無添加化粧水って肌に良いの?選ぶポイントや注意点を解説

肌が荒れやすいから、やさしい化粧水を使いたい

季節の変わり目は、肌が敏感になる

自分の肌に合わない化粧水が多い場合は、ある特定の成分に敏感になってしまっているかもしれません。また、いつもの化粧水が季節の変わり目などだけ合わなくなる場合もあるでしょう。

そのような人は、防腐剤やエタノールなどの添加物が入っていない無添加化粧水を使うと良いかもしれません!

本来、添加物は化粧品のテクスチャーを良くしたり雑菌の繁殖を抑えたりするために重要な成分です。しかし、添加物の中には肌へ刺激を与えやすい成分もあります。

もともと何かの成分で荒れてしまう肌質であったり、乾燥による肌荒れなどにより普段使っている化粧品で肌がヒリついてしまったりする場合は、肌への刺激が少ないと言われる無添加化粧水を試してみましょう。

無添加化粧水を選ぶときは、無添加化粧品についてのポイントを知っておくことが大切です。

どの成分が無添加なのか確認しよう
無添加化粧品というと「添加物が何も入っていない化粧品」をイメージするかもしれませんが、必ずしも添加物を一切入れていないというわけではありません。きちんとパッケージの表示を読んで何が入っていないのかを確認する必要があります。
ナチュラルコスメやオーガニックコスメとの違いを理解しておこう
成分の全てまたはほとんど植物由来である化粧品をナチュラルコスメ(自然派化粧品)、さらに有機栽培された原料を使っている化粧品をオーガニックコスメと呼びます。これらは必ずしも無添加というわけではなく、植物由来のエタノールなどが入っていることもあります。また、植物由来の成分にアレルギー反応を起こす場合もあるため注意が必要です。
無添加でも肌に合わない場合がある!
「添加物が入っていないから絶対安心」というわけではない点には注意しましょう。有効成分そのものが自分の肌に合わない・有効成分が高濃度入っているため刺激を感じる・どんな成分でもしみてしまうくらい肌が敏感になっているような場合では、無添加化粧水でも肌トラブルが起こることも。どの成分で肌荒れしているかわからない場合は、皮膚科で相談することも考えましょう。

今回は、人気の無添加化粧水を徹底調査しました!乾燥肌や敏感肌の人向けに作られた低刺激処方のものが多いので、上記のポイントも踏まえてチェックしてみてくださいね。

編集部Voice
お安く試せるトライアルセット小容量タイプを販売している無添加化粧水もありますよ。まずは自分の肌に合うか確認してみるのがおすすめです!