「年齢やライフスタイルの影響でほうれい線が気になる」という悩みを持つ人は多いのではないでしょうか。ほうれい線は老けて見える原因の一つです。

この記事では、ほうれい線の原因から、加齢・ライフスタイルがどのように影響を与えるかまでじっくり解説しちゃいます!そして美肌を保つためのカンタンな方法も、一緒にお伝えしちゃいますね♪ぜひ参考にして、自分自身の肌をキレイに保ちましょう!

ほうれい線の原因は何?年齢と生活習慣の影響が大きい

ほうれい線1

ほうれい線は、顔の両側にあらわれるシワのことであり、年齢を重ねるとともに現れることが多いです。しかし、単純に年齢を重ねることだけが原因ではありません。ここでは、ほうれい線の原因について、みていきましょう。

喫煙、紫外線などの影響がほうれい線の原因に

ほうれい線の原因は、喫煙や紫外線などがあります。そのため、以下の人は気をつけてください!

  • タバコをなかなかやめられない
  • 日焼け止めを塗り忘れる

紫外線は、肌の中にあるコラーゲンやエラスチンという成分を壊してしまいます。コラーゲンやエラスチンは、肌にハリや弾力を与える役割があります。紫外線によってこれらの成分が減少すると、肌がたるんでしまい、ほうれい線ができやすくなるのです。

喫煙も、コラーゲンやエラスチンの減少につながります。タバコに含まれるニコチンや一酸化炭素は、血管を収縮させて血流を悪くします。血流が悪くなると、肌に栄養や酸素が届きにくくなり、肌の老化が進みます。

紫外線や喫煙は、ほうれい線の原因となるだけでなく、肌の健康や美容にも悪影響を与えてしまうのです。

ストレスや栄養不足もほうれい線を促進する

実は、ストレスや栄養不足もほうれい線の原因となります。

ストレスが溜まると、顔の筋肉が硬くなり、食いしばりや顔の歪みの原因に。これによって、口の周りの皮膚に負担がかかり、ほうれい線が目立ちやすくなります。また、ストレスはホルモンバランスを乱し、肌の老化を早めます。

栄養不足も、肌の老化に影響します。特に、ビタミンCや亜鉛などはコラーゲンの生成に必要な栄養素です。コラーゲンは肌にハリや弾力を与える成分ですが、栄養不足によってコラーゲンが減少すると、肌がたるんでしまいます。

だからこそ、ストレスを溜め込まずにリラックスし、バランスの取れた食事を心がけることが大切!です。自分自身の健康と美肌を守るために、ストレスや栄養不足に気をつけましょう。そして、美しい肌をキープしましょうね!

加齢による皮膚の弾力低下がほうれい線の原因に

年齢を重ねると、コラーゲンやエラスチンといった皮膚の弾力を保つたんぱく質が減少し、皮膚の弾力性が低下します。その結果、顔の皮膚がたるみ、ほうれい線が現れる可能性が高まります。

また、加齢により、皮下脂肪の量が減少します。皮下脂肪は顔のボリュームを保ち、顔の形を支える役割があります。しかし、皮下脂肪が減少すると、顔のボリュームが減り、ほうれい線が目立つようになるのです。

編集部コメント

あなたの美肌を守るために、ストレスを溜めず、バランスの取れた食事を心掛けましょう。自分自身を大切にし、健康な肌を保つことが大切ですね。素敵な笑顔をキープするために、日々のスキンケアに加えて、生活習慣の見直しもおすすめ。一緒に美しい肌を目指しましょうね!

ほうれい線に一番効果的な予防法は?日常生活でできる対策を解説

ほうれい線2

日常生活での対策を積極的に取り入れることで、ほうれい線の予防が可能です。ここでは、ほうれい線に一番効果的な予防法を紹介します。

若々しい肌を保つために、ほうれい線に対する予防対策を始めましょう。

ほうれい線の予防法①紫外線対策をする

紫外線は、肌を老化させる大敵!紫外線に当たると、肌のハリや弾力を保つコラーゲンやエラスチンが壊れてしまいます。これが、ほうれい線を深くしてしまう原因の一つです。

紫外線対策は、ほうれい線の予防に欠かせません。紫外線対策には、日焼け止めや日傘、帽子、サングラスなどが効果的です。

日焼け止めは、肌に直接紫外線が当たらないようにします。SPFとPAの数値が高いものを選びましょう。日焼け止めは汗や皮脂で落ちるので、こまめに塗り直すことも大切です。

日傘や帽子は、日焼け止めだけではカバーできない紫外線を遮ります。色は白や淡い色、素材は化学繊維のものがおすすめ。

サングラスは、目や目元の肌を守ります。目は紫外線に弱く、目元の肌もシワやたるみができやすいです。サングラスはUVカット機能のあるものを選びましょう。

紫外線対策をしっかり行うことで、ほうれい線を予防するだけでなく、肌全体の美しさも保つことができます。

ほうれい線の予防法②喫煙や飲酒量を意識しよう

ほうれい線は、加齢だけでなく、生活習慣にも関係しています。特に喫煙や飲酒は、肌の老化を早めることがわかっています。

喫煙は、タバコの煙に含まれる有害物質が肌にダメージを与えます。コラーゲンやエラスチンという肌の弾力を保つ成分が減少し、しわやたるみができやすくなります。また、タバコを吸う動作はほうれい線にも影響するのです。

飲酒は、アルコールが肌の水分を奪います。乾燥やたるみが引き起こされ、ほうれい線が目立ちやすくなります。喫煙や飲酒量を意識することで、ほうれい線だけでなく、全体的な肌の健康も改善へつながるでしょう。

ほうれい線の予防法③バランスの取れた食生活を心掛ける

ほうれい線は、肌の弾力やハリを保つコラーゲンやエラスチンが減少することで起こります。コラーゲンやエラスチンは、食事から摂る栄養素で作られます。そのため、バランスの取れた食生活を心掛けることは、ほうれい線の予防に大切です。

バランスの取れた食生活とは、たんぱく質やビタミン、ミネラルなど、肌の源となる栄養素を偏らずに摂りましょう。

特におすすめなのは、ビタミンB3(ナイアシンアミド)です。ビタミンB3は、老化した顔の皮膚の外観を改善する効果が期待できます。ビタミンB3が多く含まれる食品は、魚や肉、卵、乳製品などです。

バランスの取れた食生活を心掛けることで、ほうれい線を予防するだけでなく、他のメリットもあります。バランスの取れた食生活は、新陳代謝を正常化し、肌のターンオーバーを促進します。また、免疫力や抗酸化力も高め、肌トラブルや病気にも強くなるのです。

バランスの取れた食生活を心掛けることは、ほうれい線だけでなく全身の健康と美容にも良い影響を与えます。

ほうれい線の予防と改善に効果的なエクササイズとは?

ほうれい線3

日常生活でエクササイズを取り入れることで、ほうれい線の予防や改善に効果的な方法があることをご存知でしょうか。ここからは、ほうれい線の予防と改善に効果的なエクササイズについて解説します。

ほうれい線の予防・改善におすすめ①顔の筋肉を鍛える

頬のたるみは、顔の筋肉が衰えることで起こります。顔の筋肉は、口周りの筋肉が多くを占めています。そのため、口周りの筋肉を鍛えることがほうれい線の予防・改善に効果的です。

口周りの筋肉を鍛える方法は、簡単な顔の筋トレでできます。例えば、口を大きく開けて「あ」と言ったり、「お」の形にしたり、「い」の形にしたりするだけで、口輪筋が刺激されます。これらの動作を数回繰り返すだけで、ほうれい線対策になるんですね!

顔の筋トレは、ほうれい線だけでなく、頬や口元のたるみも改善します。また、血行も良くなり、肌にハリやツヤが出ます。顔の筋トレは、毎日数分でできる簡単な方法です。ぜひ試してみてくださいね!

ほうれい線の予防・改善におすすめ②マッサージをする

顔の筋肉は、頭部の筋肉とつながっています。そのため、頭部の筋肉をマッサージすることで、顔の筋肉にも刺激を与えることができます。

頭部の筋肉をマッサージする方法は、手のひらや指で頭皮を揉んだり、引っ張ったりするだけなんです!特に、前頭筋、側頭筋、後頭筋という3つの筋肉に力を入れてマッサージすると効果的。これらの筋肉は、顔の表情や姿勢に影響する重要な筋肉です。

頭部のマッサージは、ほうれい線だけでなく、血行やリンパの流れも良くなり、頭痛や目の疲れも和らげます。

ほうれい線の予防・改善におすすめ③噛みくせを見直す

ほうれい線は、顔の筋肉や脂肪が下がることでできるシワです。顔の筋肉や脂肪は、噛むときにも影響されます。噛むときに片方ばかり使ってしまうと、顔のバランスが崩れてほうれい線が目立つ原因に。

噛みくせを見直す方法は、一口30回を目標にして噛むことです。これは、顔の筋肉を均等に使うことで、ほうれい線を予防・改善する効果があります。また、左右の奥歯で交互に噛むことや、唇を閉じたまま口の周りの筋肉を動かすことも意識しましょう。

噛みくせを見直すことは、食事の味や栄養もより感じられるようになるでしょう。

編集部コメント

頬のたるみの原因は筋肉の衰え。でも、口周りの筋肉を鍛えればほうれい線を予防・改善できるんです!顔の筋トレは簡単で毎日数分でOK。マッサージや噛みくせの見直しもしましょうね!

ほうれい線におすすめスキンケアアイテム3選!ほうれい線の原因を徹底ケアして若々しい印象に♡

ほうれい線4

ここからは、ほうれい線におすすめのスキンケアアイテムを3つ紹介します。若々しい肌を目指したい人は必見です!

  • ディセンシア リンクルO/L コンセントレート
    肌の土台からシワを改善する美容液

    ベストコスメ20冠受賞の全顔用オイル状シワ改善美容液がリニューアル

    DECENCIA(ディセンシア) リンクルO/Lコンセントレート

    7,150円(税込)/30mL(約1.5ヵ月分) →10日間シワ改善集中体験ディセンシアトライアルセットO/Lが1,980円(税込)

    商品について詳しくはこちら
  • ビーグレン QuSomeリフト
    マッサージしながらハリをUP

    まるでサロンの美容施術を体感したかたのような変化を感じるマッサージ美容液

    b-glen(ビーグレン) Qusomeリフト

    7,700円(税込)/60g(朝晩使用で約1.5ヵ月分) →7日間トライアルセット1,490円(税込/送料込み)

    商品について詳しくはこちら
  • リンクルショット メディカル セラム N
    日本初承認のシワ改善成分配合

    ベスコス85冠達成!定着したシワにもおすすめなシワ改善クリームの王道コスメ

    POLA(ポーラ) リンクルショット メディカル セラム N

    14,850円(税込)/20g(約4ヶ月※1部位使用) →【期間限定】初めての方は公式サイトから購入でプレゼントあり

    商品について詳しくはこちら

1位のアヤナス リンクルO/Lコンセントレートは、発売わずかで人気美容雑誌のベストコスメ14冠を受賞し、美的やVoCEなどで連載を持つ美容家の石井美保さんも「シワケアの救世主」と絶賛しているシワ改善美容液。

2位のビーグレン Qusomeリフトは、薬学博士が開発したサイエンスコスメです。日本臨床試験協会の調べで、小顔効果とたるみ改善効果が発見されたビーグレンのたるみケア。

老け顔の要因となるほうれい線はシワだと思われがちですが、実はシワではなく、たるみが原因に。そのためシワに働きかけるだけでなく、たるみに働きかけることがケアにとって重要。

3位のリンクルショット メディカル セラム Nは、ベストコスメ85冠を達成し、すでに148万人が体感していて、モンスター級の人気を誇るPOLAのシワ改善クリーム。

2021年にはなんと、シワ改善薬用化粧品市場における年間ブランド別売上金額シェアにおいて、27.5%の構成比を占め、業界No.1シェアを獲得しています!ランキングの中から、自分に合ったスキンケアアイテムを使ってくださいね!

詳しくはランキング記事をチェック!

【最新】シワ改善クリームおすすめランキング!シワ改善有効成分を配合した人気美容液を徹底比較
【最新】シワ改善クリームおすすめランキング!シワ改善有効成分を配合した人気美容液を徹底比較

ほうれい線の原因と予防・改善方法を知り、美肌を手に入れよう!

#####

ほうれい線は年齢を重ねることが主な原因ですが、喫煙や紫外線などの生活習慣も影響します。さらに、ストレスや栄養不足もほうれい線の原因に。

日常生活での対策として、紫外線対策や禁煙、ストレスの軽減、栄養バランスの良い食事、顔のマッサージなどを試してくださいね!若々しい肌を手に入れ自信をつけましょう!