保湿をすることでみるみる改善?美肌に一直線な化粧水を選ぶにはどうしたら良い?

上手な保湿化粧水の選び方

スキンケアの基本は、肌に充分保湿をしてあげることです。キメ細かい、ツヤのある肌はあこがれですよね。でも現実は、洗顔後に化粧水をつけてしばらくすると肌がつっぱったリ、カサカサしたり……。ピリピリと痛みが出る場合もあります。その根本にある原因は、肌がもっとうるおいを欲している、もしくは自分の肌質に合っていないものを使っているせいかもしれません。

こちらでは化粧水の中でも特に「保湿」にこだわったアイテムをご紹介しながら、上手な選び方についても触れていきます。自分に合うものを選べば、毛穴、シミ、シワといった悩みが改善するばかりか、吸い付くような美肌を手に入れることができますよ!

お肌の悩みに沿った化粧水選びのポイント!乾燥、毛穴、シミなどにはコレ

乾燥、毛穴、シミ、お肌の悩みに沿った化粧水選びのポイント!

編集部Voice
化粧水をつけるだけでは、肌はうるおい不足です。最初から衝撃的ですが、化粧水、だけあって成分のほとんどは水。水は蒸発するもので、長い間肌の中にとどめておくことはできません。しかし最近の化粧水は、セラミド、ヒアルロン酸、グリセリンといった保湿成分がたっぷりと含まれるものがたくさん出ています。まさに美容液並、と呼ばれるものも!そんな保湿化粧水を使用した後、美容液、クリームといったケアをすることでよりうるおいのある肌が持続できるようになります。おまけに保湿成分の中には、さまざまな肌トラブルを解消してくれるものも。保湿プラス、お肌の悩みを改善してくれる化粧水にはどういった種類があるのかを見てみましょう。

乾燥肌で困ってる……。カサカサ、粉をふくタイプはセラミド入り

乾燥肌で困ってる……。カサカサ、粉をふくタイプはセラミド入り

乾燥しがちな肌に合う化粧水は、

  • うるおいを角質層、肌表面にとどめ、ある程度フタをする
  • 水分保持機能であるセラミドがプラスできる

というはたらきがあるもの。

乾燥肌は、湿度の低下、紫外線、ゴシゴシこするような洗顔、他さまざまな要因で起こります。生まれつき乾燥しやすいというケースも。やっかいなのは一度肌が乾燥すると、ますます乾燥が加速してしまうことです。

肌は水分の蒸発をふせごうとターンオーバーを急がせ、結果、正常な角質細胞ができにくくなります。すると肌表面は硬く、角質が厚く積もったまま。ひびわれた隙間からますます水分が抜けていってしまうそう。

それをふせぐためにも、肌本来が持つセラミドを増やし、定着させてあげるような化粧水を使うのが良いでしょう。例えば、

米肌(MAIHADA) 肌潤化粧水などは、ライスパワー®︎No.11という成分が肌のセラミドを増やしてくれます。

使った翌朝から肌がツルツル、スベスベで、小鼻と頬の毛穴が消失しました。今まで小さくなったことはあっても消えたことはなかったのに!テクスチャーはサラッとしたローションですが、きちんと保湿もしてくれます。
@cosme

ライスパワー®︎No.11はお米由来の発酵成分で、自然のものが原料になっているのがうれしいところ。細胞間脂質であるセラミドが増えると、

    • 肌の中で水分をぎゅっとつかまえる力がアップ
    • 肌にある天然保湿因子、NMFの流出もふせぐ

と、肌本来の機能が取り戻せます。
また、ファンケルのMOIST REFINEもセラミドのはたらきを高め、モイストチャージコラーゲンの膜で表面にうるおいを残す化粧水です。肌がふっくらとして毛穴も小さくなる!と口コミでも大好評です。

(参考商品:米肌肌潤化粧水 5,400円(税込)/120mL

ː MOIST REFINE 1,512円(税込))

シミを薄くしたい!保湿と美白成分がたっぷり浸透するアイテムを選ぶ

保湿と美白成分がたっぷり浸透する保湿化粧水

気づくと黒い点のように、または茶色い斑点のように現れるシミ。シミが薄くなるのに有効な成分、というとビタミンC誘導体ですが、他にも美白成分が含まれる化粧水はあります。例えば、ベストセラーが続いている日本酒の化粧水・高保湿。保湿成分であるアミノ酸の他、アルブチン、プラセンタといった成分が配合されています。

  • アルブチン……コケモモなどから採れる植物由来の成分。メラニン色素の合成を防ぐ
  • プラセンタ……動物から摂れる胎盤のエキス。肌細胞の代謝をうながし、メラニンを排出

これら強力な美白成分が、セラミドと一緒に入っています。保湿をしながら美白、という理想的な使い方ができそうですね。

 

 
 
 
 
 
この投稿をInstagramで見る
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 

 

💕Rina💕さん(@rina912rina)がシェアした投稿 -

同じく、プラセンタが含まれている保湿化粧水にアドライズ アクティブローションがあります。アナウンサー、レポーターの経験もあるインスタグラマー、Rinaさんの画像を見ても、白くすべすべの肌でおすすめ度が分かりますね。
このアクティブローションには体内にもある保湿成分、ヘパリン類似物質他、セラミドをナノ化といって肌に浸透しやすいように小さく加工されたものも追加。表面はさらっと仕上がるのに、もちもちする感覚が良い!とリピーターも多いようです。

シンプルなパッケージとは裏腹に保湿ケアも美白ケアもできる点が素晴らしいと思いました!クリームで整えた後のお肌に吸い付くもっちり感が好きです。(公式サイト30代・女性)

(参考商品:菊正宗 日本酒の化粧水 高保湿 907円(税込)/500mL

:アドライズ アクティブローション  医薬部外品7,300円(税抜))

脂性肌でも保湿は大事。ニキビケアもできる化粧水がベスト

脂性肌でも保湿は大事。ニキビケアもできる化粧水

皮脂が多くテカりやすい脂性肌は、保湿をすることで良くなっていくことが多いです。もうすでに表面に膜が張られているようなのに、さらにつけるのは不快……と思ってしまいますが、ここで保湿をおこたるとますます皮脂の分泌が増えやすくなります。皮脂は天然の保湿クリーム。そのため、肌が乾燥を始めるとせっせと皮脂を出してカバーしようとする、いわゆるインナードライ肌になりやすくなるのです。

その結果、毛穴に詰まってニキビができたり、毛穴自体が開いてキメの粗さが目立つという悩みも生まれがちに。これを解消するには、やはりセラミドが配合された化粧水を選びましょう。肌に水分量を適切に保つことで、余分な皮脂を出さないようにするのが目的です。

おすすめは、アヤナス ローション コンセントレート。外からの刺激に弱くなっている敏感肌に、セラミドナノスフィアが溶け込んでカバーします。通常のセラミドよりも浸透力がアップしているので、ベタつきも気にならず肌の奥の水分量も上がりそうですね。あらゆるコスメランキングでも上位に入る、お墨付きの商品です。


また、ニキビの元に直接アプローチできるような成分が入っている化粧水もおすすめです。例えばレシピスト・しっかりうるおう化粧水は、アンズ、イザヨイバラといった天然の成分がニキビトラブルの元にやさしく作用してくれます。

(レシピスト しっかりうるおう化粧水)
ずっと使っていた無印敏感肌高保湿が急に合わなくなり、顔が吹き出物とくすみだらけに。試しにこちらを使ってみたらスッキリ治りました。とろみのある化粧水です。真冬はこれだけでは厳しいですが、充分うるおいます。@cosme 30代・女性

フェイスラインにできる大人ニキビも、乾燥から角質が厚くなり、皮脂がたまるというサイクルから生まれやすいもの。そういった症状にも、セラミドをさらにおぎなうような、またはニキビの元に作用するような成分入りの化粧水は有効です。

(参考商品:アヤナス(ディセンシア) ローション コンセントレート 5,400円(税込)/125mL

:レシピスト しっかりうるおう化粧水590円(税込)

編集部コメント
脂っぽい肌に、さらに保湿するのはやっぱりちょっと抵抗がある!という場合。大丈夫です、オイリー肌には「少しずつ肌を整えていく」というテクが有効です。 まず洗顔は力を入れずに表面の皮脂を取るように、やさしく泡で落とすようにしましょう。保湿剤が入った洗顔料もありますが、余分な皮脂まで残る可能性があるので、すっきり洗い上げるせっけんのようなシンプルなものを使うのがおすすめです。洗顔後、タオルで軽く押さえた後は、乾燥し始める前に、保湿するのがコツ。その前に、皮脂を抑えるビタミンCが入ったブースター化粧水を使うのも良いと思います。くれぐれも日中に油取り紙を使いすぎたり、夜にパックで一気に皮脂を取るといったことは肌に刺激を与えてしまうので控えましょう。

肌の老化をストップ。保湿とハリを同時に保ち、エイジング化粧水にも

保湿化粧水でとハリを保ち、アンチエイジング

シワが深くなったり、たるみなども気になる年齢肌にも、保湿化粧水は欠かせません。人の肌は、加齢によって真皮にあるコラーゲンが弾力を失い、シワができやすくなります。角質層にあるセラミドも数が減ってしまうので、水分が抜ける=ハリも弱くなってしまうのは致し方ない部分も。しかし乾燥によってできるシワもあり、こちらはでき始めであれば保湿することでリカバーは充分可能です。

例えばヒフミドエッセンスローションは、吸収させるセラミドの質にこだわった商品。セラミドの種類のなかでも、こちらはヒト型セラミド(セラミドⅡ型)を使っているので肌なじみは抜群です。他、Ⅰ型、Ⅲ型もプラス。このシンプルさが乾燥に負けない、ピンとした肌を効率良く作り上げます。実際に30代以降、お肌のハリを気にし始めた女性たちに特に人気の商品。

 

 
 
 
 
 
この投稿をInstagramで見る
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 

 

Chihogi Sumitomo コスメコンシェルジュさん(@gigi_chiho)がシェアした投稿 -

(ヒフミドエッセンスローション)
すごくしっとりとしていて、さわるとモチモチ吸い付くような感触です。使う度に肌がどんどんうるおうのを感じます。公式サイト 30代・女性

また、POLAから出ているB.A ローションのように、特に肌の内側からのハリ感に効果があるようつくられている化粧水もあります。オリジナルの保湿成分も凝っていて、 ゴールデンLPという繭から抽出するエキス、レンゲソウやヨモギからも高濃度で保湿成分を取り入れています。これらをモイストボリュームと呼ばれる浸透力が高い分子にまで仕上げているので、つけた後はプルッと肌が持ち上がるように感じるとか。少しお値段は張りますが、スペシャルケアでも使いたい化粧水です。

(参考商品:ヒフミドエッセンスローション 3.240円(税込)
B.A ローション 60ml・120ml/11,880円・21,600円(税込))

使用感は大事!さっぱり派orしっとり派の保湿化粧水の選び方

さっぱり派orしっとり派の保湿化粧水の選び方

スキンケア用品は「さっぱり」あるいは「しっとり」タイプとよく分けて売られています。自分の肌タイプに合わせれば良いのか、またはさっぱり、あるいはしっとりさせたい効果として選べば良いのか、悩むポイントのひとつではないでしょうか。それは早い話、厳密にはどちらを選んでもOKなのです。

しっとりタイプ

  • テクスチャがとろっとしている
  • 肌の上にとどまるように潤う
  • 仕上がりはもちっと感じられる

さっぱりタイプ

  • テクスチャは水のようにさらっとしている
  • スーッと清涼感を感じるものもある
  • すぐに吸収されて、手に再びつかない

といった大まかな分け方ができますが、成分によっては保湿力に差はありません。
例えばセラミド原液が多く配合されている化粧水などは、多くつけたとしても次第に肌の内側からモチモチしてくるのを感じられるでしょう。これはセラミドが角質層で水分をためこんでいるからで、外側に膜を張る、という感覚はあまり感じられません。
ここに例えば、グリセリン、ヒアルロン酸、コラーゲンといったプラスの保湿成分が加わることで、テクスチャも重くなっていきます。対してさっぱりタイプにはアルコールなどが配合されて殺菌効果も得られますが、敏感肌に刺激が強い場合もあり注意が必要です。

編集部コメント
選び方としては、さっぱり、しっとりというよりも入っている保湿成分に注目しましょう。肌を充分に保湿できることが最重要なため、同じメーカーでもテクスチャの違ったものをそれぞれ試して肌触りが良く、うるおいが感じられるほうを選んでも良いと思います。また化粧水の次に使う美容液、クリーム、ファンデーションとの一連の相性を見てみるのもポイントです。メイク後に余分な皮脂がなく、キメが長時間整う、というのが正解です。

毎日使うからコスパも重視。プチプラから高価格、どちらを買うと良い?

プチプラから高価格、保湿化粧水はどちらを買うと良い?

朝、夜、または肌の乾燥を感じた時、と化粧水は毎日使うものです。ならば、安い化粧水を使うほうがお財布にやさしいですよね。でもCMで流れている高価な商品に目がいってしまうといった葛藤はよくあるもの。

実は、基本的には化粧水などのスキンケア用品は使われている成分=商品の価格とはいえないものがほとんど。コスパは、効果とあまり関係がないのです。ただしプチプラ、ハイエンドどちらにも良い点、悪い点があるので検討する価値はあります!

お手頃な保湿化粧水。ネットやドラッグストアでも即買いできる

ドラッグストアで買える保湿化粧水

例えば1000円前後の化粧水と聞くと、安い!と思う人が多いのではないでしょうか。そういったプチプラの保湿化粧水は、ネットのモールや近所のドラッグストアでも購入できて便利です。10代~学生さんなども手に取りやすく、商品によってはSNSなどで一大ブームを起こしやすいともいえます。

プチプラ~ミドルプライス化粧水の良い点

  • 気兼ねなく量をたくさん使える

  • まとめ買いができる、すぐに手元に補充できる
  • マイボトルに入れるなど小分けにできる
  • 口コミの数も多く、スキンケアの参考例も多い


プチプラ~ミドルプライス化粧水の悪い点

  • 成分量をきちんと明記されていないものもある
  • 使用感がやや軽く、うるおいが感じられないというものも多い
  • お客様相談室といったアフターフォロー先がない場合もある

 

こうしてみると、少し頼りないような印象がありますが、昔からあるプチプラの化粧水が一番肌に合っている!という発見がよくあることも事実。手当たりしだいに試すのは少し難がありそうですが、話題のものはすぐに購入してテストできる気軽さも魅力ですね。

ネット限定やデパートコスメで買える化粧水。ハイエンドの成分は濃厚?

ネット限定やデパートコスメで買える化粧水

ハイエンドな化粧品とはこの場合、5,000~1万円を超えて購入できる商品のことを指します。コスパが高い、いわゆるデパコスで見るような化粧水は、効果がある=価格、がイコールではないとするとなぜ高い?という疑問が生まれそうですね。化粧品のベースになっている成分は、プチプラのものとほぼ同じ。それでもやっぱり、肌がうるおうような気がする!キメがそろってきたと思う感覚は間違いではありません。


ハイエンド保湿化粧水の良い点

  • 保湿成分などがより多種類で配合されているものがある
  • コスメカウンターでプロの手で見極められたうえで購入できる
  • ネットで購入する場合、お試し、テスターがある場合が多い
  • 研究の成果としてオリジナル成分が加えられている
  • パッケージデザインなどもブランドのこだわりが見える

ハイエンド保湿化粧水の悪い点

  • 価格が高いため、普段使いをするには金銭面での負担が大きい
  • 充分な量を使わず、効果が見えづらいといったケースもある
  • 浸透力を高めるために、刺激になる成分が多い商品もある

高価格な化粧品やスキンケア用品は、往々にしてCMなどの広告料やデパート等の出店コストなどにもお金がかかっています。成分に関しても、オーガニックやミネラルといったこだわりが見られるものもあり、それ以前にパッケージごとスペシャル感が演出されているといってもおかしくないでしょう。そんな、化粧品のブランド力やイメージなどはやはり使用する側の気持ちの面に作用します。

毎日のお手入れ時の気持ちの高揚が、美肌効果につながる可能性もゼロではありません。また効果のキープ力でいえば、リップやアイシャドウなどのメイク用品では実際にプチプラよりも「持ち」の良さが見られます。

今、SNSや口コミで人気の保湿化粧水は何?生の声も合わせてご紹介

今、SNSや口コミで人気の保湿化粧水は何?

使いやすい!または効果を感じやすい!といった、皆から指示されている化粧水は何か知りたいですよね。こちらでは、SNS他、ネットモールなどで口コミで多いもの、好評な商品をご紹介していきます。

今、みんなが使っている化粧水はコレ!低~高価格まで、売れている実態を調査!

まずは、ナチュリエのスキンコンディショナー(ハトムギ化粧水)。スーパー、薬局などでも販売されているこの商品は、2015年の4月~2019年まで実にドラッグストアでの売り上げ1位を記録しています。

私は敏感+乾燥+ニキビ肌のため、低刺激のいろいろなものを試してきましたが、今のところこの化粧水が異常もなく、それどころか効果がとても実感できました。プルっプルになります*ニキビもすっかりおさまりました^^
楽天市場 (20代・女性)

どの口コミサイトを見ても、まず星の多さに驚かされるこの商品。天然のハトムギエキスで保湿しつつ、肌のくすみも取ってくれるという声も。炎症を抑えるグリチルリチン酸2kも含まれているので、ニキビや肌荒れにもオールマイティに効果があるそう。大容量でバシャバシャとつけられるのは保湿化粧水としては大きな魅力ですね。

続いてのオルビスユー ローションも無油分、無香料、無着色、アルコールフリー 、界面活性剤不使用ととことん肌に優しく作られており、たっぷり保湿できるのがうれしいところ。

 

 
 
 
 
 
この投稿をInstagramで見る
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 

 

comomoさん(@comomo0407)がシェアした投稿 -

普通の化粧水より、とろみがある感じです。とろみはあるけど、べっとりしない使い心地で、肌につけた後は、不思議とさっぱりした感じもありました。みずみずしさも長く続き乾燥も気になりませんでした。
@cosme (30代・女性)

皮膚科で保湿を重視した化粧水に変えるように言われ、こちらを買ってみました。ここまで評価が高い理由がすぐにわかりました。一切染みず(それだけでも凄い)のに、使用して三日ほどでインナードライも解消されてきて、翌朝いつも乾燥していた肌がもっちりに。乳液も別に要らないほどの保湿力で、今ではこれがなくてはならない自分史上最強のローションとなりました!必ずリピします! amazon

こちらは水でできたワセリン、とも言わせるプロパンジオール、PEG-75といった保湿成分がたっぷり。濃密ウォータージェリー製法で、すっと浸透した後まるで角質層の中を水がめぐるように肌がうるおうのが特徴です。つけた瞬間からもう、乾燥しらず、とインスタでも多数紹介されています。

最後は、有村架純さん、綾瀬はるかさんのCMでおなじみの、SK-IIのフェイシャル トリートメント エッセンスです。20代~エイジングケア世代まで幅広い層で人気のこの商品。独特の、ピテラという有効成分が美容液のように肌をしっとりとつややかに仕上げます。


ピテラの効果なのか、見た目&感触さらっとしているのに、肌におくと、濃厚な美容液みたい モッチリ浸透していく感じがいいです そのあとは、表面はツルツルなのに、感触はしっとりすべすべで ピテラの効果に驚かされるばかりです。公式サイト

使用は夜のみで、3か月使用しました。肌に透明感が!!!毛穴がボケたかのように目立たなくなり、自分の肌が好きになりました。シミも薄くなってきたと思います。@cosme(30代・女性)

こちらの商品の中身の90%を占めているのが、天然酵母が発酵する過程でつくられるピテラ、という物質。肌にある天然保湿因子NMF他、アミノ酸やビタミン類を肌の中で放出するのでなじみが良く、ふっくらハリのある肌が実現してしまうのです。実はこのピテラを生み出す処方は30年前から変化していないとか!CMでは有村架純さんの頬をさわり、そのうるおいに驚く渡辺直美さんの姿が印象的ですよね。

(参考商品:ナチュリエのスキンコンディショナー/ハトムギ化粧水 702円(税込)
:オルビスユー ローション/オルビス(ORBIS)180ml・2,700円)
:フェイシャル トリートメント エッセンス/75ml・8,500円 / 160ml・17,000円 / 230ml・22,000円)

肌うるみ度を格段にアップさせる、保湿化粧水選びのQ&A

肌うるみ度を格段にアップさせる、保湿化粧水選びのQ&A

洗顔後、すぐに化粧水をつけることで肌は乾燥から守られます。次に使う美容液をしみこみやすくする作用も。しかしもっと、化粧水だけで効果的に肌を保湿できるという種類はあるのでしょうか。

普通の化粧水より保湿化粧水と銘打っているほうが、やはりうるおうの?

普通の化粧水より保湿化粧水のほうがうるおう?

保湿成分が多く、より肌触りをしっとりさせるのが目的の化粧水、という目安にはなります。例えば肌にあるNMF(天然保湿因子)をつくるアミノ酸、セラミド、スクワラン、ヒアルロン酸といった基本の保湿成分の他、メーカー独自の保湿成分が加えられていることもあります。

ちなみに他にも化粧水には種類があって、本来の化粧水の水分をしみこみやすくする、導入化粧水というものもあります。またの名をブースターともいいますが、しっとり成分が多く入っている化粧水を即つけるよりも、より角質層にしみこみやすくなるように使うのが目的。また美白化粧水と最初から名前が出ているものは、ビタミンC誘導体、アルブチン、プラセンタといった美白成分が多く含まれています。

シートマスクを使えば、化粧水は必要ないのでは?

シートマスクを使えば、化粧水は必要ない

シートマスクをする前に化粧水をつけることをおすすめします。現在、販売されているシートマスクは水分が多いものからジェル状まで、さまざまなテクスチャのものがあります。乾燥をふせぐ、美白、エイジングケアなど成分も目的別に応じて配合されているものが異なったりと、選ぶのが少し大変な部分も。

それでもシートマスク自体は角質層にじっくりと美容成分をしみこませるいわば、美容液の役割が大きいところがあります。そのためまずは化粧水で肌を柔らかくしてから、シートマスクで美容成分を肌に送り込んであげるのが一番良い使い方です。しかしあまり長い時間放置すると、表面からだんだん乾いていき角質層の水分まで奪われるので注意しましょう。

保湿化粧水を選ぶうえで、気をつけたほうが良い配合成分はある?

保湿化粧水を選ぶうえで、気をつけたほうが良い配合成分

敏感肌、または乾燥が激しい状態の肌に使う場合は、注意した方が良いものはあります。ひとつはアルコール系の、エタノール、エチルアルコールといった成分。さっぱりタイプ、と呼ばれる化粧水、または収れん化粧水によく含まれています。スーッとした清涼感があり、肌を殺菌して毛穴を引き締める作用があるので、皮脂の拭き取り用化粧水として使用している人も多いはず。

ところがこのアルコールがもともと肌の上で敏感に反応してしまう人もいます。(注射の時にアルコール綿でふいて、赤くなってしまうなど)また、ターンオーバーが乱れて刺激を受けやすい肌につけるとピリピリ、とした痛みなどが出る場合があるのでノンアルコールタイプを使うなど一時的に調整することをおすすめします。また天然成分由来のオーガニック系の化粧水も、使われている植物エキスなどにごくまれですがアレルギーが出ることがあります。念のために二の腕にしばらく塗って様子をみるなどパッチテストをしても良いと思います。

化粧水の選び方次第で、メイクのノリが変わる!保湿力を高めるアイテムは必須

化粧水の選び方次第で、メイクのノリが変わる!

つけないよりは、いいのかな?と、その役割がよく分からないまま、なんとなく化粧水を使ってしまうことはあると思います。しかし今回の調査で、保湿化粧水を上手に選ぶことでより

  • セラミド、アミノ酸、ヒアルロン酸など肌の保湿成分を増やす
  • うるおうことで肌細胞の代謝を上げて、ターンオーバーを助ける
  • 肌の奥の保湿力が上がることで、シミ、くすみ、シワを薄くする

といった、キレイの土台づくりの大きな助けになることが分かりました。ベタベタせず、突っ張らない、カサカサしにくくなった!と自分の肌にマッチした保湿化粧水を見つけて、日々のお手入れの定番に加えられたら、とても心強く、うれしいですよね。