急なお泊りにも重宝するものです。常備している人も多いかもしれませんね。

ただ、こちらも使用期限には注意したいものです。

旅行用シャンプーの使用期限は、通常のシャンプーと同様、製造から3年が原則。うっかりクローゼットなどにしまい込んでそのままにしてしまったシャンプーは、劣化している可能性があります。3年以上経っているようなら、思い切って処分してしまうか、お掃除などに有効活用するのがよいでしょう。

編集部コメント
ホテルのアメニティやサンプルのシャンプーは、1回分の小さなパウチになっていることがほとんどですよね。 包装が簡易になっているぶん、室温の影響を受けたり、傷がついて空気が混入したりしてしまう可能性も否定できません。 このようなパウチタイプのシャンプーは、3年も品質が保たれるかどうかは疑問です。できればすぐに使ったほうがいいでしょう。

オーガニック系シャンプーは防腐剤が入ってないから使用期限が短い?

オーガニックコスメとは、化学肥料や農薬を使っていないオーガニック原料を使用した化粧品のことです。

化粧品に含まれますが、日本では何をもってオーガニックコスメと呼ぶかは厳密には定義されていません

そのため、1%でもオーガニック原料が配合されていれば、オーガニックコスメと呼ぶことができてしまいます。「オーガニックだから防腐剤が配合されていない」とはいいきれないのです。

防腐剤が配合されておらず、使用期限が短いのであれば、使用期限が表示されているはずです。オーガニック系のシャンプーを使っている人は、どこかに使用期限が表示されていないかチェックしてみてくださいね。

シャンプーは使用期限を過ぎると腐る?期限切れシャンプーの使用を避けるべき理由を解説!

使用期限が表示されていないシャンプーは、製造から3年以内に使い切ることが理想です。では、使用期限を過ぎてしまったらどうなってしまうのでしょうか?

ここでは、なぜシャンプーの使用期限に注意しなければいけないのか、その理由と、正しいシャンプーの保存方法について解説していきます。

使用期限切れシャンプーを使うと湿疹やかゆみ、抜け毛のトラブルに

使用期限切れのシャンプーは、中身が変質していたり、雑菌が繁殖していたりする可能性が考えられます。

このようなシャンプーを使ってしまうと、発疹、かゆみ、赤み、腫れなどの頭皮トラブルを起こしてしまうことがあるため、注意が必要です。

せっかく頭皮や髪を清潔にするために使ったシャンプーなのに、かえって頭皮環境を悪化させてしまっては本末転倒ですよね。それどころか、フケや抜け毛が増えてしまうこともあるんですよ。

もったいないと思っても、髪や頭皮をすこやかに保つには、古くなったシャンプーは使わないほうがいいでしょう。

シャンプーの使用期限を伸ばす保存方法

シャンプーの品質は保存方法によって大きく変わります。なるべくシャンプーを良い状態で保つには、正しい保存方法を心がけましょう。

 

未開封のシャンプーの場合、高温になるところや湿度が高いところに保存するのはおすすめできません。

直射日光があたらない、湿気が少ない冷暗所に置くと、品質を保持しやすくなります。

よく洗面台の下に保存している人がいますが、ここは意外にも湿気が多いところです。湿気対策として、湿気とりグッズなどを設置するとよいでしょう。

また、棚などに保存している場合は、直射日光に注意したいものです。太陽の位置は時間とともに変わるので、知らないうちに毎日直射日光があたってたということも……!このような場合は、窓がない部屋に置くのもひとつの手です。

 

開封済みのシャンプーの場合、ほとんどの人は浴室にそのまま置いているのではないでしょうか。

毎日使うシャンプーであれば短期間で使いきれるので、それほど心配いらないかもしれません。しかし、めったに使わないシャンプーの場合は、使い切るまでに品質が低下してしまう可能性が考えられます。

とくに浴室内は湿気が多く、室温も高くなりがち。入浴後はシャンプーを浴室から出して、直射日光があたらない冷暗所で保存するといいでしょう。

また、開封後のシャンプーは1年以内に使いきりたいものなので、使用頻度が高くないシャンプーのボトルには、開封日を書いておくと安心です。

使用期限切れのシャンプーの見極め方は?使う前にチェックすべきポイントを紹介!

シャンプーが使用期限切れとなった場合、どのような状態になるのでしょうか?ここでは、わかりやすい見分け方を紹介します。

変色・異臭・成分が分離している場合は使わない

品質が劣化したシャンプーは、見た目に変化が現れることが多いです。

  • 以前はサラサラのテクスチャーだったのに急にドロドロになった
  • シャンプーの色が変わった
  • シャンプーが分離している

このような場合は劣化している可能性大!使うのはやめたほうがいいでしょう。

また、香りにも変化が現れやすいです。以前はいい香りだったのにおかしな香りがする……という場合も劣化のサイン。もったいないかもしれませんが、髪と頭皮のためには使わないのがベターです。

シャンプーの使用期限が切れたらどうすればいい?期限切れシャンプーのおすすめ活用方法を紹介!

お気に入りだったシャンプーや高かったシャンプーは、いくら劣化していても、捨てるのはもったいないような気がしませんか?

そんなときは、有効活用する方法がありますよ!

おすすめの方法を3つ紹介するので、なるべく捨てたくない、という人は試してみませんか?

お風呂やトイレ掃除に

シャンプーには油汚れを落としやすくする界面活性剤が含まれているため、お掃除にも使えます。

バスルームやトイレなど、汚れが気になるところに使ってみましょう。シャンプーは香りも良いので、残り香も気持ち良いですよ。

ただし、シャンプーはとても泡立ちがいい洗浄剤です。うっかり大量に使ってしまうと、思った以上にモコモコ泡が立ってしまって流すのに苦労することも。

少量ずつ使うか、水で薄めて使うと使いやくなりますよ。

マットやじゅうたんのお手入れに

マットやじゅうたんは、専用の洗浄剤を使ったり、洗濯洗剤で洗っている人が多いのではないでしょうか。

丸洗いをする必要はないけど、少しだけ部分洗いをしたい、というときには、シャンプーを垂らしてスポンジでこすると、汚れが落ちますよ。洗いあがりもふんわりといい香りが広がって気分もリフレッシュできます。

ただし、直接肌に触れる衣類などを劣化したシャンプーで洗うのは、肌荒れを起こす可能性があるためNGです。また、泡立ちが良すぎるので、洗濯洗剤代わりに洗濯機に入れるのはおすすめできません

鏡やガラスの曇り止めに

シャンプーに含まれている界面活性剤には、曇り止めの効果もあります

バスルームや洗面台の鏡は曇りやすいので、シャンプーで洗うと曇り止めができるようになりますよ。お掃除と曇り止めが一度にできるなんて便利ですね。

また、車の窓ガラスやドレッサー、窓ガラスなどを洗うのにもおすすめです。

シャンプーは使用期限が過ぎる前になるべく早く使い切る!トラブルを避けてキレイな髪をキープしましょう

シャンプーには使用期限が書いていないことが多いのですが、一般的には製造日から3年以内に使い切るのがおすすめです。

注意したいのは、開封前と開封後では使用期限が異なること。開封前であれば、製造から3年は品質が安定していると考えられますが、さらに古くなってしまうと使うのはためらわれます。お掃除などに有効活用すると無駄を減らせますよ。

開封後のシャンプーはできれば1年以内に使いきりたいもの。「これは特別の日のためのシャンプーだから」と大事にしていると、湿気や高温によって劣化してしまうことがあります。

髪と頭皮のすこやかな状態を維持するには、シャンプーはなるべく長期保存せずに、早めに使い切るようにしましょう。